チームコラボレーションの改革を推進する、 3社の Microsoft Teams 活用事例を公開


組織内外のコラボレーションを活性化させ、チームワークによる働き方改革を推進する、Office 365Microsoft Teams。昨年112日にプレビュー版が提供され、全世界で5万社以上の企業のお客様が利用を開始しました。そして本年315日に提供開始となり、利用企業のお客様が続々と増えています。日本マイクロソフトの社内でも、働き方改革における社員の主体的な「共同作業の改革」として活用しています。

本日は、チームコラボレーションの改革を推進いただいている、Microsoft Teamsの活用事例を3つご紹介させていただきます。昨年の11月のプレビュー版の提供開始から、ご活用いただいている株式会社ミマキエンジニアリング様、株式会社Phone Appli様、日本ビジネスシステムズ株式会社様です。

 

◆株式会社ミマキエンジニアリング様  ~ メーカーにおけるシステムインフラ管理 ~

株式会社ミマキエンジニアリング様 (http://japan.mimaki.com/) は、様々な業務ニーズに併せ、業務用インクジェットプリンタ、カッティングプロッタ、インク等の開発・製造・販売・保守サービスを一貫して行う開発型企業です。製品メーカーである同社では、難易度の高い一つのプロジェクトを遂行するために、国内外の関係者と共にチームで共同作業を進める必要があります。その中でこの「Microsoft Teams」を、業務連絡や重要事項のリアルタイムな連携など、重要なコミュニケーションツールとして活用していただいています。

 

◆株式会社Phone Appli  ~ 新規事業開発における活用 ~

株式会社Phone Appli (http://phoneappli.net/)は、クラウド電話帳サービスなど、特色のあるアプリケーション企画から開発、販売まで行う、アプリケーション開発企業です。お客様である企業の多様なニーズに対応するため、各メンバーは日々フットワークを高め、スピード感を持って業務に対応する必要があります。その様な状況において、同じプロジェクトを遂行するメンバーが常に物理的に同じ場所に居る事はありません。「Microsoft Teams」は、物理的に離れたメンバーの間でも、バーチャルに会議を開く事ができるという点が非常に優れているとご評価いただいています。

 

◆日本ビジネスシステムズ株式会社様  ~ 部門横断プロジェクトにおける活用 ~

日本ビジネスシステムズ株式会社様 (https://www.jbs.co.jp/) は、企業の経営課題を解決するITソリューションを提案・実現する、独立系システムインテグレーターです。様々なITベンダーと取引のある同社では、社内で利用する業務システムを実装する上で、あらゆるステークホルダーと連携しながら、プロジェクトを遂行する必要があります。プロジェクトを進めていく上での一つの課題は“ファイル共有ですが、“成果物を共有し、メンバー間で共同作業を行う際も、更新したファイルがどこにあるのか分からない、などの問題が頻繁に発生して、同じような資料を何度も作る様な事が課題でした。「Microsoft Teams」を導入後は、その様な悩みが解決されたとご評価いただいています。

 

Microsoft Teams」活用事例動画

3つの活用事例は、お客様のメッセージとして動画でご紹介しています。

 

※動画では3つの活用事例に加えて、日本マイクロソフト社内での活用事例もメッセージとして紹介しています。

 

http://aka.ms/teamscasejp

 

Microsoft Teams は、Office 365 の法人向け全てのプランが対象で、Enterpriseプラン(E1E3E5)及び Businessプラン(Essentials, Premium)をご利用中のお客様に無償で提供されています。

より一層活用しやすく、またチームの働き方改革を推進すべく進化を遂げるMicrosoft Teamsの今後にご期待ください。

 

 

Microsoft Teams」とは?

Microsoft Teamsは、現代の様々なチームが最大限に力を発揮できるように開発された、Office 365の新しいチャットベースのアプリケーションです。WordExcelはもちろん、SharePointOneDrive for Businessのファイル共有スペースや、PowerBIの様な分析ツール、プロジェクト管理に用いるPlannerなど、Office 365の様々なアプリケーションと密接に連携し、その行間をチャットが埋めていきます。チームに属する新旧のメンバーは、いつでもそのMicrosoft Teamsの中のチームにアクセスしてやり取りを確認する事で、チームの最新状況を把握したり、共同作業を行ったりする事ができ、まさにチームワークを実現するハブとして機能します。Microsoft Teams内のチームは、様々なチームが仕事を進めやすいように、アプリケーションの追加や、外部アプリケーションとの接続などカスタマイズを簡単に行う事ができます。また、組織が安心して使う事ができる様セキュリティにも優れ、IT管理者の悩みの種であるフリーツールの業務利用、シャドウITの問題も解決します。

 

参考情報:

Microsoft Teamsをご利用頂けるOffice 365

https://products.office.com/ja-jp/business/office

 

Microsoft Teams製品サイト

https://products.office.com/ja-jp/microsoft-teams/group-chat-software

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content