Exchange Server 2016 の Active Directory フォレストの機能レベルについて


(この記事は 2016 10 27 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Active Directory Forest Functional Levels for Exchange Server 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

2016 年 9 月のリリースに関するブログ記事 (英語) の中で、Windows Server 2016 で Exchange Server 2016 を使用する際の記述についてわかりづらい点がありました。「Windows Server 2016 で実行されるドメイン コントローラーは、フォレストの機能レベルが Windows Server 2008R2 またはそれ以降の場合にサポートされる」という箇所です。誤解を防ぐためにこの記事の詳細を明確にお伝えします。

質問 1: Exchange Server 2016 をデプロイする場合、フォレストの機能レベルが 2008R2 またはそれ以降の Active Directory 環境が必要なのですか。

回答: いいえ。Exchange Server 2016 はフォレストの機能レベルが 2008 またはそれ以降の環境でサポートされています。

質問 2: Windows Server 2016 を実行しているサーバーに Exchange Server をインストールする場合、フォレストの機能レベルが 2008R2 またはそれ以降の Active Directory 環境が必要なのですか。

回答: いいえ。Windows Server 2016 への Exchange Server 2016 のインストールはフォレストの機能レベルが 2008 またはそれ以降の Active Directory 環境でサポートされています。

質問 3: この記事で説明されている実際の要件について教えてください。

回答: 環境内に Exchange 2016 が存在し、Exchange で使用されているドメイン コントローラーが Windows Server 2016 を実行している場合は、フォレストの機能レベルが 2008R2 またはそれ以降である必要があります。

これまでのところ、ドメイン コントローラーがデプロイされている OS 環境が最新状態である場合、最高レベルの信頼性、安全性、機能性が得られ、デプロイメントの障害となることはありません。

質問 4: フォレストの機能レベルが 2008R2 またはそれ以降の環境が必要な理由について教えてください。

回答: Active Directory の機能レベルを新しくする場合は、古い OS で実行されているドメイン コントローラーを削除する必要があります。マイクロソフトでは、新しい暗号化標準などを含む最高レベルのセキュリティ設定を合理的な範囲でできるだけ Exchange Server に実装することを目指しています。Windows Server 2008 は現在、マイクロソフト要件やお客様が求める要件の最低基準を満たしていません。最新バージョンの Exchange Server と Windows Server をデプロイすることは、エコシステム全体のセキュリティを向上させることにつながります。マイクロソフトでは、このような前提条件や要件の下で Exchange Server の機能が正常に動作することを目標としています。このような最新のセキュリティ標準の要件を Exchange Server で満たすために、古い標準の使用を制限しています。

質問 5: フォレストの機能レベルが低いままのドメイン コントローラーで Windows Server 2016 を使用している場合、Exchange Server 2016 をインストールしようとすると Exchange のセットアップ にブロックされますか。

回答: 現時点ではセットアップ ブロックはありません。この前提条件は必須ではなく、ポリシーでのみ強制適用されます。Windows Server 2016 環境でドメイン コントローラーを使用していてフォレストの機能レベルが最低基準に達していない場合、Exchange Server 2016 のサポートが必要なお客様には根本的な原因を取り除くために機能レベルを上げるようにお願いすることがあります。

質問 6: Exchange Server をインストールして Exchange をセットアップする場合、機能レベルが 2008R2 以降のフォレストを使用する必要がありますか。

回答: Exchange Server 2016 をデプロイする場合、Cumulative Update 7 ではサポート対象となるフォレストの機能レベルは 2008R2 以降となります。Active Directory サーバーの移行や停止を実施する際には、計画やデプロイにある程度の時間がかかります。Cumulative Update 7 では、2008R2 以降のフォレストの機能レベルが必須となります。Cumulative Update 7 は、初回発表から 1 年後の 2017 年第 3 四半期にリリースされる予定です。

Exchange 要件の完全なリストについては、こちらの TechNet の記事を参照してください。

Exchange チーム

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content