Microsoft Whiteboard プレビュー: フリーフォームのキャンバスでクリエイティブな共同作業を実現

(この記事は 2017 年 12 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft Whiteboard Preview—the freeform canvas for creative collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Microsoft Whiteboard プレビュー (英語) の段階的リリースを開始しました。現在、Windows 10 デバイスへのダウンロード*が可能です。このアプリは、ユーザー、アイデア、コンテンツを 1 か所に集めて、クリエイティブな共同作業を行うことができるフリーフォームのデジタル キャンバスです。成果物の制作に取りかかる前に、クリエイティブかつ自由に構想を練る場として活用することができます。チーム メンバーが顔を合わせていても、離れた場所にいても、複数のデバイスを使用してアイデアを創出し、反復的な調整を行い、共同作業が行えるように設計されています。 Microsoft Whiteboard のプライベート ベータ期間中、スタートアップ企業では、大きなアイデアを生みだすためのインスピレーション ボードとして、画像、モックアップ、メモをまとめる際に使用されていました。マーケティング エージェンシーでは、製品デザインに関するクライアントとのリアルタイムのオンライン会議で使用されていました。また、Whiteboard チームでは、離れた場所にいるメンバーが同じ作業キャンバスにそれぞれの担当分野を書き込むなど、エンジニアリング計画の図面作成に活用しています。Microsoft Whiteboard は、個人のアイデア創出、チームでのブレーンストーミング、グループ ディスカッションを経て、最終成果物を作成するまでのプロセスを強力にサポートします。 共同作業が簡単になる 皆が想像を膨らませて自由にアイデアを出し合うことができるこのボードの可能性は無限大です。同じフロアにいても、異なる国にいても、参加するチーム メンバーは、それぞれのデバイス上でリアルタイムの共同作業を行うことができます。画像を追加したり、付箋を付けたり、作図を行ったりと、ボード上のどこでだれがどのような作業を行っているかをひとめで把握することができます。これからは、リモート ワーカーも簡単にディスカッションに参加してチームに貢献することができます。 自然に手に馴染む Microsoft Whiteboard プレビューでは、紙の上で手を動かしているように、とても自然な操作が可能です。ペン ファースト、タッチ ファーストのテクノロジにより、指で滑らかにジェスチャを行ったり、ペンで細かい部分まで書き込んだりできます。ペンを使用すると、メモを書き留めたり、精密な描画や Web での画像検索を行ったりできます。指で操作する場合、スワイプでボード上を自在に移動したり、仮想ルーラーの角度を調整したり、画像をドラッグ アンド ドロップで重ね合わせたりできます。ペンの場合でも、タッチの場合でも、ユーザーの意図を認識して思いどおりに動作します。 デジタルで創作できる…


Microsoft Teams に追加予定の Skype for Business の機能のロードマップを公開

(この記事は 2017 年 10 月 24 日に Microsoft Teams Blog に投稿された記事 Roadmap for Skype for Business capabilities coming to Microsoft Teams now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 9 月に開催された Microsoft Ignite において、マイクロソフトは新しい Intelligent Communications 構想を発表しました。この構想には、Microsoft Teams が Office 365 におけるコミュニケーションおよび共同作業支援機能の中心的なクライアントになるという内容が盛り込まれています。今回は、Teams に Microsoft Skype for Business の機能を追加するための、計画中のロードマップについて詳細をご紹介しますので、移行計画を策定するうえでご活用ください。 メッセージング: Teams では現在、常設チャット、1 対 1 のプライベート チャット、グループ チャットなど、豊富なインスタント メッセージング機能が提供されています。2018 年第 2 四半期末までに、Teams…


Microsoft 365 とプレビュー版 Compliance Manager で企業の信頼構築とイノベーションを支援

(この記事は 2017 年 11 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft 365 helps businesses increase trust and innovation through compliance with Compliance Manager Preview の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、マイクロソフトのコーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。 テクノロジの進化とクラウド イノベーションによりデータ利用が一般的になり、デジタル トランスフォーメーションが一気に加速しました。企業では、デジタル トランスフォーメーションのあらゆる側面を活用することで、顧客との関係強化、従業員の支援、製品やサービスの開発や提供の最適化などが可能となっています。しかし、ユーザー エクスペリエンスのカスタマイズに個人データを扱うようになった現在は、一般データ保護規則 (GDPR) などの新しいコンプライアンス法が、テクノロジ環境に欠かせないポリシー要素となっています。マイクロソフトでは、GDPR 準拠に適したクラウド ソリューションの Microsoft 365 と、コンプライアンス リスクの評価と管理を行う Compliance Manager を提供することでお客様を支援いたします。 信頼を築き、イノベーションを促進するコンプライアンス GDPR の目的は、EU における個人のプライバシー権を強化し、企業が保有する個人データを制御できるようにすることです。テクノロジを通じて顧客データを管理し、信頼関係を構築し維持していくために、企業は、所有する個人データの内容、管理や保護の方法をより細かく制御する必要があります。データの違法な利用を防止したり、個人データに関する本人からの要求に対応したり、侵害発生時にすばやく通知したりできるように、システムやプロセスを最新化しておくことも非常に重要です。 企業が求める付加価値のあるクラウド マイクロソフトの調査で明らかになったのは、顧客データの保護による信頼構築という長期的な価値を求めるだけでなく、生産性や共同作業など、コンプライアンス投資による他の分野への良い影響を期待する企業が多いということです。* ヨーロッパや米国の企業における IT…


Office 365 のビジネス アプリで中堅中小企業の成長を支援

(この記事は 2017 年 10 月 31 日に Office Blogs に投稿された記事 Grow your small business with business apps from Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Microsoft 365 Business および Office 365 Business Premium の一部として Microsoft Connections、Microsoft Listings、Microsoft Invoicing、Office 365 Business center の一般提供開始が発表されました。これらの新しいアプリは、米国、英国、カナダのお客様に向けてロールアウトが開始されています。 これらのアプリと Microsoft Bookings、Outlook Customer Manager、MileIQ を組み合わせると、新たに顧客関係管理やビジネスの構築に役立つ 7 つの方法を活用できます。また、運転時に社用か私用かを管理者に代わって自動的に分類できる、新しいインテリジェントな機能が MileIQ に追加されます。 これらのアプリは新規顧客の獲得や既存の顧客の育成、請求や予定のスケジューリングの簡素化、走行距離の追跡などを 1 か所で行い、企業経営に役立てることができます。では詳細についてご説明しましょう。 ビジネスの成長を支援するツール Microsoft Listings、Microsoft Connections、Outlook…


ビジネスの保護とチームの活性化を実現する Microsoft 365 Business

(この記事は 2017 年 10 月 31 日に Office Blogs に投稿された記事 Empower your team and safeguard your business with Microsoft 365 Business の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、従業員数が 300 名以下の中堅中小企業に特化した新しい Microsoft 365 Business ソリューションの一般提供を、全世界同時に開始いたします。Microsoft 365 Business には、各種生産性ツールと共同作業ツールの Office 365 スイート、および Windows 10 PC、モバイル デバイス、アプリの企業情報を保護するデバイス管理およびセキュリティ ツールが含まれています。これは、IT 管理を簡素化するために設計された中堅中小企業向け統合ソリューションです。 さらに、中堅中小企業の成長と成功を支える Microsoft Bookings、Outlook Customer Manager、MileIQ に、新たに Microsoft Connections、Microsoft Listings、Microsoft Invoicing の 3 つのビジネス アプリが加わり、米国、英国、カナダの…


Office 365 でのフィッシング対策

(この記事は 2017 年 9 月 12 日に IT Showcase に投稿された記事 Microsoft thwarts phishing attempts with Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) サイバー攻撃、マルウェア、フィッシング詐欺は、日に日に巧妙さを増していますが、マイクロソフトはそれに対応するべく常に対策を講じています。Office 365 やその他のマイクロソフト テクノロジなどのセキュリティ フレームワークを継続的に改善し、脅威に対する検出、防御、対処を強化しています。Exchange Online Protection や Office 365 Advanced Threat Protection といったサービスでは、強力なフィッシング対策アルゴリズム、機械学習、異常検出などを駆使して、企業がメールによるフィッシング攻撃を阻止し、防御力を向上できるように支援しています。 マイクロソフトでは毎月 4,500 億件以上のメールを処理し、毎分 1,000 万件のスパム メッセージをブロックし、悪意のあるメール、スパム、マルウェアからユーザーを保護しています。Microsoft Office 365、Exchange Online Protection (EOP)、Office 365 Advanced Threat Protection (Office 365 ATP) は連動してサイバー攻撃を防御し、データや知的財産をリアルタイムに保護します。そのうえ、企業の生産性も維持されます。EOP と Office 365 ATP…


Office 365 Advanced Threat Protection の歩み

(この記事は 2017 年 10 月 19 日に Security, Privacy and Compliance Blog に投稿された記事 A Brief History of Office 365 Advanced Threat Protection の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 10 月は、全米サイバー セキュリティ意識向上月間 (英語) です。今回はこれを記念して、2015 年 6 月にサービスが開始された Office 365 Advanced Threat Protection (Office ATP) の驚異的な成長と成熟の経緯についてお話しします。ご存じのとおり、Office ATP は、ゼロデイ攻撃、標的型攻撃、その他の高度なマルウェアなど、巧妙化した未知の脅威から Office 365 エコシステム全体を保護するセキュリティ機能を備えています。先日こちら (英語) でお伝えしたとおり、Office 365 ATP で保護されている Office 365 ユーザーの数は、競合他社のユーザーをすべて合わせた数を上回っており、マイクロソフトのエンド ユーザー保護機能に十分な信頼性があることが証明されています。そこで、初回リリースからの Office 365…


Microsoft Ignite のまとめと Office 365 Advanced Threat Protection の機能の強化

(この記事は 2017 年 10 月 3 日に Security, Privacy and Compliance Blog に投稿された記事 Microsoft Ignite Session Recap and Feature Updates for Office 365 Advanced Threat Protection の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先日開催された Microsoft Ignite では、Office 365 Advanced Threat Protection (ATP) の魅力的な新機能の数々が発表されました。デジタル トランスフォーメーションに注力する多くの企業の皆様に向けて、マイクロソフトのインテリジェント セキュリティ グラフで取得した脅威シグナルを ATP で効果的に活用するさまざまな機能をご紹介しました (図 1)。この脅威シグナルは、10 億台を超える Windows デバイス、180 億以上の Bing Web ページ、4,500 億回に上る Azure ユーザー認証、200…


中堅中小企業の働き方改革を支援する 「Microsoft 365 Business」本日より提供開始

Microsoft 365 全製品ラインアップのご提供を通して        全てのお客様の働き方改革を強力に支援   日本マイクロソフトは、中堅中小企業の皆様の働き方改革も強力に支援させて頂くべく、中堅中小企業向け働き方改革統合ソリューション「Microsoft 365 Business」を本日11月1日より提供開始致します。 働き方改革の波は日本政府の方針とも相まって中堅中小企業にも拡がる中、多くの企業がITリソースの不足に直面しており十分な取り組みが出来ていない現状があります。しかし、日本を真に働き方改革により活性化するには、日本に380万社ほど存在する中堅中小企業の皆様の働き方改革の実現が欠かせません。日本マイクロソフトは「Microsoft 365 Business」の提供により、中堅中小企業の働き方改革を強力に支援します。 Microsoft 365 Business の提供開始によりMicrosoft 365の全製品ラインアップが出そろい、パートナー様とともに全てのお客様の働き方改革を強力に支援して参ります。   Microsoft 365 全製品ラインアップ Microsoft 365 Enterprise :チームワークと創造力を高めることで「より一層活躍する働き方」を実現する史上最高のセキュアな統合インテリジェントソリューション Microsoft 365 Business :セキュリティの心配やIT管理に煩わされることなく「より一層活躍する」働き方を実現する中堅中小企業のお客様向け統合ソリューション Microsoft 365 F1(Firstline worker):お客様の最初の接点となり最前線で働く人々の働き方改革を支援する統合ソリューション Microsoft 365 Education :安全なICT教育環境を実現し教育機関の働き方改革を支援する統合ソリューション 待望の中堅中小企業向け働き方改革統合ソリューション “ Microsoft 365 Business “ 簡易なIT管理で働き方改革をセキュアに実現 Microsoft 365 Businessは、これまでマイクロソフトがご提供してきたOffice 365、Windows 10、EMSといった製品において、中堅中小企業の働き方改革実現に特に必要な機能セットをカスタマイズしてご提供することで、セキュリティの心配やIT管理に煩わされることなく、“社員がもっと活躍できる働き方”を実現できる統合ソリューションになっています。 従来、働き方改革を進める一歩として大半の企業が在宅勤務やリモートワークを検討されますが、同時に課題となるのが自宅や外出先での情報漏洩対策です。 やはりセキュリティが担保されないと柔軟な働き方を許可するのが難しいのはどの企業でも同じです。しかし、個別にグループウェアやセキュリティツールを導入するとなると、コストも導入・運用不可も高くなり結局改革を進められない、という企業が多いのが実態です。 Microsoft 365 Businessは、このような壁を一気にクリアし働き方改革を実現することが可能になっています。 直ぐに始められる、新しい働き方 Microsoft 365 Businessを利用すると、社員の潜在能力を引き出しどこからでも生産性の高い業務を遂行することが可能になります。コラボレーションにより生まれた新しいアイデアが事業の成長に繋がる、また柔軟な働き方は採用面でも強力な武器になります。 ■チームメンバーとのスムーズに連携…


Visio Online と Visio の新しいクラウド技術で創造力を引きだす

(この記事は 2017 年 10 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Visio Online and Visio’s new cloud innovations help you unlock creativity の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトは、オーランドで開催された今年の Microsoft Ignite (英語) にて、クラウドファースト テクノロジに重点を置いた、Microsoft 365 ソリューションの新しい拡張機能の数々を発表しました。その中の 1 つである Visio Online は、モダン ワークスタイルでの従業員の創造力をさらに引きだすマイクロソフトの新しいソリューションです。商用ユーザー向けの年間契約では 1 人あたり月額 5 ドルで使用することができます。 Visio のユーザー層を拡大 今日のインフォメーション ワーカーが求めるのは、シンプルながらも優れた視覚化機能です。Web ベースの軽量な作図ツールである Visio Online は、図の作成、編集、オンラインでの共有が可能で、新たな方法で場所を選ばずに情報を視覚化したいというユーザーのニーズに応えます。また Visio Online で作成した図は、ライセンスの有無にかかわらず企業内のあらゆる人が閲覧できるため、重要な図についてのフィードバックを主要な関係者全員から得ることができます。 Visio Online には、ユーザーの多様な用途に合わせた、基本フローチャート用のスターター図面、プロセス図、タイムライン、ビジネス マトリックス、SDL…