Atkins 社: Office 365 E5 により、すべての従業員がデータを利用できるように根本的なデジタル化を図る


(この記事は 2016 8 3 日に Office Blogs に投稿された記事 Democratizing data—
Atkins goes digital by default with Office 365 E5 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、設計、エンジニアリング、プロジェクト管理を手掛けるコンサルティング企業、Atkins 社の CIO 兼最高デジタル責任者 (CDO) を務める Richard Cross 氏の寄稿記事をご紹介します。

Akins pro pixAtkins は「根本的にデジタルな企業」を目指しています。私にとって、それはテクノロジを使用して人と情報をつなぐというだけでなく、速いペースで柔軟にテクノロジをテストできることを意味します。

当社の戦略の重要な要素として、従業員たちがセルフサービスですばやく適切に意思決定を行えるように、Microsoft Office 365 の最新かつ最も包括的なバージョンである E5 スイートに投資してきました。いくつものメリットに興味をそそられましたが、私にとって最も魅力的だったのは Microsoft Power BI でした。部門間の壁を取り払い、中核的な企業データを最大限に活用し、従業員個人の効率性を向上させることを目指す当社の取り組みにおいて、Power BI は中心的な役割を果たすと考えています。

Atkins には、世界最長距離を無人運転で運行するドバイの地下鉄の設計、洋上風力発電業界の変革、国際空港の近代化など、複雑なエンジニアリングの問題に対して革新的なソリューションを提供してきた歴史があります。私たちは、この革新の精神を社内の隅々にまで浸透させています。しかし、当社のようなグローバル企業にとってそれは決して簡単なことではありません。世界規模の協力体制を実現するためには、世界中どこででも機能するテクノロジ システム、従業員が情報を簡単に共有して相互につながることのできるツールを採用する必要があります。従業員に新機能を提供するために、何か月も費やすわけにはいきません。新機能を即座に利用できるようにする必要がありました。

当社の従業員は、業務レポートが作成されるまで待つのではなく、単一の統合ビューによってビジネスをあらゆる角度から把握し、そのデータを先回りで利用したいと考えていました。Power BI を使用すると、個々の従業員がセルフサービスでインテリジェンスにアクセスし、データを最も有用な形で自由に分析できるほか、分析したインサイトをインタラクティブな視覚化機能によって簡単に表示、共有することができます。私は、社内のだれもが利用できる機能を重要視しており、従業員がデータにアクセスして検証できるようにすることは、当社が重視するイノベーションに直結すると考えています。

また、データに基づいて意思決定を行えるようになれば、既存のリソースと専門知識を活用して、もっとすばやく行動に移すことができます。当社では、すべての従業員が Power BI を利用できるようにして、企業全体の可能性を最大限に引き出し、機動力を備えた新しい世界を実現しています。

Office 365 には、私たちが求めているビジネスの機動力を実現し、より迅速に行動するために役立つ機能が他にも多数用意されています。たとえば、Yammer のエンタープライズ ソーシャル ネットワークを使用すれば、クライアントが抱える問題をクラウドソーシングで解決したり、ハッカソンでアイデアを出し合ったり、革新的なテクノロジを使用して従業員とクライアントの両方に向けて価値を創出する方法について、多様なグループと議論したりすることができます。

また、当社では E5 によって Skype for Business の用途を拡張し、この単一のソリューションを音声通話、ビデオ通話、会議、インスタント メッセージングのすべてに利用しています。完全なクラウド ベースのコミュニケーションに移行すると、コストを削減でき、従業員のデスク上の機器を減らせるといった明確なメリットがあるほか、マイクロソフトによって今後もこのプラットフォームに新機能が追加されることで、継続的にメリットを得られます。また、Skype for Business の機能をフルに活用する真の価値は、完全なモビリティをサポートしている点にあります。当社のコンサルタントの多くは長時間外出していますが、Skype for Business を使用すれば、世界中どこにいても生産性と効率性を維持することができます。

それどころか、Office 365 は Atkins のあらゆる従業員のワークスタイルに変革をもたらしています。デスクにいなくても、さらにはオフィスにいなくても仕事ができるようになったのです。当社の従業員は Office 365 を利用して同僚やクライアントとつながり、業務に役立つ新たなインサイトを引き出していると共に、当社のイノベーション ハブ、クライアント コミュニティ、ビジネスを成功に導くためのコミュニティ、ビジネスに変化をもたらすリーダーのネットワークも活用しています。さらに、Microsoft SharePoint Online を使用してチーム サイトをすばやくセットアップし、世界各地の従業員と共同作業を行い、Microsoft OneDrive for Business を使用して情報を共有しています。

当社は、2020 年までにクラウド移行を完了させることを目指しています。これにより、オンプレミスのインフラストラクチャを廃止し、競合他社との真の差別化を図るために創造力を結集して取り組めるようになります。Office 365 を利用することで、当社は集合知と経験を活かし、必要に応じてクライアントの知識と経験を組み合わせて、以前よりも大幅に短い時間で革新的なソリューションを開発することに成功しました。私たちは Atkins がどのような未来を迎えられるのか、そしてマイクロソフトや Office 365 とどのような関係を築いていけるのか、非常に楽しみにしています。マイクロソフトは製品を絶えず進化させ、私たちに付加価値をもたらしてくれます。これは、私たちがクライアントのために取り組んでいることとまったく同じです。マイクロソフトのそうした努力を通じて、今後も継続的にメリットが得られることを大いに期待しています。

—Richard Cross

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content