[導入事例] NGA Human Resources - Office 365 への移行により優れた従業員エクスペリエンスを実現


(この記事は 2016 11 21 日に Office Blogs に投稿された記事 NGA Human Resources builds a more engaging employee experience with move to Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)    

nga-hr-logo


お客様のためにより良いビジネスを 信頼性と生産性

今回は、NGA HR の CIO であり、コンサルティング、アプリケーション サービス、グローバル テクノロジ部門を統括しているシニア バイス プレジデントの Russell Sheldon 氏の取り組みをご紹介します。

nga-hr-pro-pix

NGA Human Resources (NGA HR) では、確固たる従業員エクスペリエンスが構築されて、優秀な人材が集まり、そのうえで優れた経営が行えると信じています。これは、弊社が常にお客様にお伝えしていることですが、NGA HR の社内でも同じことが言えます。

新入社員は、配属される部署や地域にかかわらず、NGA HR というグローバル組織の一員であることを自覚する必要があります。(弊社は世界 35 か国に事業所を展開し、世界 145 か国のお客様に 25 か国語でサービスを提供しています)。企業として成功するためには、全社員がつながり、NGA の企業文化の中でも貢献することが重要です。

デジタルな経済、最新のテクノロジ、場所、時差などの違いによって、企業の生産性の向上が阻害されてはなりません。世界中で事業を展開している以上、場所や時間を超えて共同作業を促進できるテクノロジを採用するのは当然です。人材の育成には、さまざまなメンバーとの共同作業とアイデアの共有が不可欠です。世界中の社員が多種多様な組織とのつながりを感じ、個人でもグループでも、効率よく業務を進められる環境が必要なのです。

私たちが企業として目指すのは、お客様のためにより良いビジネスをすることです。そのためには、まずは自社の社員が働きやすい職場を作る必要があります。たとえば、弊社では世界中で採用されている我々の HR および給与プラットフォームを自ら使用しています。

NGA HR は、ビジネス & サービス プロバイダーとして、業務を効率化し、従業員エクスペリエンスを改善すると同時に、厳格なコンプライアンス要件も満たした革新的なテクノロジに投資するというポリシーを持っています。

そのため、今まで使用していた G Suite (旧称 Google Apps for Work) の契約更新の際に、グローバル企業として何が本当に必要かをじっくり再検討しました。クラウドベースの業務ツールの中で、世界規模での共同作業が行え、個人の生産性向上に役立つだけでなく、データ セキュリティの面でも優れていることが第一条件でした。

多くの候補の中から、最終的に選択したのは Microsoft Office 365 です。バックオフィス アプリケーションと社内のコラボレーション プラットフォームを Google から Office 365 に移行しました。Office 365 は人材の育成と教育、能力開発、そして、離職防止にまでに貢献するビジネス サービスだと考えています。社員は、テクノロジを活用して自身の業務エクスペリエンスを改善し、より効率的な共同作業やイノベーションを持って会社に貢献できる、これは優れた業務ツールには不可欠な価値と言えます。

弊社の最高経営責任者 Adel Al-Saleh の例もご紹介します。Adel は、Skype for Business を使って、世界中に点在する 300 人のグローバル リーダーとのビデオ会議をホストすることがあります。以前は考えられないことです。今では、リーダーシップ チームはより頻繁にミーティングを行うようになり、双方向のリアルタイムなディスカッションを通じ、世界規模での意思決定をスムーズに行っています。私自身も、世界中にいる 2,000 人から成るチームを率いています。Skype for Business を使えば、たとえば、すぐに 30 人のシニア マネージャーとリアルタイムで連絡が取れます。移動のための時間とコストが大きく削減され、本来の業務である戦略策定により多くの時間を当てられるようになりました。また、Office の共同編集機能を活用することで、広報チームは RFP への対応やドキュメントの共同作業がかつてないほど効率化されました。

Office 365 には多くの直観的な共同作業機能が備わっており、簡単に生産性を向上させることができます。たとえば、メールの受信トレイから直接 Skype for Business を立ち上げ通話を開始したり、さまざまなデバイスからすべての Office ドキュメントにアクセスできます。モバイル ワーカーとの連携も手間なく行えます。

弊社の 8,000 人を超える社員は、現在定期的に 企業向けソーシャル ネットワークである Yammer を活用しています。利用を開始して 4 週間後に、これまでの Google のソリューションでは、全社規模の共同作業の実現という弊社の要件を満たせていなかったことがわかりました。弊社ではビジネスで従業員の意見を取り入れ、家族と行うのと同じくらい簡単にコミュニケーションを行えるようにしています。

また、Office 365 はハイブリッド環境も実現できます。これは、物理的な、また地理的な条件によりデータを動かせないお客様への対応にきわめて効果的です。NGA HR は、毎年、世界中の数百万もの給与データを管理しているため、データ セキュリティは非常に重要です。Office 365 は、社内のコンプライアンス要件だけでなく EU データ プライバシー標準にも準拠していることをお客様へ保証することができます。また、Office 365 は、Article 29 Data Protection Working Party (A29WP) で定められているクラウド コンピューティングの透明性の原則、目的制限の原則、データ保持の原則、アクセスおよび開示の制限の原則に準拠しています。さらに、A29WP がマイクロソフトのクラウド ソリューションに対して肯定的であり、Office 365 が EU データ転送およびデータ保護指令に準拠している点も評価できます。

マイクロソフトとの連携によって、Office 365 の移行をスムーズにでき、その後も、NGA HR、Microsoft FastTrack チーム、マイクロソフト パートナーとの緊密な連携のおかげで、世界中の 8,000 人の社員を、すべてのデータと共に、たった 12 週間で Office 365 に移すことができました。

Google の契約更新が迫り、移行完了までのスケジュールはかなり厳しいものでしたが、展開と変更管理の専門知識を持っている Fast Track チームから、余裕のあるスケジュールで作業を進められるように支援をもらいました。最小限のトレーニングで、全社員の業務におけるモバイル性、接続性、俊敏性を向上させることができました。社員の反響も良く、すばらしい成果が上がっています。現在 NGA HR では、グローバル ビジネスのさらなる成功に向けて、さらなる共同作業の強化とビジネスの横展開を新たな目標としています。

Russell Sheldon 氏

NGA Human Resources が Google から Office 365 に移行した理由についての詳細は、こちらのケース スタディ (英語) を参照してください。

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content