Deutsche Börse Group がクラウドへの移行に Office 365 を選択


(この記事は 2017 3 6 日に Office Blogs に投稿された記事 Moving to the cloud with confidence—Deutsche Börse Group chooses Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、マイクロソフトのコーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。


規制が厳格な国で世界規模の金融サービスを提供し、事業運営の近代化に向けてクラウドへの移行を検討している企業の皆様に朗報です。Deutsche Börse Group (DBG) がソート リーダーシップを取り、Office 365 に移行することで働き方を変革するデジタル トランスフォーメーションに取り組んでいます。DBG はフランクフルトに本拠地を置くドイツの大手証券取引企業で、この業界では世界有数の規模を誇り、20 か所を超えるオフィスを構えています。

デジタルの世界でビジネスの俊敏性を高め、市場のニーズに合わせて成長を遂げ、従業員の生産性を向上させるために、DBG のデジタル トランスフォーメーションの基盤として選ばれたのが Microsoft Office 365 でした。

DBG の最高セキュリティ責任者兼セキュリティ担当主任の Frank Fischer 氏は、次のように述べています。

「機能性が十分に考慮されたカスタマー ロックボックスやその他の Office 365 の機能のおかげで、当社が懸念していたデータへのアクセス制御および自動化されたプロセスの変更管理の問題を解決できました。また、マイクロソフトの金融サービス コンプライアンス プログラムを通じて、透明性、監査機能、規制コンプライアンスのサポート、当社のニーズを満たそうと全面的に協力してくださる姿勢にも感銘を受けました」

マイクロソフトでは、お客様がクラウド サービスに移行する作業を支援しつつ、金融サービス コンプライアンス プログラムなどを通じて規制要件にも対応する革新的なアプローチを採用しており、DBG の皆様に安心して移行作業を進めていただくことができました。今回の契約条件を適用した結果、マイクロソフトは、世界中の金融サービス企業のお客様に対して、業界の規制要件への対応を支援できる優位な立場に立つことができました。ヨーロッパの中でも特に規制が厳しい国の 1 つであるドイツでマイクロソフトのクラウド サービスが採用されたことで、金融関連の規制遵守に対応できる Office 365 の堅牢性が証明されたのです。

—Ron Markezich

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content