Outlook 2016 for Mac に新しいエディターが登場


(この記事は 2016 年 5 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 New editor coming to Outlook 2016 for Mac の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

Outlook 2016 for Mac に新しいエディターが導入されました。これは、Outlook 2016 for Mac に対するご要望の中で、書式設定のサポート強化を望む声が最も多かったためです。今回から新しいエディターを基礎として、今後の更新では、表 (英語) のサポートを行うなど、継続的な機能強化を実施してまいります。

では、今回強化された機能をご紹介しましょう。

画像のサイズ変更と書式設定

メール本文に画像を挿入すると、新しく導入されたサイズ変更ハンドルと回転ハンドルが表示されます。これらのハンドルを操作して、キャンバス上の画像のサイズ変更や回転を行います。また、コンテキスト メニューを開いて [Size and Position] オプションを選択すると、下図に示すダイアログから手動でサイズを設定できます。画像編集コントロールがすべて表示される作業ウィンドウを開くには、エディター内の画像をダブルクリックします。

New-editor-coming-to-Outlook-2016-for-Mac-1b

New-editor-coming-to-Outlook-2016-for-Mac-2b

リッチな書式設定のサポート

Outlook 2016 for Mac の新しいエディターでは、フォント、フォントの色、行頭文字、番号付きリストといったさまざまな書式設定を行えるほか、フォントの編集やハイパーリンクのダイアログで高度な設定もできます。これらは [Message] タブのお馴染みのコントロールとしてリボンに配置されています。予定表、連絡先、タスク、メモ、署名のメニューからアクセスすることもできます。

New-editor-coming-to-Outlook-2016-for-Mac-3b

これらの機能は、5 月中旬にロールアウトされる予定です。また、Office Insider プログラムにサインアップすると、Office の新しいイノベーションをいち早くお試しになれます。今回ご紹介した機能の使用方法については「Outlook 2016 for Mac でメール メッセージを書式設定する (機械翻訳)」をご覧ください。

今後について

次期リリースに向けて、引き続きこの新しいエディターを改善してまいります。この中には表 (英語) のサポート追加も含まれます。特定の機能についてご要望がございましたら、UserVoice フォーラム (英語) までぜひお寄せください。

—Outlook チーム

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content