Microsoft Stream を全世界に向けてリリース — インテリジェントな新機能により動画の新たな可能性が広がる


(この記事は 2017 6 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft Stream now available worldwide—new intelligent features take enterprise video to new heights の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、Office 365 プロダクト マーケティング担当ゼネラル マネージャーを務める Seth Patton の記事をご紹介します。

一般ユーザーにとっても企業にとっても、動画というメディアの重要性はますます高まっています。業務利用における動画は、情報共有、従業員の教育やトレーニング、エンゲージメントの促進、文化の構築などの重要な役割を果たしています。

昨年、インテリジェントな企業向け動画サービスである Microsoft Stream のプレビューがリリースされました。このサービスでは、あらゆる企業内のユーザーが動画を安全にアップロード、共有、管理、視聴できます。このたび Microsoft Stream の一般提供が開始され、スタンドアロン サービスとして、181 の市場の Office 365 Enterprise ユーザーの皆様に 44 の言語でご利用いただけるようになります。また、生産性を新しいレベルへと引き上げ、ユーザー エンゲージメントを促進するインテリジェントな新機能も導入されます。

1 か所で動画を管理 — 無制限にカスタマイズできるエクスペリエンス

Microsoft Stream では、Office 365 全体との緊密な統合により、組み込みのインテリジェンス機能、あらゆる規模の企業で必要とされる IT 管理機能やセキュリティ機能によって 1 か所で動画を管理できます。これにより、各ユーザーが動画をアップロードしたり、社内のすべての動画から必要なものを検索したりできます。また、企業内で Office 365 スイート全体の動画サービスとして利用できるため、SharePoint、Microsoft Teams、Yammer などの Office 365 アプリケーション内で動画をシームレスに共有できます。さらに、Microsoft Stream は Office 365 グループとも統合されているため、各グループで専用のチャンネルを所有し、チーム全体で容易にコンテンツを管理できます。

Microsoft Stream では、以下のようなインテリジェントな機能を使用できます。

  • 音声テキスト変換 — 音声が書き起こされ、検索可能なテキストに変換されます。内容に関するキーワードを入力するだけで、該当する音声が含まれている動画内の任意の場所に移動できます。
  • 顔検出 — それぞれの人物が動画のどこに表示されているか確認できます。表示されている場所は、クリック可能なタイムラインで示されます。
  • リンク付きのタイム コード — 書き起こされたテキストや目次にリンクされているタイム コードがコメント セクションに表示され、ここから動画内の特定の場所に移動できます。

A laptop displays Microsoft Stream and its newest features.

いつでもどこからでも安全に動画に接続

Microsoft Stream には業界最先端の暗号化機能と動画へのアクセスの認証機能が組み込まれていて、コンテンツの共有を特定のユーザーのみに制限することができます。既存の組織 ID (Azure Active Directory および Office 365 グループ) を使用する直観的なセキュリティ機能を備えているため、セキュリティ管理が容易です。また、管理者が独自のガイドラインを追加したり、動画をアップロードする前に従業員に使用条件の確認を求めるオプションを追加したりできます。視聴するデバイスや画面サイズ、視聴する場所 (自宅や職場など) にかかわらず、シームレスで安全な視聴エクスペリエンスが提供されます。さらに、字幕やスクリーン リーダー、キーボード ナビゲーション、ハイ コントラストなどのアクセシビリティ機能も充実しています。

動画サービスのイメージを刷新

Office 365 ビデオで得られた経験を基に、Microsoft Stream にはインテリジェントな機能が追加され、Office 365 との統合もさらに進められています。Office 365 ビデオから Microsoft Stream への移行の詳細については、こちらの Web サイト (英語) を参照してください。

Microsoft Stream の使用を開始

既に Office 365 をご利用のお客様は、Office アプリ起動ツールから Microsoft Stream を起動するか、Microsoft Stream の Web サイトからサインインしてください。Office 365 をご利用でないお客様は、Microsoft Stream のスタンドアロン サービスか Office 365 の無料試用版をご利用ください。

Microsoft Stream の詳細をご希望の方は、2017 年 6 月 29 日午前 9 時 (太平洋夏時間)/6 月 30 日午前 1 時 (日本時間) に開催される Microsoft Tech Community (英語) の Ask Us Anything セッションにご参加ください。

—Seth Patton

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content