新しい「Meet the Microsofties」プログラムを通じて教師や生徒の皆様とつながる


(この記事は 2016 年 5 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 Connecting with teachers and students through our new “Meet the Microsofties” program の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

今回は、OneNote および Wunderlist エンジニアリング チームの教育機関担当コーポレート バイス プレジデントを務める Eran Megiddo の記事をご紹介します。

マイクロソフトは教育機関のお客様を全面的に支援しています。私たちのミッションは、世界中の生徒の皆様がより多くのことを達成できるように支援することです。この目標を実現するために日々尽力し、OneNoteSwaySkypeMinecraft (英語)Microsoft Classroom (英語) といったイノベーションを生み出すことで、教師の皆様の業務を簡素化し、成功につながるツールを生徒の皆様に届けられるように取り組んでいます。皆様のご要望にお応えし、サポートしていくためには、現場の声に耳を傾け、授業で必要とされていることを把握することが不可欠です。

「Meet the Microsofties」プログラム

このたび、マイクロソフトの従業員と世界中の生徒や教師の皆様をつなげる新たなコミュニティ活動「Meet the Microsofties (英語)」を発表しました。Microsoft Educator Community (英語) による Skype in the Classroom (英語) プログラムを通じて、生徒の皆様の声が教育機関向けのマイクロソフト テクノロジの未来を形作ります。Skype を通して、日常的に使用しているツールを開発しているチームとつながってみませんか。マイクロソフトのテクノロジを現在どのように利用しているか、満足している点や不満に感じている点は何か、今後どのような機能を追加してほしいかなど、ぜひご意見をお聞かせください。このプログラムは、生徒の皆様が STEM 教育の重要性について学び、IT 分野のキャリアについて直接話を聞ける大きなチャンスでもあります。

Connecting-with-teachers-and-students-1パキスタンのクラスとの Skype 通話

Connecting-with-teachers-and-students-image-2昨年 12 月の Skype-a-Thon (英語) において、
マイクロソフト ワールドワイド エデュケーション担当 VP の Anthony Salcito とつながる韓国の生徒

 

マイクロソフトの従業員とすぐにつながる 5 つのステップ

  1. つながりたいマイクロソフト グループを決定します。現時点で対応しているチームと製品を一覧にしていますが、今後さらに拡充していく予定です。
  2. Microsoft Educator Community (英語) に登録します。登録済みの場合は、サインインします。
  3. Microsoft Educator Community の Skype in the Classroom ページから Meet the Microsofties (英語) ページに移動し、希望のチームを探します。たとえば、Sway チームのランディング ページは こちら (英語) です。
  4. カレンダーから日時を選択して送信します。
  5. マイクロソフト チームからご連絡を差し上げます。そこから Skype 通話をセットアップできます。

Connecting-with-teachers-and-students-3

マイクロソフトの従業員との Skype 通話

通常、Skype 通話の実施時間は 20 ~ 30 分程度です。マイクロソフトの従業員 (英語) は、生徒の皆様がテクノロジのどのような点を気に入っているのか、どのような点に不満があるのかなど、皆様のクラスから、製品に関するご意見、製品の改善に関するご提案などをお伺いしたいと思っています。マイクロソフトは世界中のクラスからフィードバックを収集し、教師や生徒の皆様が重視する点に基づいてソフトウェアを強化したいと考えています。製品に関するフィードバックを頂くだけでなく、皆様の疑問にも喜んでお答えします。STEM 分野の仕事について、キャリア パス、最新のテクノロジ ニュースに関する見解など、マイクロソフトの従業員 (英語) に何なりとお尋ねください。

Skype を通じて世界中のクラスからご意見を伺い、生徒の皆様がより多くのことを達成できるようなソリューションの開発に役立ててまいります。

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content