Office 365 グループにゲスト アクセス機能を導入


(この記事は 2016 9 8 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing guest access for Office 365 Groups の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

業務を進めるうえでは、往々にしてお客様やパートナー、サプライヤーや社外コンサルタントとの緊密な連携が求められるため、それを可能にする共同作業用のツールが必要となります。このたび、Office 365 グループでは、新たなゲスト アクセス機能が利用できるようになりました。Office 365 グループは、Office 365 を用いるチームに単一の ID を提供するグループ メンバーシップ サービスです。今回の新しいゲスト アクセス機能を利用すると、社外のユーザーを Office 365 グループに追加することができます。

ゲスト アクセス機能は段階的に提供されます。今回は、グループ所有者が Outlook on the web でゲストをグループに追加できるようになりました。グループに追加されたゲストには「ようこそ」メールが送信され、SharePoint Online のグループ ファイルにアクセスしたり、グループ宛のメール メッセージや予定表の招待状を受信したり、Web 上の Office や Outlook グループ モバイル アプリケーションでグループにアクセスできるようになります。また、クラウドベースの添付ファイルにも自動的にアクセスできます。ゲストはいつでもグループを脱退でき、あらゆるメンバーがグループ内でのゲストの参加状況を Outlook でひとめで把握できます。

Office Groups GIF

ゲスト アクセス機能は、企業向けドメインや個人向けドメイン (Outlook.com、Gmail.com など) を含むあらゆる電子メール アカウントで利用できます。ゲストがその電子メール ID で Microsoft アカウント (Office 365 や Outlook.com のアカウントなど) を取得済みの場合は、サインイン ページで本人確認が求められます。ゲストが Microsoft アカウントを取得していない場合は、サインアップ ページでアカウントの作成が必要になります。

関連情報

Microsoft Ignite で Office 365 グループの最新情報を入手

アトランタで 9 月 26 日~ 30 日に開催される Microsoft Ignite イベント (英語) では、「ファイアウォールを越えて共同作業を可能にする Office 365 グループ」セッションにて Office 365 グループのゲスト アクセスについて詳しく取り上げる予定です。各セッションは、イベント終了後にオンラインで配信されます。イベントで予定されている Office 365 グループ関連のセッションについては、こちらの Sway (英語) に一覧をまとめましたので、ご確認ください。

—Christophe Fiessinger (@cfiessinger) (Office 365 グループ チーム、シニア プログラム マネージャー)

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content