Sway でより魅力的なストーリーを作成可能に。ビデオの追加、表示方法のカスタマイズ、サポート言語の拡大を実現


(この記事は 2016 年 4 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Add videos, choose your viewing experience and tell your story in more languages on Sway! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

先月新たな機能が追加され、Microsoft フォトのアルバムから Sway を直接作成し、Living Images を使用して写真に躍動感を与えられるようになりました。皆様から継続的にお寄せいただいているフィードバック (英語) を基に、数週間かけて Sway の作成を簡易化し、閲覧者をさらに引き付ける機能を追加しました。

Sway にビデオを追加

企業のニュースレター、旅行ブログ、学級活動などのさまざまな場面で、最もダイナミックにメッセージを伝えることができるのがビデオです。そこで今回、OneDrive、OneDrive for Business、YouTube、およびユーザーのデバイスに保存されているビデオを Sway に追加できるようにしました。Office 365 または Microsoft アカウントを使用している場合、[Insert] タブをクリックして [OneDrive]、[YouTube]、[Upload] のいずれかをドロップダウン メニューから選択し、使用するビデオを選択するだけで追加できます。

ビデオを埋め込む場合 (英語) でも YouTube、Vimeo、Vine などのサポート対象サイト (対象サイトは拡大中です) から簡単に行うことができます。[Cards] タブで [Embed] カードを選択し、ビデオの埋め込みコードを貼り付けると、ビデオが他のコンテンツと並んで見やすく表示されます。[Video] カードまたは [Embed] カードで [Subtle]、[Moderate]、[Intense] のいずれかのオプションを選択すると、このビデオをどの程度目立たせて表示するかを指定できます。

Sway の表示に関するエクスペリエンスを強化

Sway で重要な点は、デバイスや方法を選ばず、見栄えよく表示できることです。そこで、Sway のナビゲーション方法を選択する機能がリリースされました。まず [Play] を選択して表示モードに変更し、次に [the icon that lets you change your navigation layout] をクリックします。ここでは、Sway を水平方向、垂直方向、または使い慣れているプレゼンテーション モードで表示するように選択できます。ユーザーの皆様は、プレゼンテーションやレポート、ストーリーの見せ方にそれぞれこだわりをお持ちですが、この機能なら Sway でのエクスペリエンスをカスタマイズできるので、非常に便利です。

また、Sway を全画面表示しているときに写真をインタラクティブに操作できるようにしてほしいというご要望にお応えして、エクスペリエンスを向上させる複数の機能強化を実施しました。Web アプリWindows アプリiOS アプリのいずれで使用している場合でも、全画面表示の際、タッチ操作またはキーボードやマウスによる操作で写真を拡大したり、写真グループ間を移動したりできます。下の「Art + Film Institute」というタイトルの Sway では写真のコレクションが表示されますので、どうぞお試しください。

新たに 14 の言語をサポート

Sway チームは、ご好評いただいている本製品を、世界のより多くの方々にお使いいただけるよう、利用範囲の拡大に鋭意取り組んでいます。先月、新たにアフリカーンス語、アルバニア語、アムハラ語、アゼルバイジャン語、ベラルーシ語、英語 (英国)、フィリピン語、ハウサ語、アイスランド語、カンナダ語、スワヒリ語、マケドニア語、ウズベク語、ベトナム語に対応しました。各プラットフォームで使用可能なすべての言語のリストは、Sway のサポート技術情報 (英語) に掲載されています。

Sway の改良に向けて、ぜひフィードバック (英語) をお寄せください

—Sway チーム

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content