イントラネットを持ち運び可能に: iOS 向け SharePoint モバイル アプリの提供を開始


(この記事は 2016 年 6 月 21 日に Office Blogs に投稿された記事 Your intranet in your pocket—the SharePoint mobile app for iOS is now available の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

先月、マイクロソフトは SharePoint の未来に向けた新しいビジョンを発表し、このたび iOS 向け SharePoint モバイル アプリを新たにリリースしました。今すぐインストールして、場所を問わずにイントラネットに接続することができます。外出先でも、イントラネットの重要なコンテンツ、サイト、ポータル、ユーザーにいつでもアクセスできます。このたび公開したアプリは、モバイル性に優れた SharePoint の取り組みにおける第一歩であり、このアプリを基盤としてさらなる開発を継続してまいります。それでは、詳細についてご説明しましょう。

以下の Microsoft Mechanics の動画では、SharePoint エンジニアリング チームの主任グループ プログラム マネージャーを務める Andy Haon が SharePoint モバイル アプリの詳細についてご説明します。

SharePoint モバイル アプリ

新しい SharePoint モバイル アプリでは、チーム サイト、企業ポータル、リソースにすばやくアクセスしたり、同僚が作業しているコンテンツを把握したりして、仕事を滞りなく進めることができます。また、このアプリでは Microsoft Graph のインテリジェンスを活用し、Office 365 のアクティビティに機械学習を適用することで、関連するドキュメントや周囲の人々とユーザーとをつなぎます。SharePoint モバイル アプリは、Office 365 の SharePoint Online、オンプレミスの SharePoint Server (2013 および 2016)、ハイブリッド環境と連携します。iPhone でアプリを起動すると、SharePoint の資格情報を使用してサインインするように求められます。このアプリでは、複数のアカウントを簡単に切り替えることが可能です。

[Sites] タブ: よくアクセスするサイトやフォローしているサイトのリストが表示されます。サイトをタップすると、最近のアクティビティ、最近使用したファイル、サイトの資産 (ドキュメント、リスト、サブサイト、ページなど) を確認できます。また、サイトを共有することも可能です。チーム サイトをタップすると、SharePoint モバイル アプリのネイティブのレンダリング機能によって、サイトの要素がすぐに見栄えよく表示されます。

SharePoint モバイル アプリは他の Office アプリとも関連付けられています。たとえば、[Recent files] ピボットで Office ドキュメントをタップすると、対応する Office モバイル アプリに移動します。同様に、チーム サイト内で SharePoint ドキュメント ライブラリにアクセスすると、iOS 向け OneDrive モバイル アプリに移動して、Office 365 に保存されているすべてのファイルを表示、共有、検索、管理できます。これら 2 つのアプリが連携するしくみの詳細については、こちらのページ (英語) をご覧ください。

 the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-1  the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-2  the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-3
メインの [Sites] タブ タップしてチーム サイトに移動 すべてのチーム サイトに移動可能

[Links] タブ: 社内の全従業員向けに作成されたサイトやポータルに移動できます。これらのサイトやポータルは、Office 365 の SharePoint ホームで SharePoint 管理者が選択します。お客様が応答性の高いモバイル対応ポータルの作成に力を注いできた場合は、このアプリでその成果が十分に発揮されます。マイクロソフトもまた、すべての新しいエクスペリエンス (Office 365 の SharePoint ホーム、Microsoft Delve、Office 365 Video など) において既定で優れたモバイル性と応答性を実現できるように、最優先事項としてレスポンシブ デザインに取り組んでいます。

the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-4 the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-5 the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-6
メインの [Links] タブ サンプルの [Contoso Web]ポータル サンプルの [Office 365 Video]ポータル

[People] タブ: 同僚が作業しているコンテンツを把握できます。社内ネットワークから同僚を検索して表示し、ユーザーをタップすると、連絡先カードが表示されるほか、Office 365 が提供するインテリジェンスに基づいて、作業しているコンテンツや一緒に作業しているユーザーを確認できます。

 the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-7  the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-8
メインの [People]
タブ
[People] の
連絡先カード

検索: アプリ全体で利用可能な検索機能により、サイト、ファイル、ユーザーによって結果をフィルタリングして、見やすく表示できます。SharePoint モバイル アプリで検索を実行すると、エンタープライズ検索に接続されるため、イントラネット全体、SharePoint チーム サイト、企業ポータル、アクセス権限のある OneDrive for Business フォルダーからコンテンツやユーザーを見つけられるほか、Microsoft Graph によるおすすめコンテンツも表示されます。

the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-9 the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-10 the-SharePoint-mobile-app-for-iOS-is-now-available-11
ファイル、サイト、ユーザーを検索 ファイルの
検索結果
サイトの検索結果

 

SharePoint モバイル アプリの利用を開始する方法の詳細および技術サポート情報については、こちらのページ (英語) をご覧ください。

今後の展望

iOS 向け SharePoint モバイル アプリは、モバイル性に優れた SharePoint の取り組みにおける第一歩にすぎません。マイクロソフトは、このアプリを基盤としてさらなる開発を継続し、今年後半に予定されている全社的なニュースや発表のサポートなど、アプリの機能強化を引き続き提供してまいります。さらに、Android 向け SharePoint モバイル アプリと Windows ユニバーサル アプリについても、年内のリリースを予定しています。

マイクロソフトでは、皆様からのご意見やアイデアをお待ちしております。アプリ内の Shake、SharePoint の UserVoice (英語) への投稿や投票、Twitter アカウント (@SharePoint および @Office365) 宛てのツイートを利用して、ご意見をお聞かせください。皆様からのフィードバックを参考にして、持ち運び可能なイントラネットの最適なエクスペリエンスを継続的に提供してまいります。

Mark Kashman (SharePoint チーム、シニア プロダクト マネージャー)

よく寄せられる質問

Q. SharePoint アプリはオンラインとオンプレミスの両方の環境で使用できますか。

A. はい。Office 365 の SharePoint Online、SharePoint Server 2013 または 2016、ハイブリッド展開のいずれをご利用の場合でも、SharePoint アプリからお客様の環境に接続できます。

Q. SharePoint モバイル アプリでは、どの認証方法がサポートされますか。

A. 各種の認証方法がサポートされているほか、モバイル デバイス管理 (MDM) とモバイル アプリケーション管理 (MAM) にも対応する予定です。そのため、ご利用開始の段階から、IT 部門にとってはデバイスやアプリケーションのセキュリティが確保され、ユーザーにとっては使いやすいアプリが提供されます。詳細については、SharePoint モバイル アプリのサインイン オプション (英語) をご確認ください。

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content