SharePoint Server 2016 での Outlook 2016 のクラウド添付機能のテストにご協力ください

(この記事は 2017 年 3 月 24 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Help us test Cloud Attachments in Outlook 2016 with SharePoint Server 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   こんにちは。Outlook for Windows チーム エンジニアの Steven Lepofsky です。このたび Insider の皆様に向けて、Outlook 2016 で SharePoint Server 2016 を利用したクラウド添付機能をリリースしました。この機能についてのフィードバックを収集するために、テストへのご協力をお願いいたします。 まず「クラウド添付」の概要についてご説明します。 最新のクラウド添付エクスペリエンス Outlook 2016 のリリースにより、Outlook に新たな方法でファイルを添付できるようになりました。ここで改めて、Outlook でファイルを共有し共同作業を行う新しい方法をいくつかご紹介します。 まず、最近使用したドキュメントとファイルのギャラリーが追加されました。このリストには、OneDrive、OneDrive for Business、Office 365 やローカル マシンでホストされている SharePoint…


Windows Server 2016 で Exchange Server の Edge ロールのサポートを変更

(この記事は 2017 年 3 月 23 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Exchange Server Edge Support on Windows Server 2016 Update の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Windows Server 2016 と Exchange Server 2016 のサポート ポリシーの変更が発表されました。現時点で、Windows Server 2016 では Exchange の Edge ロールをインストールしないことをお勧めします。また、Windows Server 2016 では Exchange の Mailbox ロールでスパム対策エージェントを有効化しないことをお勧めします (「メールボックス サーバーのスパム対策機能を有効にする」の記事を参照)。 ポリシーを変更する理由 以前「Outlook および Exchange での SmartScreen の廃止 (英語)」の記事で、Exchange Server 用コンテンツ…


四半期ごとの Exchange の更新: 2017 年 3 月の更新プログラムをリリース

(この記事は 2017 年 3 月 21 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Released: March 2017 Quarterly Exchange Updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今月の四半期ごとのリリースでは、Exchange Server 2007 のサポートが終了します。Exchange Server 2007 のサポート終了日は 2017 年 4 月 11 日で、Service Pack 3 の 更新プログラムのロールアップ 23 が最後のロールアップ プログラムとなります。また、Exchange Server 2016 と Exchange Server 2013 の累積更新プログラムがリリースされます。このリリースでは、お客様からご報告いただいた問題の修正と機能強化が実施されています。Exchange Server 2016 の累積更新プログラム 5 および Exchange Server 2013 の累積更新プログラム 16…


SharePoint Virtual Summit のお知らせ

(この記事は 2017 年 3 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the SharePoint Virtual Summit の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 2017 年 5 月 16 日に、グローバルな無料オンライン イベント SharePoint Virtual Summit (英語) が開催されます。 Office 365 は 8,500 万人を超えるアクティブ ユーザーにご利用いただいており、個々のユーザー、チーム、企業全体での共同作業において最高クラスの多様性と専門性を備えたツールキットを提供しています。あらゆるグループの固有のワークスタイルに適合するように特化した統合アプリケーションを備えています。エンタープライズクラスのメール ソリューションである Outlook、企業全体の利用に向けたネットワーク ソリューションである Yammer、企業の音声や動画によるコミュニケーションの基幹ソリューションとなる Skype for Business、新しいチャット ベースのワークスペースとなる Microsoft Teams、インテリジェントなコンテンツ管理やイントラネット向けの SharePoint を使用できます。 昨年 5 月に開催され 50,000 人を超える参加者を集めたオンライン イベントの Future of SharePoint…


Excel で管理を効率化し、存分に創造性を発揮

(この記事は 2017 年 3 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Reducing complexity and boosting creativity with Excel の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 建築家は、美しさと収益性を兼ね備えた作品を作り上げるために、創造性とビジネス ニーズのバランスを保つという独特な課題を抱えています。この職業で注目されるのはビジョンや創造性ですが、建築物に命を吹き込むためには綿密な計画と調整も必要です。ナットやボルト、梁などのあらゆる材料の組み立て、追跡、コスト計算などがプロジェクトの成否を分けます。 ツールを使用してプロジェクト計画の作成を簡素化し、建築家とスタッフが創造的な業務に専念できるようにすることが不可欠です。小規模な建築設計事務所 Best Practice Architecture and Design を所有する Ian Butcher 氏は、このことをよく理解しています。 Butcher 氏にとって、建築家になることは長年描いてきた夢でした。当然のことながら、この職業を志した理由は、ビジネス的な面ではなく芸術的な面に惹かれたからでした。「私は郊外で育ったため、田舎の家と小さなショッピング モールしか知りませんでした。8 年生のときに、校外学習でアトランタ州のハイ美術館に行きました。大人数のグループだったので、荷物用エレベーターに乗りました。ドアが開いて目の前に美術館の建物が現れたとき、『こんなもの見たことがない』と感激しました。その瞬間、私は建築家になりたいと思ったのです」 オフィスからアート スタジオに至るまで、Best Practice は常に独自のデザインを追求し続けています。 Butcher 氏はデザイン学校で学び、建築家になるという夢を叶えました。現在は建築設計事務所を所有してその管理を行っています。「最大の課題は、魅力的なプロジェクトをやり遂げることです。新しいプロジェクトを開始するたびに『本当にできるのか』と自問自答します。最も難しいのは、優れたデザインを作成することではなく、予算、クライアントとの契約、工務店やベンダーとの調整といった課題を解決することです」と Butcher 氏は言います。 材料の管理 業務が拡大するにつれ、プロジェクト計画の作成は重要性を増していきます。キッチンのリフォームから、オフィスや複数世帯住宅のデザインまで、Best Practice では次々とスケッチが行われています。それと同じくらい重要なのが、予算管理とプロジェクトの進捗管理を行うことです。 Butcher 氏とチーム メンバーは、各プロジェクト計画の作成とコストの追跡に Microsoft Excel を利用しています。材料や設備の一覧は Excel で作成しています。各建築プロジェクトの必要項目とそれに関連するコストを一覧にすると、詳細で長いものになります。ドライウォールから照明器具、床、窓、扉に至るまで、あらゆる材料を Excel…


Outlook 2016 for Mac でタッチ バーとお気に入りのアプリをサポート

(この記事は 2017 年 3 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Outlook 2016 for Mac adds Touch Bar support and now comes with your favorite apps の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 先週、多くのご要望にお応えして、Outlook for Mac で作業の迅速化・効率化を実現する 2 つ の機能をリリースしました。1 つ目は、MacBook Pro ユーザー向けのタッチ バーのサポートです。指先 1 つで、Outlook で頻繁に使用する受信トレイ、書式設定オプションにインテリジェントにアクセスし、コマンドを実行することができます。 2 つ目は、受信トレイにお気に入りのアプリを追加する Outlook for Mac 用アドインです。メールをその場で翻訳したりノートやプロジェクト ボードを更新したりといったタスクを、受信トレイから直接実行できます。アドインは Outlook for Windows、iOS、Outlook on the web (英語) でも使用できるため、いつでもお気に入りのアプリにアクセスしてすぐにタスクを実行できます。…


最新のパブリック フォルダーを Exchange Online へ移行可能に

(この記事は 2017 年 3 月 20 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Announcing the availability of modern public folder migration to Exchange Online の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、オンプレミスの Exchange Server 2013/2016 から Exchange Online にパブリック フォルダーを移行できるようになります。多数のお客様からのご要望を受け、今回、完全なドキュメントを公開しました。それぞれのバージョンに適合した以下の 2 種類をご用意しています。 Exchange 2013 のパブリック フォルダーを一括移行で Exchange Online に移行する (英語) Exchange 2016 のパブリック フォルダーを一括移行で Exchange Online に移行する (英語) このドキュメントにはすべての情報が含まれていますが、主な要件は以下のとおりです。 Exchange Server 2013 CU15…


SharePoint のリスト アイテムとドキュメントに対してオンデマンドでフローを実行

(この記事は 2017 年 3 月 12 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Flow on demand for SharePoint list items and documents の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) ビジネス プロセスの変革に終わりはありません。このたび、モダン ライブラリと Flow の統合に加え、この変革の取り組みの新たな一歩として、ドキュメント ライブラリやリストにインタラクティブなオンデマンドのフローを作成する機能がリリースされます。 SharePoint 中心のビジネス プロセスの重要な要素として Flow が初めて導入されたとき、コードを一切記述することなく SharePoint リストから直接プロセスを構築する機能が追加されました。フローが動作する対象はリスト全体であり、データやイベントがトリガーとなって、それぞれのプロセスを起動します。 今回の更新では、コマンド バーから直接起動できるフローをリストやライブラリに作成できる機能が追加されます。この機能で作成したフローは、モダン UI で選択した 1 つのアイテムまたはドキュメントに対して動作します。 フローを作成する際、最も関連のあるテンプレートが SharePoint 内に表示されます。フローを選択すると、ブラウザー ベースのフロー デザイナーが起動します。フローを保存すると、それがドロップダウン ボタンとしてリストやライブラリに追加されます。 たとえば、ドキュメントをチーム メンバーに回覧し、フィードバックを得たい場合は、フロー デザイナーで特定の形式のメールを送信するメール アドレスを指定します。保存後ライブラリのドキュメントを選択すると、自動処理の対象オブジェクトとして使用されます。 今回の更新は、2017 年 3 月から先行リリース プログラムで提供が開始されます。ぜひご意見をお寄せください。マイクロソフトは引き続き皆様からのフィードバックに耳を傾け、SharePoint や…


全世界の Office 365 ユーザーに向けて Microsoft Teams のロールアウトを開始

(この記事は 2017 年 3 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft Teams rolls out to Office 365 customers worldwide の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 本日、マイクロソフト本社からの全世界のお客様に向けて発信した Web キャスト (英語) の中で、181 の地域、19 の言語で Office 365 のチャットベースのワークスペース、Microsoft Teams の一般提供が開始されたことを発表しました。11 月にプレビューを発表して以来、Accenture、アラスカ航空、Cerner Corporation、ConocoPhillips、Deloitte、Expedia、J.B. Hunt、J. Walter Thompson、Hendrick Motorsports、Sage、Trek Bicycle、Three UK をはじめ、50,000 社を超えるお客様に Microsoft Teams をご利用いただいています。また、継続的なイノベーションを提供し、お客様から特に多く寄せられたご要望にお応えするため、100 を超える新機能を導入しています。 アクティブ ユーザー数…


Microsoft Flow の SharePoint ドキュメント ライブラリへの統合を発表

(この記事は 2017 年 3 月 12 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Announcing Microsoft Flow integration for SharePoint document libraries の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 昨年マイクロソフトは、ビジネス プロセスの継続的な変革に関する取り組みの一環として、Microsoft Flow と統合されたモダン リストをロールアウトしました。Flow を使用すると、日常的なビジネス プロセスや、多数のエンタープライズまたはカスタムのデータ サービスへの接続を、コードの記述なしに自動化することができます。Ignite などのイベントや Office ブログでは、Flow や他のマイクロソフトのビジネス アプリ プラットフォームと SharePoint の統合がさらに拡大されることをお伝えしていましたが、このたび、その取り組みの新しい一歩として、ドキュメント ライブラリでも自動化のメリットを活用できるようになります。 この統合により、ユーザーはモダン ドキュメント ライブラリに簡単にフローを追加できるようになります。また、モダン リストやモダン ライブラリのシンプルなボタンからオンデマンドでフローをインタラクティブに起動する機能もリリースされます。 たとえば、新しいドキュメントをチーム メンバーに読んでもらい、ドキュメントに関するメタデータを更新したい場合、フローを作成してチームに知らせ、チーム メンバーからの入力をメタデータとして直接ドキュメント ライブラリの列に記録することが可能になります。 Microsoft Flow の使用状況を管理する方法については、多くの問い合わせをお寄せいただいています。Office 365 管理者の皆様には、Microsoft Flow のデータ損失防止 (DLP) 機能について改めてご確認いただくことをお勧めします。すべての Office…