OneNote Class Notebook の更新: 保護者の読み取り専用アクセスと共同作業スペースのアクセス許可が可能に

(この記事は 2017 年 4 月 19 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote Class Notebook updates include read-only parent or guardian access and Collaboration Space permissions の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) この 1 年間、OneNote チームは教師の皆様にご協力いただき、教育現場における OneNote Class Notebook の活用方法に関してご意見を伺ってきました。そのたびに、教師や生徒の皆様が、創意工夫を凝らし意欲的にツールを活用している姿勢に感銘を受けています。教師の皆様は口々に「OneNote の利用で時間を有効活用でき、授業での共同作業が活発になる」と述べ、保護者の皆様も、子供の学習の進捗を確認するために、OneNote について詳しく知りたいと考えていることがわかりました。 このたび、教師、管理者、保護者の皆様から特に多く寄せられたご要望にお応えし、OneNote Class Notebook に以下の 4 つの新機能を追加しました。 保護者による Class Notebook へのアクセス (読み取り専用リンク): コンテンツ ライブラリと生徒の個人用ノートブックへの読み取り専用リンクを、教師がすばやく簡単に生成できるようになりました。保護者がリンクをクリックすると OneNote Web App が開き、生徒のノートブックを表示できます。また、教師は必要に応じてこれらのノートブックへのリンクを簡単に削除することができます。この新機能には、Class Notebook の [Manage notebooks] セクションからアクセスできます。ただし、学校側が Office 365 サイトへのゲスト アクセスを有効にしている必要があります。詳細については、こちらのページをご覧ください。 保護者のアクセス…


Office Online Server の 2017 年 4 月の更新

(この記事は 2017 年 4 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Office Online Server April 2017 release の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Office Online Server (OOS) の 2 回目のメジャー アップデートがリリースされました。今回のリリースでは、Windows Server 2016 がサポートされたほか、複数の機能強化が実施されました。企業のお客様は OOS を利用して、自社のデータセンターから、ブラウザー ベースの Word、PowerPoint、Excel、OneNote、その他の Office Online の機能を社内ユーザーに提供することができます。 今回のリリースでは、多数のご要望が寄せられていた Windows Server 2016 が正式にサポートされ、Windows Server 2016 を実行している場合にも OOS をインストールできるようになりました。ぜひ OOS の最新バージョンをご利用いただき、最高のエクスペリエンスを実現してください。 また、今回のリリースにおける機能強化は以下のとおりです。 PowerPoint Online での共同編集のパフォーマンス向上 Word Online での数式表示 Word…


Office 365 ProPlus に関する更新

(この記事は 2017 年 4 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 ProPlus updates の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 商業マーケティング チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Ron Markezich の記事をご紹介します。 Office 365 ProPlus は、マイクロソフトの主要なエンタープライズ アプリをクラウドに接続し、常に最新の状態を維持できるようにしたサービスです。今回は、ProPlus に関する 3 つの重要な更新をお知らせいたします。1 つ目は Office 365 のシステム要件の変更、2 つ目は Windows 10 に合わせた ProPlus の更新モデルの変更、3 つ目は ProPlus アプリケーションの互換性を管理するための新しいツールとプログラムについてです。 Office 365 のシステム要件の変更 Office 365 ProPlus は Office 365 サービスを活用するうえで最適なプランです。IT 部門には、最も安全性が高く包括的な生産性アプリが提供されます。また、アプリはクラウドに接続されており、常に最新の状態が維持されるため、新しいセキュリティ機能、新しいテレメトリ、新しい管理機能によって継続的に強化されます。エンド…


OneNote— 1 つの学校に 1 つのソリューションを

(この記事は 2017 年 4 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote—one school, one stop の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Hillsborough 郡の公立学校で能力開発コーディネーターを務める Michelle Moore 氏の寄稿記事をご紹介します。 生徒の成長にはフィードバックが欠かせませんが、教師にも同じことが言えます。そうは言っても、学校管理者は多忙のため、各教室を回り、すべての教師に有意義で効果的なフィードバックをすぐに行う時間はなかなか取れません。 私は、能力開発コーディネーターとして、Hillsborough 郡の初等から高等教育を行うすべての学校で、教師の成長のためにどのようなサポート システムが構築されているのかを調査しています。ほぼすべての学校に共通している課題は、教師の数に対して管理者の数が少なく、管理者が運営上の問題解決に時間を取られていることです。それぞれの教師に有意義なフィードバックができている管理者はほとんどいません。 このような課題は、マイクロソフトのソリューションで解決できます。 昨年、One-to-One コンピューティング (1 人に 1 台デバイスを支給するプロジェクト) の試験校に Bellamy 小学校が選ばれました。教師と管理者のグループで生徒を支援するこのプロジェクトは、大成功を収めました。テクノロジの利用によって生徒の成績が向上するのを目の当たりにして、感動を覚えました。 それだけでなく、新学期が始まる前、生徒たちがデバイスを手にしていないときにも、驚くようなできごとがありました。 OneNote Staff Notebook の導入 Bellamy 小学校の Lazarus 校長と Seits 教頭は、教師どうしのコミュニケーションをもっと円滑にし、協力体制を整えたいと考えていました。多くの教師が授業で OneNote を使用する予定だったため、教職員向けの Staff Notebook を作成することにしました。共同作業用スペースとコンテンツ ライブラリへのアクセス許可を活用し、教師たちに Class Notebook アドインでさまざまな資料を積極的に配布してほしいと考えたのです。 また、教師側からは、Staff…


SharePoint ロードマップの Access Services に関する更新

(この記事は 2017 年 3 月 27 日に Office Retirement Blog に投稿された記事 Updating the Access Services in SharePoint Roadmap の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) SharePoint の Access Services は当初、インフォメーション ワーカーと開発者の両方が、ほとんどもしくはまったくプログラミングなしで、データ中心型の Web アプリケーションをすばやく作成できるようにするという使命の下に開発されました。しかし、この数年間でお客様のニーズは拡大し、モバイル デバイスのサポート、基幹業務 (LOB) データとの統合、プロフェッショナルな開発者向け拡張機能といった Access Services で提供できる機能を上回る機能が求められるようになりました。 こういった不足している機能を補完する方法を調査した結果、デスクトップとモバイル デバイスでコーディング不要のビジネス ソリューションを作成する方法として、Microsoft PowerApps の開発作業に力を注ぐことが最善であると判断しました。PowerApps は、包括的なアプリケーション開発ツール、カスタム Web API への接続に加えて、SharePoint リスト、SQL Azure データベース、Common Data Service、サードパーティのデータ ソースといった幅広いデータベース オプションを提供します。 Access Services は Office 365 において廃止されるため、今後新規のアプリを作成する場合、この機能の使用は推奨されません。2017 年 6 月に SharePoint Online での Access ベースのアプリの新規作成を終了し、2018…


Microsoft Forms に教師向け新機能を追加

(この記事は 2017 年 4 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 New educator-focused features in Microsoft Forms の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マイクロソフトは、いつでも教師の皆様の声に耳を傾けています。Microsoft Forms (英語) の一般提供が開始されて以来、授業で Forms をご利用の教師の皆様から、新機能へのご要望を非常に多く頂いていました。そしてこのたび、教師と学生の皆様に向けて、共同作業やカスタマイズ性を強化する 3 つの新機能を追加しました。 OneNote にフォームを埋め込む OneNote Class Notebook をご利用で、学習過程における評価をシームレスに統合したいと考えている教師の皆様からは、Forms と OneNote の統合を望む声が多く挙がっていました。今回のリリースでは、わずか 2 つの手順を踏むだけで、フォームを OneNote Online に埋め込めるようになりました。まず、OneNote の [Insert] メニューで [Forms] をクリックし、[Forms for OneNote] ウィンドウでフォームを選択します。 OneNote に埋め込むフォームを選択 次に、選択したフォームを OneNote に埋め込みます。詳細については、OneNote Online にフォームを挿入する方法のドキュメントを参照してください。 OneNote…


SharePoint が最新の Forrester Wave™ の評価でエンタープライズ コンテンツ管理部門の「リーダー」に

(この記事は 2017 年 4 月 7 日に Office Blogs に投稿された記事 SharePoint evaluated as a Leader in latest edition of The Forrester Wave™: Enterprise Content Management の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Forrester Research によるエンタープライズ コンテンツ管理のビジネス コンテンツ サービスに関する最新の評価レポート「The Forrester Wave™: Enterprise Content Management — Business Content Services, Q2 2017」において、SharePoint が「リーダー」に選出されました。Forrester は次のように評価しています。 マイクロソフトは、SharePoint Online を中心にクラウド上のコンテンツの統合を実現しています。SharePoint 2016 のリリースや、Office 365 と SharePoint Online への継続的な投資は、企業がコンテンツのクラウド…


2017 年 4 月の更新: Excel 2016 の Get & Transform と Power Query アドイン

(この記事は 2017 年 4 月 6 日に Office Blogs に投稿された記事 April 2017 updates for Get & Transform in Excel 2016 and the Power Query add-in の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Excel 2016 は Power Query テクノロジを基盤としてデータを迅速かつ容易に収集し整形するための機能群を備えていて、[Data] リボンの [Get & Transform (機械翻訳)] セクションからアクセスできます。 このたび、多くのお客様からのご要望を受け、新しいデータ変換および接続性に関する機能が 5 つ発表されました。 これらの更新は Office 365 サブスクリプションの一部として提供されます。Office 365 をご利用の方は、最新機能を入手する方法をご確認ください。Excel 2010 または Excel 2013 をご使用の場合も、最新の Power Query for…


Office 365 の 2 月の最新情報まとめ: インテリジェント サービスの新機能および機能強化

(この記事は 2017 年 2 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 news in February—new and improved intelligent services の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 2 月は、クラウド ベースのインテリジェント サービスに関して、いくつかの機能強化が行われました。これらのサービスにより、機械学習や高度なアルゴリズムを用いて魅力的なエクスペリエンスを提供し、時間の節約、生産性の向上、洗練された質の高いコンテンツの作成を可能にします。サービスを利用されるお客様の増加に伴い、今後も技術革新に向けて機能強化を重ね、有益な推奨機能をお届けできるように取り組んでいきます。 PowerPoint の QuickStarter でプレゼンテーションの制作を支援 PowerPoint で QuickStarter がご利用いただけるようになりました。9 月に発表したとおり、QuickStarter はプレゼンテーションの制作過程を一変させ、まっさらな状態から簡単にアイデアを形にできます。トピックを入力するだけで、緻密に練られたアウトライン、推奨されるカテゴリ、さらに調査すべき情報、Creative Commons (英語) ライセンス付きの関連画像が提示されます。QuickStarter の実際の動作をご覧いただき、どのようなことができるのかをご確認ください。 PowerPoint の QuickStarter でプレゼンテーションの制作を支援 提供状況: QuickStarter は、Office 365 サブスクリプションをお持ちの Office…


セキュリティとコンプライアンスを監視する新しい Office 365 Management Activity API を発表

(この記事は 2015 年 4 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the new Office 365 Management Activity API for security and compliance monitoring の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 情報保護チームのパートナー グループ プログラム マネージャーを務める Nagesh Pabbisetty の記事をご紹介します。 IT 環境が急速に進化する中、BYOD によるアクセス、クラウド移行の加速、複数のクラウド パートナーと連携する企業の増加といったトレンドが生まれています。こうしたトレンドに伴い、企業の IT セキュリティに対する全般的なアプローチにおいてデータへのアクセスを監視する重要性が高まっています。 現在 Office 365 では、サービス管理者がさまざまな方法でトランザクション データを取得でき、どの方法でも Office 365 のトランザクションを把握できます。Office 365 のサービス運用をさらに透明化するために、イベントの種類の追加、より詳細なイベント レコードの提供、すべてのユーザー イベント、管理者イベント、運用イベントの個人およびトランザクションごとのログに対する一貫したスキーマの実現に向けて継続的に取り組んでいます。加えて、Office 365 サービス スイート全体への実装を可能にし、OAuth v2 に対応する…