SharePoint と OneDrive の新機能がデジタル トランスフォーメーションを加速


(この記事は 2017 年 5 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 New SharePoint and OneDrive capabilities accelerate your digital transformation の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

このたび開催された SharePoint Virtual Summit (英語) では、コンテンツの共同作業を変革し新世代のモバイル機能やインテリジェントなイントラネットの先駆けとなる最新のイノベーションが発表されました。この取り組みは、昨年発表されたビジョンに基づいて進められてきたものです。

お客様の成功事例からは多くのことを学ぶことができます。ユーザー、チーム、企業が SharePoint と OneDrive を活用して、いかに Office 365 で安全な情報共有、ビジネス プロセスの刷新、社内の情報伝達や連携の強化、社内ナレッジの活用を実現しているかを知ることができるのです。今回の発表は、こうした成功事例をさらに増やし、デジタル トランスフォーメーションをさらに加速していくためのものです。詳細な情報は、Jeff Teper が執筆した記事「SharePoint Virtual Summit 開催: 成長を続ける SharePoint の最新イノベーションとお客様事例を紹介」をお読みください。

この記事では、Jeff Teper の記事で取り上げられている主要な機能についてまとめ、SharePoint Virtual Summit で発表された注目のイノベーションを幅広くご紹介します。

安全に共有

OneDrive では、社内外のあらゆるユーザーと安全にファイルを共有できます。Office との緊密な連携により提供される高度な共同編集機能で、他のユーザーとファイルを共有してリアルタイムで共同作業を行うことができます。また、Windows PC、Mac、iOS デバイス、Android デバイス、Windows Phone のいずれからでも、ユーザー個人の作業ファイルや、他のユーザーと共有しているファイル、チームや社内全体で共有しているファイルなど、すべての Office 365 ファイルにアクセスできます。

OneDrive Files On-Demand によりファイル エクスプローラーですべてのファイルが確認可能に

先日開催された Microsoft Build 2017 では、この夏から Windows 10 で Files On-Demand (英語) のプレビューが開始されることが発表されました。この機能により、OneDrive と SharePoint にある仕事用と個人用の両方の Office 365 ファイルすべてに、ファイル エクスプローラーから直接アクセスできるようになります。ファイルをローカルに保存せずに済むため、デバイスのストレージ容量を無駄に消費することがなくなります。

Files On-Demand により Office 365 内のすべてのファイルがファイル エクスプローラーからアクセス可能

Windows のファイル エクスプローラーと Mac Finder でファイルを直接共有

また今回、Windows PC のファイル エクスプローラーと Mac の Finder から Office 365 ファイルを直接共有できる機能が今夏から提供開始となることが発表されました。簡素化された共有エクスペリエンスでは、特定のユーザーとファイルやフォルダーを共有したり、アクセスを許可する社内外のあらゆるユーザーにリンクを送信したりできます。さらに、リンクからのアクセスを許可する期間も設定できるほか、自分が付与したアクセス許可の確認や変更も容易になります。Web で共有する場合も、Windows 10 や Windows 7 でエクスプローラーから共有する場合も、Mac の Finder で共有する場合も、新しい共有エクスペリエンスは共通です。

Windows 10、Windows 7 のファイル エクスプローラーから直接、社内外の同僚と安全にファイルやフォルダーを共有

Mac の Finder から直接、社内外の同僚と安全にファイルやフォルダーを共有

昨年リリースされたイノベーションと今回発表された新機能が、他のファイル ストレージや共有ソリューションではなく OneDrive をお客様にお選びいただく決め手になると思います。詳細については、「OneDrive と Office 365 を利用したファイル共有とクラウド ストレージ (英語)」をご覧ください。

上記の機能や OneDrive に関するその他の発表については、「OneDrive と SharePoint の新しい共有機能 (英語)」、「OneDrive for Business の更新: オンデマンドでの共有の簡素化と Files On-Demand (英語)」をご覧ください。

SharePoint チーム サイトと Office 365 の他のコンテンツやサービスを接続

マイクロソフトは昨年、SharePoint チーム サイトの刷新と Office 365 グループとの接続を進めてきました。そして今回、さらなる機能強化が年内に実装されることが発表されました。それにより、下記のような Office 365 の共同作業エクスペリエンスがさらに統合されます。

  • 既存の SharePoint チーム サイトを Office 365 グループに接続: 会話、カレンダー、Planner を共有して、既存のサイトをさらに強化できるようになります。
  • SharePoint ページを Microsoft Teams のタブとして追加: ニュース記事やチーム サイトのホームページなどのタブを追加できるようになります。この機能は、SharePoint ドキュメント ライブラリのタブを Teams に追加する既存の機能を基盤としています。Teams と SharePoint の統合については、Microsoft Ignite (英語) で詳しくお伝えする予定です。

SharePoint ページを Teams チャネルに追加

上記の機能や SharePoint チーム サイトに関するその他の発表の詳細については、「Office 365 でのチーム サイトのパーソナライズと、Microsoft Teams と Office 365 グループを利用したチームワークの強化 (英語)」、「SharePoint チーム サイト全体がパーソナライズされた一元的なエクスペリエンスに (英語)」をご覧ください。

ビジネス プロセスを刷新

SharePoint では、デバイスや作業場所を問わず、個人、チーム、社内全体という単位で、タスクの整理、ワークフローの自動化、業務へのプロセスの統合をシームレスに行うことができます。

PowerApps でカスタム SharePoint フォームやデジタル エクスペリエンスを作成

この夏から、Microsoft PowerApps を使用して、SharePoint のリストやライブラリで直接使用できるカスタム フォームや高機能なデジタル エクスペリエンスを簡単に作成できるようになります。既定の SharePoint フォームやエクスペリエンスを使用するのではなく、カスタム フォームを作成して表示し、そこからのデータ操作が可能になります。

SharePoint のリストやライブラリで使用できるカスタム フォームを、コーディングせずに PowerApps で作成可能に

これは SharePoint と PowerApps の両方にとって大きな進展であり、チームや社内のプロセスの変革を促進したいユーザーにとっては便利な機能となります。

SharePoint ライブラリにシンプルな組み込みの承認フローを追加

SharePoint と Microsoft Flow の統合も引き続き強化されています。新たに組み込まれた承認フローを使用すると、承認を求めるドキュメントをカスタム メッセージと共に送信できます。受信したユーザーは、詳細な要求内容が示されたメール メッセージから直接応答できるため、承認やフィードバックの操作を受信トレイを開いたまま行うことができます。

SharePoint に組み込まれた承認フローから、詳細な内容のアクション可能なメール メッセージを送信

上記の機能や関連する今回の発表の詳細については、「SharePoint でビジネス プロセスを変革 (英語)」、「PowerApps と Microsoft Flow を使用して、コーディングせずに SharePoint ビジネス プロセス アプリを作成 (英語)」をご覧ください。

従業員へ情報を伝達し、活発なやり取りを促進

イントラネットは組織内の通信網であり、最新のニュースや情報を伝えることができます。また、ユーザーとのコミュニケーションも可能で、従業員の積極的な関与やオープンな会話を促進できます。デジタル トランスフォーメーションの促進や新たな企業文化の醸成には、こうした従業員の積極的な関与が欠かせません。

SharePoint コミュニケーション サイトでより広範なユーザーに情報を届ける

次世代のイントラネットの先駆けとなる新たなステップとして、この夏に SharePoint コミュニケーション サイトが強化されることが発表されました。コミュニケーション サイトは洗練されたデザインの動的なサイトで、広範なユーザーに社内情報を通知し、活発なやり取りを促すことができます。Web、Windows PC、Mac、モバイル ブラウザー、SharePoint アプリのいずれでも、コンテンツが見栄えよく適切に表示されます。

社内の広範なユーザーに向けて洗練されたイントラネット サイトを容易に作成可能

チーム サイトでは所属するグループ内で情報を共有できますが、コミュニケーション サイトではグループ全体の広い範囲での共有や、社内全体へのメッセージの伝達が可能です。コミュニケーション サイトで公開された最新情報は、そのサイトへのアクセス許可を持つすべてのユーザーが Office 365 や SharePoint モバイルの SharePoint ホームから見ることができます。

コミュニケーション サイトはわずか数秒で作成できます。あらかじめ用意された Web パーツから情報伝達用サイトのページを構成できます。イメージ ギャラリー、インタラクティブな Bing マップ、Microsoft Stream チャンネルの動画、新規イベントなどの機能的な Web パーツを、ドラッグ アンド ドロップで段組レイアウトのセクションに追加して、ページをカスタマイズできます。Yammer Web パーツを追加すれば、コミュニケーション サイトの情報に関連してその場でフィードバックを募ったり会話を促進したりできます。

コミュニケーション サイトの詳細については、「Office 365 の SharePoint コミュニケーション サイトで従業員に情報を届ける (英語)」、「SharePoint コミュニケーション サイトの概要 (英語)」をご覧ください。

社内のナレッジを活用

業務のスピードアップが求められている中、社内のナレッジを活用することの重要性が増しています。そのためには、必要なときにいつでも情報やエキスパートを容易に探し出せるようにして、ベスト プラクティスの共有を促進する必要があります。

パーソナライズされた強力な検索機能でユーザー、エキスパート、コンテンツを迅速に検索

今回、Microsoft Graph の機械学習と人工知能を活用した、高度にパーソナライズされた検索機能が発表されました。Office 365 の SharePoint ホームの検索ボックスをクリックすると、即座にお勧めのファイルやコンテンツが提示されます。最近使用したファイルが表示されるため前の作業に戻りやすく、関連するコンテンツ、サイト、ニュースも表示されます。

特定のナレッジを検索している場合、必要な情報のほとんどはファイル、サイト、ニュースなどのコンテンツから見つかりますが、同僚が知っていることもあります。今回発表された新機能では、検索内容に関連するスキル、関心、プロジェクトが Office 365 のプロファイルに含まれるユーザーも検索結果に反映されます。

検索結果では連絡先カードが表示されるため、該当するユーザーの概要や作業中のコンテンツをひとめで把握できます。カードをクリックすると詳細が表示され、ユーザー プロファイルの細かい情報も確認できます。この検索機能の強化は、今後数か月の間に順次ロールアウトされます。

パーソナライズされた検索結果がすばやく提示され、ファイル、サイト、ニュース、ユーザーなど、必要なコンテンツや情報が簡単に見つかる

このほか皆様に披露したデモでは、Yammer と SharePoint を使用してコミュニティを作成することで、イントラネットに会話機能を追加して、コンテンツ、ナレッジ、ベスト プラクティスの社内全体での共有に役立てる方法をご紹介しました。

SharePoint コミュニケーション サイトと Yammer を使用してコンテンツや会話を共有するコミュニティを構築

Yammer と SharePoint の統合や、今回の Yammer 関連の発表の詳細については、「Yammer の新機能: 社内全体のつながりを強化し、やり取りを活発に」、「Yammer の更新: 会話機能を SharePoint エクスペリエンスに統合 (英語)」をご覧ください。

コンテンツを保護し、サービスを管理

クラウドのイノベーションはビジネスに多大なメリットもたらします。社内のコンテンツやサービスのサポート、構成、管理、セキュリティ対策に精力的に取り組む IT 担当者にも最新の機能を提供します。

管理機能が強化された新しい SharePoint 管理センター

新しい SharePoint 管理センターのロールアウトが 2017 年第 4 四半期から開始されることが発表されました。SharePoint 管理者の皆様のニーズに合わせて用意された、インタラクティブな使用状況レポート、メッセージ センターの投稿、サービス正常性ダッシュボードがホームページで確認できるため、使いやすさをすぐに実感していただけると思います。

使用状況、正常性、管理メッセージが表示される新しい SharePoint 管理センター

共有、アクセス許可、サービスなど、SharePoint の数十種類の設定を簡単に検索して管理することができます。また、新しく導入される動的な [Site Management] ページでは、Office 365 グループに接続されているサイトなど、すべての SharePoint サイトの構成を表示、絞り込み、編集することができます。

新しい SharePoint 管理センターではすべてのサイトの管理が可能

上記の機能や SharePoint のセキュリティと管理性に関するその他の発表については、「SharePoint と OneDrive で情報のセキュリティを確保 (英語)」、「SharePoint と OneDrive for Business の新しい管理コントロール (英語)」をご覧ください。

SharePoint と OneDrive の拡張

マイクロソフトはビジネス ユーザーや IT 担当者だけでなく、開発者やパートナー様にもイノベーションをお届けしています。先日開催された Microsoft Build 2017 では、SharePoint エクスペリエンスを拡張する機能や、SharePoint と Microsoft Graph を連携させたカスタム アプリケーションを作成する機能が発表されました。近日中に、サイトとライブラリを強化する、SharePoint Framework の新しい拡張機能がプレビューとして提供されます。また、Web パーツ間の接続とファイル ハンドラー バージョン 2 のプレビューが発表され、より緊密に統合されたエクスペリエンスがサポートされるようになりました。さらに Microsoft Graph では、サイトのデータを扱える新しい運用環境向けエンドポイントが公開され、機能が強化されたリスト用 API のプレビューの提供も開始されます。

SharePoint 開発者に向けた発表の詳細については、「Microsoft Built 2017 での SharePoint ガイド (英語)」、「SharePoint Framework 拡張機能による SharePoint Framework の更新 (英語)」をご覧ください。

オンプレミスとハイブリッドのユーザーに向けた継続的な取り組み

昨年、SharePoint Server 2016 の一般提供が開始されたのに伴い、Feature Pack を通じてオンプレミスのお客様にクラウドのイノベーションを提供するというビジョンが発表されました。昨年 11 月にリリースされた Feature Pack 1 には、応答性に優れた最新の OneDrive ユーザー インターフェイスのほか、ハイブリッド分類やハイブリッド監視などのハイブリッド環境向け機能が含まれています。今回は、SharePoint Framework の最新コンポーネントが SharePoint Server 2016 で使用できるようになる Feature Pack 2 が今年中にリリースされることが発表されました。開発者は、最新のクライアント サイド開発モデルを使用して Web パーツやソリューションを作成し、オンプレミス、ハイブリッド、Office 365 向けのソリューションを強化することができます。

オンプレミス環境やハイブリッド環境で SharePoint を利用するお客様に向けた最新イノベーションの詳細については、「SharePoint Server 2016 と今後の展望 (英語)」、「SharePoint Server 2016 の更新とハイブリッド クラウドのメリット (英語)」をご覧ください。

お客様のデジタル トランスフォーメーションを加速

今回発表された SharePoint の最新イノベーションにより、コンテンツ、知識、アプリの共有や管理が強化され、従業員がより緊密につながる作業環境を構築できるようになります。また、OneDrive の新機能では Office 365、Azure、Windows との緊密な統合が実現されます。これらの機能は、今後もさらに改良が進められます。ぜひ Microsoft Ignite (英語) に参加して、皆様のご意見をお寄せください。デジタル トランスフォーメーションの加速をお手伝いするパートナーとして、皆様の成功事例をお聞かせいただけることを楽しみにしています。

—SharePoint チーム、OneDrive チーム

今回のイベントに参加できなかった方に向けて SharePoint Virtual Summit のようす収録したビデオ (英語) を公開しています。どうぞご覧ください。

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content