Office 365 による共同作業、分析、データ セキュリティを活用してレースを制する

(この記事は 2016 年 11 月 15 日に Office Blogs に投稿された記事 Racing ahead with collaboration, analytics and data security using Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Renault Sport Formula One Team の結束を 強める   今回は、Renault Sport Formula One Team の IS 開発マネージャーを務める Mark Everest 氏による寄稿記事をご紹介します。 F1 レースは、1,000 分の 1 秒単位でしのぎを削る世界です。最適な性能を発揮するため、やれることはすべてレース前日にやっておきます。数千にも上るデータ ポイントを確認して、タイヤ圧やサスペンションの計測値、空力装置やエンジン設定まで、あらゆる調整を行います。また、レース中はピット クルーがリアルタイム情報を確認しながら追加の修正を行います。このとき、チーム一丸となって手際よく作業を行い、数秒後にはドライバーを再びコースに送り出さなくてはいけません。 私たちは、この “ピット クルー” の精神を全社に広めています。目標は、俊敏性に優れた結束の固い企業です。レースの勝敗を分ける数秒を切り詰めるために時間と情熱を注ぎ、不要な手順やコミュニケーションの遅延によって時間を無駄にすることのないように取り組んでいます。効率を高め、データを最大限に活用し、全社での共同作業をスムーズに行うため、Microsoft Office 365 E5…


最新の SharePoint ドキュメント ライブラリのファイル管理を更新

(この記事は 2017 年 1 月 11 日に SharePoint Blog に投稿された記事 Updating File Management for SharePoint Modern Document Libraries の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 先日、SharePoint と OneDrive 間でのファイルのコピーと移動について発表しましたが、この機能がさらに拡充され、SharePoint チーム サイト内、チーム サイト間、チーム サイトから OneDrive for Business、OneDrive for Business ライブラリ間でファイルのコピーができるようになります。 最新のファイル管理は、最新のドキュメント ライブラリ (英語) 向けに作成されています。SharePoint 内でファイルを選択すると、コマンド バーに [Copy to] オプションが表示されます。[Copy to] では、Microsoft Graph のインテリジェンスを利用することで、最も頻繁に使用するサイトが表示されると共に、フォローしているサイトを閲覧できるオプションが表示されます。最新のコピーおよび移動では、メタデータは保持したまま、単一のファイル、複数のファイル、またはフォルダー全体をコピーすることができます。 ファイル コピー先パネル この強化機能は 2017 年 1 月中旬より先行リリースが提供され、その後できるだけ早い段階で、全テナント向けに一般提供される予定です。ファイルの最大サイズは引き続き 50 MB に制限されます。2017…


Microsoft StaffHub のご紹介

(この記事は 2017 年 1 月 12 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft StaffHub is here! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 小売店、ホテル、レストラン、製造業など、サービス関連業界の現場で働く人々の数は、全世界で約 5 億人と言われています。このような従業員は通常、自分のオフィス、デスク、コンピューターを持たないため、1 日の業務において重要な情報にアクセスし、共有することが困難です。また手作業や古いツールを使用している場合が非常に多く、紙のシフト表を作成、印刷したり、掲示板に所狭しとメモを貼り付けたり、相次ぐ電話やテキスト メッセージに対応したりと、シフトの大半を面倒な作業に追われながら過ごしています。Microsoft StaffHub は、このような状況を打破するために誕生しました。 このたび、全世界で Microsoft StaffHub の一般提供が開始されました。Microsoft StaffHub は、従業員が 1 日の業務を管理できるように設計された Office 365 の新しいアプリケーションで、シフト管理、情報の共有、業務に関連する他のアプリやリソースへの接続を可能にします。 シフト管理 Microsoft StaffHub を使用すると、マネージャーはチームのシフト表を簡単に作成、更新、管理できるようになり、手間のかかっていた作業を効率化できます。 従業員は、Microsoft StaffHub モバイル アプリから直接すべてのシフト情報にアクセスすることができ、他の従業員と簡単にシフトを交換する機能も使用できます。今後は、仕事中にわざわざ休憩室に足を運んで、掲示板を確認する必要はありません。 マネージャーは、チームのシフト表を作成、更新、管理できます。 従業員は、モバイル デバイスで今後のシフトをひとめで確認し、他の従業員にシフトの交換を依頼することができます。 アプリのホーム画面には、今後のシフトの概要や、重要なメモが表示されます。また、同じ日にシフトに入っているメンバーを確認することもできます。この機能は、一緒に働く従業員を把握しておきたい場合や、シフトを交換したい場合に便利です。 都合が悪い場合は、簡単にシフトを交換したり、他の従業員にシフトを依頼したりできます。依頼は毎回マネージャーに転送され、その承認を受けた後、チームに最新情報と通知が自動的に送信されます。 情報の共有 Microsoft StaffHub を使用することで、マネージャーはポリシー ドキュメント、緊急の連絡、動画など、重要な情報をチームにすばやく配信できます。また、迅速かつ信頼性の高い方法でチーム メンバーに簡単なメッセージを送信できます。たとえば、従業員に「床に水がこぼれている」や「20 分後に地域担当 GM が到着する」などと通知する場合には、従業員の名前をタップして、メッセージを入力するだけです。従業員も、他の従業員またはワークグループ全体にメッセージを直接送信できます。…


クラウドでの共同作業を成功させる 3 つのテクニック

(この記事は 2017 年 1 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 3 techniques for successful cloud collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)                                         企業がクラウドの共同作業支援ソリューションを導入する目的として、生産性の向上、意思決定の迅速化、売上の増加などが一般的に挙げられます。しかし 2016 Connected Enterprise Report (英語) によると、驚いたことに IT グループの 4 社に 1 社は、クラウドでの共同作業の成果を、ビジネス目標が達成されたかどうかという観点で判断していません。ツールの実装のみで判断し、実際にソリューションがユーザーに活用されているかどうかを把握していないのです。 しかし、実装の有無は共同作業の前提条件にすぎず、それだけで成果を測るのは適切ではありません。従業員が実際にツールを使用していなければ、共同作業支援テクノロジに対する投資を 100% 回収することはできません。そのため、まずはユーザーの導入率を測定する必要があります。 導入促進のためにリソースを投入する価値は十分にあります。同レポートによると、共同作業支援テクノロジを完全に実装および導入した企業では以下のような成果を得られています。 意思決定の迅速化:85% の企業が、共同作業支援テクノロジの導入により、期待以上の成果が得られたと回答しています。 ビジネス プロセスの効率化:79% の企業が、共同作業支援テクノロジの導入により、期待以上の成果が得られたと回答しています。 顧客サービスの改善:86% の企業が、共同作業支援テクノロジの導入により、期待以上の成果が得られたと回答しています。 導入率を上げる 3 つのテクニック 実際に成果を得られたマイクロソフトのお客様の事例から、共同作業支援ツールの導入促進の 3 つのテクニックをご紹介します。企業によって内容は違えど、生産性と敏捷性が向上したという点は共通しています。 使い慣れたインターフェイスを選ぶ: ファッション グループの BCBGMAXAZRIAGROUP (BCBG、英語) では、使い慣れたインターフェイスを選択したことで、導入を無理なく進めることができました。…


Exchange Server Role Requirements Calculator 8.4 をリリース

(この記事は 2017 年 1 月 5 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Released: Exchange Server Role Requirements Calculator 8.4 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Exchange Server Role Requirements Calculator (英語) の更新版をリリースしました。 今回のリリースでは、バージョン 8.3 で導入された DAG 自動計算機能のバグを修正し、ReplayLagMaxDelay のサポートを追加しました。 ReplayLagMaxDelay の値 (既定値は 24 時間) を設定できるようになったほか、SafetyNetThreshold の値が ReplayLagTime と ReplayLagMaxDelay の合計以上の値に設定されるように更新されました。 その他の機能強化およびバグ修正については、リリース ノート (英語) をご確認になるか、更新版を直接ダウンロード (英語) してください。 引き続き、皆様からのフィードバックをお待ちしています。また、Exchange Server Role Requirements Calculator を使用して問題が生じた場合には、strgcalc@microsoft.com…


Exchange 用メッセージ プロファイル生成スクリプト v2.0 をリリース

(この記事は 2016 年 12 月 30 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Released: Exchange Generate Message Profile Script v2.0. の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Exchange コミュニティの皆様、こんにちは。 このたび、Exchange 用メッセージ プロファイル生成スクリプトのメジャー アップデートがリリースされました。今回のリリースでは、主に 2 つの機能強化を実施しました。 1 つ目は、複数のサーバーからデータを同時に収集するために、複数の「スレッド」(現時点では PowerShell ジョブ、将来のバージョンでは実行空間を検討中) を使用するようになった点です。これにより、複数のサーバーがサイト内に存在する環境でのデータ収集が大幅に高速化されます。ただし、以下の点に注意してください。 各スレッドは、それぞれ RBAC に完全に準拠したローカルの Exchange サーバー (既定のサーバー) への接続を作成します。各セッションは RBAC に準拠した IIS ベースの PowerShell プロキシを使用するため、スクリプトを実行しているサーバーの CPU 使用率は、起動中の複数のスレッドだけでなく、各スレッドと接続されている IIS サービスによっても増加します。 完全な Exchange Server 上で実行される場合、既定では、サーバー上の CPU コア数の約 1/4…


多様化するグループ共同作業を体験

(この記事は 2016 年 12 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 When it comes to group collaboration, one size doesn’t fit all の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 共同作業の方法は日々進化しています。プロジェクト、ワーク スタイル、役割分担はチームごとに異なり、従業員の働き方も多様化しているため、包括的な共同作業ツールが必要とされています。新しい共同作業の形が求められる中、新たなコミュニケーション、モビリティ、クラウド サービスが登場し、これまで不可能だった方法でのコミュニケーションや共同作業が実現しています。 体験型オンライン イベントの特徴 90 分間の各セッションで、参加者はまずオンライン ディスカッションで訓練を受けたファシリテーターと共にお客様の主なビジネス課題について話し合い、その後クラウドの環境に移動します。最新テクノロジが満載の環境へご自身のデバイスをリモート デスクトップで接続し、マイクロソフトのツールがお客様の課題を解決していくようすを直接ご確認いただけます。 参加するメリット このインタラクティブなオンライン セッションでは、以下の内容について学ぶことができます。 最新の共同作業ツールである Microsoft Teams の特徴: スレッド構造の常設チャットにより、チーム メンバー全員が常に会話に参加できるようにする。 チームワークを実現するためのハブを作成し、他の Office 365 アプリと連携させる。 チャネル、コネクタ、タブ、ボットを使用して、それぞれのチームに合わせてカスタマイズされたオプションを作成する。 絵文字、GIF、スタンプを使用してチーム内で個性を発揮する。 生産性と情報の安全性を維持する方法: ワークフローを阻害することなく、安全に作業し、コンプライアンスを維持することを容易にします。 複雑なデータを迅速に視覚化、分析する方法: BI のエキスパートに頼らずに、必要なデータやインサイトに焦点を当てます。 コンテンツをすばやく共同編集して共有する方法: 他のユーザーが編集やレビューの最中でも、同じドキュメントにアクセスして編集することが可能です。 生産性を即座に向上させる方法: ほとんどの参加者は、セッションで時間短縮スキルを習得することにより、数日で…


有料メール サービスへの切り替えの決め手となる 6 つのサイン

(この記事は 2016 年 12 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 6 signs your company has outgrown its free email solution の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 無料のメール ソリューションは、会社の設立当初は便利なものです。しかし、ビジネスが成長するにつれ、無料のメール サービスの機能では不十分になり、より高度なソリューションが必要になります。このタイミングはどのように判断すればよいでしょうか。成長中の会社のビジネス メール要件は、小規模なスタートアップの要件とは大きく異なります。利用しているのが Outlook.com でも他のプロバイダーであっても、無料のサービスが十分ではなくなったことを示す共通のサインがあります。 以下は、メール ソリューションがビジネスの成長を妨げないように、今 (または将来的に) 知っておきたい 6 つの重要なポイントです。このいずれかに該当するようなら、無料のメール ソリューションから有料のソリューションへの移行を検討すべきタイミングです。 セキュリティ: セキュリティ侵害が起きた場合や、その恐れがある場合は、エンタープライズクラスの強力なセキュリティ機能を提供する高度なソリューションが必要です。 ストレージ: ストレージの上限に達したら、当然のことながらアップグレードする必要があります。有料ソリューションによる大容量データ ストレージを利用できるのであれば、ストレージ容量を理由にメールを削除したり、メールの使用方法を変更したりする必要はありません。 ツール: 一般的な無料のメール ソリューションでは、受信トレイやユーザーを管理する堅牢なツールは提供されません。有料ソリューションでは、幅広いユーザー管理機能や豊富な受信トレイの管理ルールを利用できるため、受信トレイの管理の手間を省き、より多くの時間をビジネスの管理に充てることができます。 メールをビジネス クラスに アップグレード 有料のホスト型メール ソリューションのメリットは、無料サービスにはない高度な セキュリティ機能と使いやすさです。 電子ブックを入手 (英語) ドメイン名: ビジネス用メールにカスタム ドメインを使用することは、プロフェッショナルな印象を与えるのに不可欠です。たとえば、「yourname@yourcompany.com」の方が「yourcompany@domain.com」よりも信頼できます。無料のカスタム メール アドレスなどもありますが、多くの場合、ホスト会社がお客様のデータやその他の情報にアクセスする可能性が高く、セキュリティ上の脅威にさらされることになります。…