Exchange 2016 ユーザー向けに Microsoft Graph プレビューを発表


(この記事は 2016 12 20 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Microsoft Graph Preview for Exchange 2016 customers の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

マイクロソフトは現在、Exchange 2016 のお客様やパートナーと連携して、Microsoft Graph を使用した Exchange ハイブリッド シナリオの評価を計画しています。このプロジェクトのミッションは、スコープを定義し、プロダクト チームの技術的な支援を得ながら、Graph API の問題を解決することです。開発者は自身のペースで進めることができます。このプロジェクトに参加するには、まず Exchange TAP プログラムに参加する必要があります。以下にプログラムについてよく寄せられる質問をご紹介します。

技術的な要件を教えてください。
Exchange ハイブリッド ソリューションを開発および評価するには、Exchange 2016 CU3 以上と、Azure AD と同期したオンプレミスの Active Directory が必要です。ハイブリッド展開の詳細については、こちらを参照してください。

開発者は何名必要ですか。
スコープの定義と Microsoft Graph ソリューションの開発に 1 ~ 2 名を想定しています。

既存の Exchange Web サービス ソリューションが必要ですか。
必須ではありません。Exchange 2016 のハイブリッド開発をサポートし、Microsoft Graph の機能を評価する意欲をお持ちであることを重視しています。

プロジェクトの期間について教えてください。
2017 年 1 月に開始し、2017 年夏前に終了する予定です。

レドモンドまで行く必要がありますか。
いいえ。この技術は既にプレビュー段階に入っており、開発用ノート PC からインターネットでアクセスいただけます。

このプロジェクトの実施理由を教えてください。
お客様やパートナー様と直接かかわることで、Microsoft Graph を改善し、お客様の幅広いニーズに正確に対応できると考えています。プロジェクトを通して得られた知見は、製品ロードマップに随時反映していきます。

このプログラムへの参加を希望する場合は、exchangehybridgraph@service.microsoft.com まで以下の情報と質問の回答をお送りください。

  1. プロジェクトの代表者情報。
    • 会社
    • 氏名
    • 役職
    • 職場の電子メール
    • 職場の電話番号
  2. Exchange TAP に登録済みですか。
  3. どのようなハイブリッド シナリオを想定していますか。
  4. どのような技術で解決することを考えていますか。
  5. これまでに Exchange Web サービスを使用して上記のハイブリッド シナリオの解決を試みたことがありますか。結果はどうでしたか。
  6. プログラムを通じて Microsoft Graph を利用したことがありますか。これまでに開発したプロジェクトがあれば教えてください。
  7. このプロジェクトを担当する開発チームについて教えてください。

次回もどうぞお楽しみに。

Microsoft Outlook チーム

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content