Office 365 の 6 月の更新 — Microsoft Teams の学習エクスペリエンスなど


(この記事は 2017 年 6 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 New to Office 365 in June—classroom experiences in Microsoft Teams and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。

来週開催される International Society for Technology in Education (ISTE) カンファレンスで、マイクロソフトは未来を担う現代の生徒たちを支援する最新機能についてご紹介します。Office 365 の今月の更新では、Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスの提供拡大や、セキュリティ機能の強化など、さらなる取り組みがなされています。では詳しい内容を見ていきましょう。

Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスの提供拡大

Microsoft Teams の新しい学習エクスペリエンスが Office 365 Education ユーザーに向けてロールアウト (英語) されます。Teams は、生徒たちが安全で魅力的な環境で学べるように支援し、クラス独自のテーマ、ステッカー、絵文字と共に、テキスト、動画、音声などを通じて多様な会話を楽しむことができます。クラス名簿は学校の情報システムから自動的に作成されるため、教師は時間を有効活用できます。また、OneNote Class Notebook、Assignment、Office アプリが統合されているため、授業計画の作成、コンテンツの作成、フィードバックの提供などの各作業を簡単に切り替えて行うことができます。さらに、Teams は教職員が教室以外 (専門職の学習コミュニティなど) で互いにつながれるハブの役割を果たします。すべての操作は Office 365 Education の単一のエクスペリエンスから実行できます。

The classroom experiences in Microsoft Teams are being shown on a Windows desktop and iPhone. Specifically, the same World History project-based group conversations around an embedded Word document and Planner plan are being shown on both devices, in context with the rest of the class resources and student-led discussion.

Microsoft Teams の学習エクスペリエンスでは OneNote Class Notebook、Assignment、Office アプリがすべてのクラスに組み込まれているため、生徒は指先ひとつで操作することができます。

提供状況: Microsoft Teams の学習エクスペリエンスは、現在 181 の市場の Office 365 Education ユーザーに向けて、25 の言語で Windows デスクトップ、Mac、Windows Mobile、iOS、Android、Web 版のロールアウトが進められています。

Office 365 のセキュリティ機能、保護機能、コンプライアンス機能を更新

今月の Office 365 の更新には、大規模企業ユーザーに向けた企業内の機密情報の保護、リスク管理、脅威に対する最先端の保護が含まれています。

  • Windows Information Protection Windows デスクトップ用 Office に拡張 — Windows Information Protection (WIP) のサポート範囲が Office モバイル アプリ (英語) から Windows デスクトップ用 Office にまで拡大されました。WIP を使用すると、従業員は個人データの制御性を維持しながら不用意なデータ漏えいを防止することができます。作成したコンテンツをアプリで [work] と [personal] のいずれかに指定するだけで、IT 担当者はビジネス データを選択的に保護または削除できます。Windows Information Protection の詳細についてはこちらのブログ記事 (英語) を参照してください。

提供状況: Windows Information Protection は Windows デスクトップ用の Word、Excel、PowerPoint、Outlook でサポートされ、現時点では Windows 10 Enterprise E3 または E5 を利用している Office 365 商用ユーザーが使用できます。また、Windows タブレットおよび Windows Phone 用の Office モバイル アプリでもサポートされています。
  • Office 365 のセキュリティ機能とコンプライアンス機能を追加 — 今月は、脅威の管理と機密情報の保護を支援する機能の追加が発表されました (英語)。Office 365 Advanced Threat Protection (ATP) において、企業で検出およびブロックされた悪意のあるメールのレポート機能が強化されました。ATP の新機能である安全なリンク ポリシー構成により、特定の URL をブロックしたり、特定のユーザーに対するポリシーをカスタマイズしたりできます。Office 365 Advanced eDiscovery では、ビジネス ケース全体を管理するユーザー インターフェイスがさらに合理化されました。また、光学式文字認識により画像からテキストを抽出したり、従業員のコミュニケーションが社内ポリシーや規制当局のコンプライアンスに準拠しているかどうかを監督したりできます。さらに、Office 365 Advanced Security Management (ASM) 用の新しいセキュリティ情報/イベント管理 (SIEM) コネクタにより、既存の SIEM ソフトウェアで ASM のアラートの監視を一元化することができます。

The threat protection status report is being shown in the Office 365 security and compliance center, including reporting on malicious emails detected and blocked in your organization.

脅威保護レポートが強化され、悪意のあるメールを見つけやすくなりました。

提供状況: Office 365 Advanced Threat Protection、Advanced Data Governance、Advanced eDiscovery、Advanced Security Management の更新機能は、Office 365 E5 および Secure Productive Enterprise E5 で使用できます。

Office 365 商用ユーザーに向けた追加機能

今月の更新には、従業員がアンケートでフィードバックを収集する機能や、社内での動画の共有や管理を行う機能など、商用ユーザーに向けた機能も追加されています。

A customer satisfaction survey is being shown being created and shared with Microsoft Forms. First, questions are added with response options. Then a theme is chosen before she Share pane is selected, showing all the options for sharing the survey.

Microsoft Forms を使用すると、軽量な Web ツールでアンケートやテスト、投票などを作成できます。

提供状況: Microsoft Forms はパブリック プレビューとして Office 365 の商用プランの先行リリース ユーザーへのロールアウトが進められています。
  • Microsoft Stream の一般提供を開始Microsoft Stream は商用ユーザー向けのインテリジェントな動画サービスで、単一のエクスペリエンスから動画を簡単かつ安全にアップロード、共有、管理、視聴できます。音声テキスト変換による文字起こし、顔検出、インテリジェントな検索などの機能が備わっており、動画をより効率的に活用できます。IT 担当者は、企業のニーズに合わせて Microsoft Stream の管理機能やセキュリティ機能をカスタマイズできます。Microsoft Stream の使用を開始する場合はこちらのページにアクセスしてください。

Intelligence features in Microsoft Stream are being shown. A video is shown playing, and the faces detected in the video are shown below the video. Text is showing alongside the video representing what is being said on the video.

Microsoft Stream では、顔検出や音声テキスト変換などの機能を使用して生産性を向上させることができます。

提供状況: Microsoft Stream は、181 の市場で Office 365 Enterprise または Office 365 Education を使用している商用ユーザーに向けて 44 の言語で提供されます。

Office 365 のインテリジェント サービスを強化

今月の更新では、Office 365 のアプリおよびサービスで提供されるクラウド ベースのインテリジェンス サービスに、時間を節約し、高い成果を挙げ、同僚と業務習慣を共有する機能が追加されました。

  • より多くのアプリから信頼できるソースやコンテンツを検索リサーチ ツール (英語) の提供範囲が Windows デスクトップ用 Word から Mac 用 Word、Windows 10 用 OneNote にまで拡大されました。リサーチ ツールを使用すると、概要のメモや論文で使用する信頼できるソースやコンテンツを検索して組み込む作業を、従来よりも手間をかけずに行うことができます。リサーチ ツールでは、Bing ナレッジ グラフを使用してトピックに関連する資料を検索し、アプリからそのまま 1 クリックで追加することができます。リサーチ ツールの詳細についてはこちらのドキュメントを参照してください。

Researcher is being shown in OneNote for Windows 10 alongside an outline being crafted on economic trade theory. The Researcher pane is opened, the term “global economy” is typed into the search box, and results for related material are sifted through. A specific article is selected, a piece of text is highlighted and copied with a single click into the OneNote outline.

リサーチ ツールでは、信頼できるソースやコンテンツをアプリから直接検索して組み込むことができます。

提供状況: リサーチ ツールは Windows 10 用 OneNote からすべての Office 365 ユーザーが使用できます。Windows デスクトップ用 Word では既に提供されていて、今回 Office Insider 先行リリースの Mac 用 Word でも使用できるようになりました。
  • MyAnalytics で業務習慣を共有 — MyAnalytics でユーザー個人の業務習慣に関する情報を他のユーザーと共有できるようになりました。これにより、生産性を向上させる習慣について、同僚と会話を交わす機会が増え、会議やメール、残業の新しい基準の策定を促進します。MyAnalytics の情報は、既定では非公開に設定されており、共有設定を行わない限り公開されません。詳細についてはこちらのブログ記事 (英語) を参照してください。

Sharing in MyAnalytics is being shown. The desired statistics are being selected, and then a recipient is chosen for sharing and a message is written to go along with the insights sent.

今回、MyAnalytics の個人の業務習慣に関する情報を他のユーザーと共有できるようになりました。

提供状況: MyAnalytics での共有機能は、MyAnalytics を使用しているすべての Office 365 商用ユーザーが使用できます。
Office 365 ユーザーに向けた今月の更新の詳細については、Windows デスクトップ用 OfficeMac 用 OfficeWindows Mobile 用 OfficeiPhone および iPad 用 OfficeAndroid 用 Office の各ドキュメントを参照してください。Office 365 Home または Personal のユーザーの方は、Office Insider にサインインして最新の高機能な Office 生産性ツールを使用してください。また、Current Channel および Deferred Channel の商用ユーザーの方は、完全にサポートされたビルドを先行リリースから早期利用できます。今回発表された機能を入手できる時期については、こちらのサイトを参照してください。

—Kirk Koenigsbauer

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content