無料の会議ツール「Skype Meetings」を発表


(この記事は 2016 7 5 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing free Skype Meetings の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

Announcing a free offer for Skype Meetings 1b

マイクロソフトはこのたび、新しい無料のオンライン会議ツールである Skype Meetings を発表しました。このツールをご利用いただくと、中堅中小企業のお客様がリアルタイムの音声/HD ビデオ会議を実施できます。Skype Meetings は、会議中に画面やコンテンツを共有するなどの共同作業支援機能を備えています。

Skype Meetings のご利用方法については、以下のビデオをご覧ください。

Skype Meetings をご利用いただくと、会議の設定と、参加者が会議に参加するための専用 URL の共有をすぐに行うことができます。会議中、参加者はインスタント メッセージ (IM) を送信したり、画面や PowerPoint プレゼンテーションを共有したり、レーザー ポインターやホワイトボードの機能を使用したりして、関心を引き付け生産性を高めることが可能です。また会議の開催者向けの機能として、話に耳を傾けてもらうために参加者の音声をミュートにできるなど、ビジネスで会議を取り仕切るうえで役立つ機能もご用意しています。

米国でビジネス用のメール アドレスをお持ちで、Office 365 を導入されていない企業のすべての方が対象となります。こちらの皆様は、www.skype.com/meetings (英語) から無料の Skype Meetings にサインアップしていただけます。サインアップ後、最初の 60 日間は参加者 10 名まで、期間経過後は参加者 3 名までの会議を設定できます。会議に必要なのは、インターネット ブラウザー、マイク、スピーカー、カメラを備えたデバイスだけです。これらは多くのデバイスに搭載されています。

Skype for Business を含む Office 365 ビジネス サブスクリプションをご契約いただいているお客様の場合は、さらに充実したオンライン会議機能をご利用いただけます。たとえば、参加者 250 名までの大規模なグループ会議を実施する機能や、組織内のすべてのユーザーに、会議中だけでなく、いつでも IM を送信できる機能などがあります。さらに、Skype for Business は他の Office 365 アプリと統合されているため、Outlook の予定表から Skype 会議を設定したり、同僚のプレゼンスを確認したり、IM や音声/ビデオ会話を Outlook、Word、PowerPoint などのアプリから開始したりすることができます。

go.skype.com/meetings (英語) にアクセスして、無料の会議を今すぐご利用ください。

—Andrew Sinclair (Skype for Business 担当ゼネラル マネージャー)

Blog 公開時点 (2016 7 5 ) ではこちらのプレビュー展開は米国のみです。日本を含む米国以外の展開予定については未定です。(https://www.skype.com/en/meetings/ (英語))

※ 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content