【Exchange Onlineに関するお知らせ】 ヘッダー サイズの超過によって Exchange Online からのメール配信に失敗する場合がある


いつも Office 365 をご利用いただきありがとうございます。

Office 365 (Exchange Online) をご利用のお客様の一部にて、Office 365 組織外にメールを送信した際に以下のエラー コードによってメールの送信に失敗するとのお問い合わせをいただいております。

552 5.6.0 Headers too large (32768 max)

この事象は Exchange Online から送信されるメールのメッセージ ヘッダー サイズが受信側のサーバーや途中で経由する サーバー送信先で設定されているサイズ制限を超過することで発生することが確認されています。

Exchange Online では他のメール システムと同様にメッセージ ヘッダーにメッセージの経路そのもの、もしくはメッセージの経路上で行われた処理の内容を追加して送信しております。これにより問題が発生した場合のトラブルシュートが行いやすくなったり、メッセージ経路が意図した動作になっているかなどの確認が行いやすくなるなどの利点を生んでいます。

このメッセージ ヘッダーのサイズについてはインターネット上の相互互換性の基準として認識されております RFC (Request for Comments) では特に制限が設けられておりませんが、一般的にメール サーバーでは制限が設けられており、一部のメール サーバーでは 32 キロ バイトが制限値として設定されています。多くのお問い合わせでは 32 キロ バイトの制限が設けられた宛先への送信に失敗しています。

メールのルーティングやメッセージヘッダーサイズはそれぞれご利用の環境によっても異なりますが、メールに対するセキュリティ対策の強化やそれに伴うヘッダー情報の追加を考慮した場合、上述のエラーが発生した場合にはエラーを返しているサーバーにてヘッダーサイズ上限値について最適な設定値についてご検討頂くことをお勧めいたします。

本内容については、現時点で確認されている事象を参考にした、一般的な考慮事項としてご認識を頂ければと思います。
引き続きOffice 365  をどうぞよろしくお願いいたします。

Online Services Support Team_Microsoft

 

電子メールのメッセージ ヘッダーとは:

メールには、メールの本文など通常目にする情報とは別にメッセージ ヘッダーと呼ばれる情報があります。ヘッダーはメッセージの各種属性情報を記録する部分であり、一般的には、宛先、差出人、メッセージの用件、返信先、経由したサーバーなどが情報としてメールに付加されています。

 

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

※ 詳細はこちらのサポートサイトをご確認ください。

 

 


Skip to main content