Microsoft Teams の概要: Office 365 のチャットベースのワークスペース


(この記事は 2016 11 2 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing Microsoft Teams—the chat-based workspace in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 11 月 2 日に、ニューヨークで開催されたイベントにおいて、マイクロソフトは Office 365 の新しいチャットベースのワークスペース、Microsoft Teams を発表しました。Microsoft Teams は、チームが簡単に共同作業を行い、より多くの成果を達成できるように、他のユーザー、会話、コンテンツ、必要なツールにまとめてアクセスできるようにする、まったく新しい体験を提供します。Microsoft Teams は、使い慣れた Office アプリケーションとシームレスに統合されており、Office 365 のグローバルで安全なクラウドにゼロから構築されています。11月2日より、Office 365 Enterprise または Business プランをご利用の法人のお客様を対象として、日本および日本語を含む、181 か国、18 の言語で Microsoft Teams のプレビュー版の提供が開始されます。製品版の一般提供開始は 2017 年第 1 四半期を予定しています。

マイクロソフトは、すべての個人とすべての組織が、より多くのことを達成できるように支援するという企業ミッションに全力で取り組んでいます。そして、この目的の中核を成すのは、クラウドとモバイルの世界に対応するように生産性に変革をもたらすことです。Microsoft Teams が開発された背景には、従業員やチームが業務を遂行する方法が大幅に変化し、それに伴って多大なビジネス チャンスが生じたことが挙げられます。コミュニケーションや情報が絶えず流れてくるように、チームの敏捷性は向上し、組織構造は平面化しました。マイクロソフトは、Microsoft Teams を通じて、よりオープンなデジタル環境を実現することを目指しており、チーム メンバー全員が常に最新情報を把握できるように、チーム全体で作業を視覚化、統合、アクセス可能にします。

Microsoft Teams が優れた業績を挙げるチーム向けのデジタル ワークスペースとなるように、マイクロソフトは以下の 4 つの重要なメリットを実現します。

今日のチーム向けのチャット

1 つ目に、Microsoft Teams は、今日のチーム向けの最新の会話エクスペリエンスを実現します。Microsoft Teams では、チーム メンバー全員が常に会話に参加できるように、スレッド構造の常設チャットをサポートしています。既定では、チームの会話はチーム全体に表示されますが、もちろん会話を非公開にすることも可能です。また、Skype for Business との緊密な統合により、チームは音声会議やビデオ会議に参加できます。さらに、各ユーザーがデジタル ワークスペースで絵文字、スタンプ、GIF、カスタム ミームを使用して個性を発揮することもできます。

scsho-1st

チームワークを実現するためのハブ

2 つ目に、Microsoft Teams はチームワークを実現するためのハブの役割を果たし、Office 365 のフル機能を活用することできます。Microsoft Teams には、Word、Excel、PowerPoint、SharePoint、OneNote、Planner、Power BI、Delve がすべて組み込まれており、ユーザーはすべての必要な情報やツールにすぐにアクセスできます。また、Microsoft Graph を利用したインテリジェント サービスは、ワークスペースのあらゆる場所に表示され、関連性の高い情報の表示、発見、共有を支援します。さらに、Microsoft Teams の基盤となっている Office 365 グループは、クロスアプリケーションのメンバーシップ サービスで、共同作業支援ツールを簡単かつスムーズに切り替えられるように、それまでの会話を維持して、他のユーザーとの共有を可能にします。

scsho-2nd

それぞれのチームに合わせてカスタマイズ可能

3 つ目に、すべてのチームは異なるため、マイクロソフトはユーザーがさまざまな方法でワークスペースをカスタマイズできるように重点的に取り組んでおり、一般提供の開始時にリッチな拡張 API やオープン API を公開します。たとえば、タブを使用すると、よく使用するドキュメントやクラウド サービスにすばやくアクセスすることができます。また、Microsoft Teams は Exchange と同じコネクタ モデルを採用しており、Twitter や GitHub などのサードパーティ サービスの通知やアップデートを受信することができます。さらに、チーム環境でファーストパーティおよびサードパーティのインテリジェント サービスを利用できるように、Microsoft Bot Framework の完全なサポートを追加しています。

scsho-3rd

また今回、開発者が Microsoft Teams を拡張できる Microsoft Teams Developer Preview プログラムを発表 (英語) しました。一般提供開始時には初期パートナーの Zendesk、Asana、HootSuite、Intercom をはじめ、150 社を超えるパートナー製品との統合が予定されています。このプログラムは、ユーザーが求めているカスタマイズや、開発者コミュニティが Microsoft Teams と統合するために必要とするツールやサポートを提供する取り組みへの第一歩です。

チームが信頼できるセキュリティ

4 つ目に、Microsoft Teams は、Office 365 のお客様が期待する高度なセキュリティおよびコンプライアンス機能を提供します。データは、通信時にも保存時にも暗号化されます。マイクロソフトの他の商用サービスと同様に、顧客データへの常時アクセスを禁止する透明性の高い運用モデルが採用されています。Microsoft Teams は、EU モデル条項、ISO 27001、SOC 2、HIPAA などの主要なコンプライアンス基準に準拠しています。また、お客様が期待されるとおり、Microsoft Teams は他の Office 365 サービスと同様に、ハイパースケールのグローバルなデータセンター ネットワークから提供されており、Office 365 に自動的にプロビジョニングされて一元管理されます。

scsho-4th

Office 365 ユニバーサル ツールキットに Microsoft Teams を追加

今回、世界中のユーザーや企業の多様なニーズに対応する共同作業支援アプリケーションおよびサービスの広範なポートフォリオに Microsoft Teams が追加されます。8,500 万人の月間アクティブ ユーザーの皆様にご利用いただいて明らかになったことは、共同作業に関するニーズはグループごとにすべて異なるということです。Office 365 は、あらゆるグループの独自のワークスタイルに対応するように設計されており、互いに緊密に統合された多数の目的別のアプリケーションが含まれています。

  • Exchange は、企業向けメールの分野で不動のリーダーの地位を確立しており、Gartner の調査 (英語) によると、「クラウド メールを使用し収益が 100 億ドルを超える企業の 80% のシェアを占めている」という結果が出ています。
  • SharePoint は、20 万社を超える企業と 1.9 億人を超えるユーザーが利用しているイントラネットおよびコンテンツ管理ソリューションです。
  • Yammer は、Fortune 500 企業の 85% が企業間での対話に利用している仕事用のソーシャル ネットワークです。
  • Skype for Business は、リアルタイムの音声通話、ビデオ通話、会議を実現し、1 か月に 1 億件を超える会議をホストしています。
  • Office 365 グループは、クロスアプリケーションのメンバーシップ サービスで、共同作業支援ツールを簡単かつスムーズに切り替えられるようにします。

今すぐ Microsoft Teams をご利用ください

初期プライベート プレビューにご参加いただいたお客様には、Microsoft Teams のメリットを実感いただいています。「Office 365 の Microsoft Teams の早期利用を行った結果、これは当社が求めていたデジタル コックピットだと考えるようになりました」と、Accenture の CIO を務める Andrew Wilson 氏は述べています。本日よりパブリック プレビューの提供が開始され、管理者は Office 365 管理センターで Microsoft Teams を有効にすることができます。Microsoft Mechanics の動画 (英語) で Microsoft Teams の実際の動作をご覧になり、ぜひご利用を開始してください。

—Kirk Koenigsbauer

よく寄せられる質問

Q. Microsoft Teams はどの Office 365 プランで利用できますか。

A. Microsoft Teams は、Business Essentials、Business Premium、Enterprise E1、E3、E5 のいずれかのプランをご利用の Office 365 の法人のお客様がご利用になれます。また、提供終了までに E4 を購入されたお客様もご利用になれます。

Q. Office 365 管理者が Microsoft Teams のプレビュー版にアクセスするにはどうすればよいですか。

A. Microsoft Teams を有効にするには、Office 365 管理センターにアクセスし、[Settings] > [Services & Add Ins] > [Microsoft Teams] の順にクリックします。

Q. Microsoft Teams が対象となるすべての Office 365 のお客様に提供される時期を教えてください。

A. 2016 年 11 月 2 日より、対象の Office 365 の法人のお客様に向けて Microsoft Teams のプレビュー版の提供が開始されます。このサービスの一般提供開始は、2017 年の第 1 四半期を予定しています。

Q. Microsoft Teams でサポートされているプラットフォームを教えてください。

A. Microsoft Teams は Windows、Mac、Android、iOS と Web プラットフォームで動作します。

Q. Microsoft Teams でサポートされているセキュリティおよびコンプライアンス レベルを教えてください。

A. リリース時には、Microsoft Teams は Office 365 Tier C に準拠する見込みです。この広範なグローバル コンプライアンスおよびデータ保護要件には、ISO 27001、ISO 27018、EUMC、SOC 1 (Type I & II)、SOC 2 (Type I & II)、HIPAA、FERPA が含まれています。また、Microsoft Teams では、2 要素認証、Active Directory を利用したシングル サインオン、通信中および保存中のデータの暗号化が行われます。

Q. Office 365 管理者が Microsoft Teams について学習するうえで役立つトレーニングはありますか。

A. マイクロソフトは、IT 管理者向けに現在 2 種類のトレーニングをご用意しています。トレーニングをご覧いただくには、Microsoft Virtual Academy (英語) の Web サイトにアクセスしてください。Microsoft Teams の詳細については、Microsoft Mechanics (英語) の動画および Microsoft Teams Tech Community (英語) をご覧ください。

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content