2016 年の Forrester Wave: Enterprise Collaboration レポートでマイクロソフトが「リーダー」に


(この記事は 2017 1 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Forrester’s 2016 Enterprise Collaboration Wave report is out and Microsoft is a Leader! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

世界で有数の高い影響力を持つ調査/コンサルティング会社の Forrester は先日、エンタープライズ向け共同作業支援ソリューションのプロバイダーを評価する、最新のレポートをリリースしました。このレポートにおいて、マイクロソフトが「リーダー」に選出されたことをご報告いたします。

 forrester_wave

マイクロソフトは、共同作業に関して、グループごとにニーズが異なると考えています。そのため、Office 365 はチームが使用する共同作業支援ツールを選択できるように設計されています。このレポートは、共同作業について、企業全体の知識共有を重視しているかを調査したものです。マイクロソフトと Office 365 スイートの一部である Yammer が、このレポートで「リーダー」の評価を獲得したことを光栄に思います。

Yammer は仕事のためのソーシャル ネットワークであり、Office 365 に含まれています。ここ数年、マイクロソフトは Yammer と Office 365 の統合をさらに強化する取り組みを続けており、Yammer のエクスペリエンスを Office 365 の他のアプリケーションに拡張すると共に、他のアプリケーションのエクスペリエンスの一部を Yammer でも利用できるように尽力しています。

昨秋、Yammer が近日中に Office 365 Groups と統合されることを発表しました。これにより、すべての新規の Yammer グループで、対応するチーム サイトを利用したファイル共有、OneNote を利用した共有ノートの作成、Planner を利用したチーム プロジェクト計画の策定を行うことができます。上記の機能強化に加えて、今後数か月でさらに多くの機能強化を実施することで、Yammer は企業全体の従業員やチームをさらに効果的につなげられるようになります。

Forrester Wave™: Enterprise Collaboration, Q4 2016 レポートの全文については、こちらのページ (英語) から閲覧、ダウンロードしていただけます。

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content