SharePoint: モバイル性に優れたインテリジェントなイントラネットの実現


(この記事は 2016 年 5 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 SharePoint—the mobile and intelligent intranet の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

多くの企業にとって、イントラネットは情報の発信源であり、従業員が企業のニュースや情報を入手し、ユーザーやコンテンツを検索できる場所として活用されています。

マイクロソフトは、イントラネットをさらにパーソナライズし、必要な時にいつでもどこでも利用できるものにしたいと考え、このたびモバイル性に優れたインテリジェントなイントラネットを発表しました。オンプレミスと Office 365 の両方で利用可能で、デスクトップやスマートフォンなど、あらゆるデバイスから生産性向上に役立つ SharePoint チーム サイト、広範に情報を発信する発行サイトや発行ポータル、ミッション クリティカルなビジネス アプリケーションのすべてにアクセスできます。また、Office Graph の活用により、ユーザーが情報を検索するのではなく、必要な情報がユーザーに自動的に提示されます。

先日開催されたイベント「The Future of SharePoint」では、SharePoint に関するマイクロソフトのビジョンについて詳しくご説明したほか、新しい SharePoint モバイル アプリ、Office 365 の新しい SharePoint ホーム、最新のチーム サイトと Office 365 グループの統合、応答性の高いページ作成機能、ドキュメント ライブラリおよびリストの更新といったイノベーションをご紹介しました。また、SharePoint と、Microsoft PowerApps および Microsoft Flow の統合についても発表しました。私たちはイントラネットを進化させ、外出先でも簡単にアクセスできるようにすると共に、インテリジェンスを活用し、あらゆるサイトのアクティビティ、一緒に仕事をしているユーザー、作業しているコンテンツに基づいて、パーソナルなエクスペリエンスが提供されるように取り組んでいます。

以下の Microsoft Mechanics シリーズの動画では、SharePoint エンジニアリング チームの主任グループ プログラム マネージャーを務める Adam Harmetz が、モバイル性に優れたインテリジェントなイントラネットの実際の動作をご紹介しています。

それでは、新機能を詳しく紹介していきましょう。

イントラネットを持ち運び可能に

SharePoint モバイル アプリ

SharePoint モバイル アプリにより、外出先でも社内イントラネットを利用して、いつでも重要なコンテンツ、サイト、ポータル、ユーザーにアクセスできます。

スマートフォンでも SharePoint をフル活用しましょう。この新しいアプリも Office Graph のインテリジェンスを活用したもので、各自にとって最も重要なユーザーやコンテンツにすばやくアクセスできるように設計されています。

  • [Sites] タブ: 最近アクセスしたサイトやフォローしているサイトが表示され、サイト内の最新のアクティビティを確認したり、サイド リンク バーからコンテンツにアクセスしたり、最近使ったファイルを参照したりできます。
  • [Links] タブ: 社内の全従業員向けに作成されたサイトやポータルが表示されます。
  • [People] タブ: 一緒に仕事をしているユーザーのページにアクセスし、そのユーザーが作業しているコンテンツを把握できます。
  • アプリ全体で利用可能な検索機能により、サイト、ファイル、ユーザーによって結果をフィルタリングして、見やすく表示できます。

SharePoint-the-mobile-and-intelligent-intranet-1Windows、iOS、Android 向けの SharePoint モバイル アプリ

ユーザーは、オンラインとオンプレミスで複数のアカウントを使用し、アカウントを簡単に切り替えることができます。

SharePoint モバイル アプリは最初に iOS 向けにリリースされ、その後 2016 年後半には Windows と Android 向けに提供されます。また、今後予定されているアプリの更新により、ご利用のデバイスで企業のニュースや発表を確認できるようになります。

Office 365 SharePoint ホーム

新しい SharePoint ホームは、Office 365 で提供される SharePoint Online でサイトをすばやく検索したり、作成したりできるスペースです。SharePoint モバイル アプリと同様に、SharePoint ホームでは、生産性向上に必要な場所、情報、ユーザーを容易に検索、発見できます。

起動方法は簡単です。Office 365 のアプリ起動ツールから [SharePoint] タイルをクリックします。このタイルは [Sites] から名称変更されたものですが、ロゴは以前と同じです。刷新された、応答性の高いモダンなユーザー エクスペリエンスにより、インテリジェンスに基づく情報とサイト アクティビティが見やすい場所に表示されます。

SharePoint ホームを開くと、最もよく使用するサイトとポータルが表示されます。さらに、企業のイントラネット全体から、Office Graph が提案するおすすめのサイトや、会社側が推奨する全社サイトも表示されます。SharePoint ホームは、エンタープライズ検索のメイン ページです。左上の検索ボックスに入力すると、結果が直観的に整理され、見やすく表示されます。

SharePoint-the-mobile-and-intelligent-intranet-2Office 365 の SharePoint ホームには、Office 365 アプリ起動

ツールの [SharePoint] タイルをクリックしてアクセスできます。

アプリも SharePoint Online も 1 回のクリックまたはタップで利用できます。SharePoint モバイル アプリと SharePoint ホームは、SharePoint を活用するための新たな “入り口” です。マイクロソフトの目標は、任意のデバイスを使用してイントラネット全体の目的の場所にすばやく簡単に移動し、SharePoint および Office 365 内の各自にとって重要なサイト、コンテンツ、ユーザーの情報を把握できるようにすることです。

Microsoft Mechanics シリーズの新しい動画、「イントラネットを持ち運び可能に: SharePoint モバイル アプリの概要 (英語)」では、SharePoint エンジニアリング チームの主任グループ プログラム マネージャーを務める Andy Haon が、SharePoint モバイル アプリと SharePoint ホームの Web エクスペリエンスについて詳しく解説しています。

最新のチーム サイト

チーム サイトと Office 365 グループの統合: 1 つ目に、チーム サイトのホーム ページが新しくなりました。このページでは、自分に関係のある重要なコンテンツをすばやく検索、表示できます。チーム メンバーは、コンテンツやニュースを目立つ場所にピン留めできます。また、Office Graph のインテリジェンスにより、チーム メンバーはユーザーおよびコンテンツの最新のアクティビティを確認できます。チーム サイトのホーム ページは、チーム メンバーが仕事をする際の新たな出発点となり、新規および既存のチーム サイトに適用できます。

チーム サイトの作成もすばやく簡単に行えるようになりました。また、Office 365 グループのすべてのグループでは、SharePoint Online チーム サイトのフル機能を既定で使用できます。チーム サイトの作成時間については、数秒での完成を目指して大幅な改良を行いました。プロビジョニング フローの利用と機能の統合により、Azure Activity Directory (AAD) に Office 365 グループが作成されると共に、サイトの分類に応じたガバナンスおよびコンプライアンス統制が適用されます。

SharePoint-the-mobile-and-intelligent-intranet-3新しくなった SharePoint Online チーム サイトの

ホーム ページには、重要なドキュメントやサイト アクティビティが最も見やすい場所に表示され、

関連付けられた Office 365 グループとそのメンバーもひとめで確認できます。

SharePoint-the-mobile-and-intelligent-intranet-4同じチーム サイトに新しい SharePoint モバイル アプリからアクセスした画面

最新のドキュメント ライブラリ エクスペリエンス: 2 つ目に、ドキュメント ライブラリを紹介します。ドキュメント ライブラリは、チームのファイルを安全に作成、共有、整理できる場所であり、チーム サイトの中核を担う要素です。今回の更新では、何年にもわたってユーザーの皆様に使用されてきたコア機能をベースに、新しいユーザー エクスペリエンスと機能を追加することにより、Office 365 全体で一貫したファイルの操作性を実現すると共に、SharePoint ドキュメント ライブラリのすべての機能を維持しました。

チームがすぐに仕事に取り掛かれるようにすること、最も重要な情報を強調することを重視しています。

[Pin] をクリックすると、重要なドキュメントや動画などがすべてのユーザーのドキュメント ライブラリの最上部に表示され、見つけやすさが向上します。また、Office 365 ドキュメント ライブラリには、そのドキュメント ライブラリの外部に保存されているアイテムへのリンクを追加することも可能です。たとえば、別のドキュメント ライブラリや Web サイトのファイルやフォルダーへのリンクを追加できます。ドキュメント ライブラリにリンクを追加すると、そのライブラリのアイテム一覧にリンクが追加されます。Web を表す地球儀のアイコンが表示されるため、リンクされたアイテムであることがわかります。

アイテムの検索と管理に役立つように、列の並べ替えとフィルタリングもサポートされました。また、新たにリアルタイムの全文検索の結果をドキュメント ライブラリに直接表示できるほか、インラインでメタデータをすばやく管理できます。さらに、チームが OneDrive for Business からファイルを取り込んだり、ドキュメント ライブラリ間でファイルを発行したりする必要がある場合には、[Move to] または [Copy to] をクリックして、Office 365 の別の場所にファイルを移動またはコピーできます。このとき、同じファイルの不要なバージョンが生成されることはありません。

SharePoint-the-mobile-and-intelligent-intranet-5最新のドキュメント ライブラリの最上部にピン留めした2 つのドキュメントとリンク

SharePoint Online ドキュメント ライブラリの更新の詳細については、こちらの記事 (機械翻訳) を参照してください。

最新のリスト エクスペリエンス: 次に、SharePoint Online リストで構造化データを管理する方法を取り上げます。長年にわたり、リストはエンジニアリングのバグの追跡からイベント セッションの管理、チーム全員の T シャツのサイズ一覧の作成まで、幅広い用途に使用されており、データの共有や軽量のプロセスの構築に欠かせないツールになりました。

今回、リストも刷新され、ドキュメント ライブラリとの一貫性のあるデザインや操作性が採用されました。リストの主要な機能に変更はありません。今回の SharePoint Online リストの更新により、ユーザー エクスペリエンスが新しくなり、最新のドキュメント ライブラリとデザインや操作性が統一されます。最初に気付くのは、ページ最上部の変更です。よく使用されるリストのタスクがすぐに実行できるように配置されています。モバイル対応も大幅に強化され、あらゆるデバイスの最新のモバイル ブラウザーからリストを簡単に使用できるようになりました。新しい SharePoint モバイル アプリを利用すれば、快適にリストの操作を行えます。

Microsoft PowerApps および Microsoft Flow との統合を予定: その他に、Microsoft PowerApps および Microsoft Flow との統合の予定が先日発表 (英語) されました。いずれも、SharePoint Online のドキュメント ライブラリとリストに直接組み込まれ、特に外出先でのチームのプロセスの自動化に役立ちます。これにより、多くの時間を費やすことも、複雑な開発を行うこともなく、SharePoint と多種多様なデータ ソースを連携できます。

SharePoint-the-mobile-and-intelligent-intranet-6SharePoint Online リストで [Add flow] をクリックすると、

[Add a new flow] 画面から Microsoft Flow デザイナーに移動できます。

最新のページ エクスペリエンス: モバイル性に優れたインテリジェントなイントラネットの主軸となるのが最新のページ作成機能です。応答性が高く、インラインでスムーズに操作できるページ作成エクスペリエンスを使用して、出張報告書や新製品のリリース情報などのマルチメディア コンテンツを作成することができます。ページは、さまざまなソースから情報を収集し、伝達するうえで最適な手段です。今回、ページ作成エクスペリエンスが更新され、シンプルなコンテンツと強力な Web パーツを簡単に追加できるようになりました。作成したページは共有できるほか、Office Graph のインテリジェンスが適用されるため、他のユーザーが見つけやすくなります。また、最新のページは、あらゆる画面サイズのデバイスで見栄えよく表示されます。

SharePoint Online と新しい SharePoint モバイル アプリでの表示に対応する新しいレスポンシブ デザインによって、発行したポータルやページを刷新できます。簡単なブランド化、ページ レイアウト、編集を簡単に行えるほか、Azure Media を基盤とする動画のサポートや、最新の Web パーツによる拡張も可能です。今後は、すべてのチーム サイトで、本格的かつ洗練されたレポートやページをすばやく作成して発行できます。

SharePoint-the-mobile-and-intelligent-intranet-7-and-8チーム サイトで [Add a page] をクリックするだけで、ブラウザー内に最新のページ領域が作成されます。

Site Contents ページのサイト アクティビティ分析情報: SharePoint Online の Site Contents ページの設計が見直され、サイトの所有者、メンバー、訪問者がサイト内で発生するアクティビティを把握できるようになりました。Site Contents ページでは、最も閲覧されているコンテンツとサイト マップを確認できるほか、サイトに関するヒントも提供されます。これは、アクティビティや分析情報をサイト レベルで確認する機能と捉えることができます。さらに、更新された Site Contents ページでは、リスト、ドキュメント ライブラリ、サブサイト、アプリを簡単な操作で追加できます。新たに追加されたクイック ボタンをクリックすれば、よく使用されるアクションと、詳細なサイト設定にアクセスできます。

SharePoint-the-mobile-and-intelligent-intranet-9SharePoint Online の新しくなった Site Contents ページに[Site visits (サイトのアクセス数)] と

[Trending content (人気のコンテンツ)] が表示されます。

モバイル性に優れたインテリジェントなイントラネットのロードマップ

ご覧いただいたように、SharePoint チームでは卓越した新しいエクスペリエンスを提供すべく鋭意取り組んでいます。各自にとって重要なユーザーやコンテンツへのアクセスという、きわめて個人的なレベルのエクスペリエンスから、応答性の高いリッチなチーム サイトやアプリケーション、企業全体の共同作業とコンテンツ管理まで、イントラネット全体で作業の効率性を高めることを目指しています。

今四半期からロールアウトが開始される機能は以下のとおりです。

  • 最新のドキュメント ライブラリ エクスペリエンス (現在、先行リリース プログラムに参加されているお客様のテナントにロールアウト中)
  • iOS 向けの SharePoint モバイル アプリ
  • Office 365 の SharePoint ホーム
  • 最新のリスト エクスペリエンス
  • Site Contents ページに関するサイト アクティビティと分析情報の把握

また、2016 年中にロールアウトされる機能は以下のとおりです。

  • Windows および Android 向けの SharePoint モバイル アプリ
  • SharePoint サイトと Office 365 グループの統合
  • シンプルで高速なサイト作成機能
  • 最新のページ エクスペリエンス
  • チームおよび企業のニュースや発表の掲載
  • PowerApps および Microsoft Flow と SharePoint との統合

Nielsen Norman Group が主催する 2016 Intranet Design Awards (英語) でイントラネット デザイン アワードを受賞した 10 社のうち 9 社は、プラットフォームとして SharePoint を選択しています。イントラネットの更新や拡張を検討されているお客様には、皆様とチームの将来を支える必須要素として、自信を持って SharePoint をお勧めします。機能へのご要望やご意見については、Office 365 UserVoice (英語)、Twitter アカウント (@SharePoint および @Office365)、以下のコメント欄までお寄せください。皆様のフィードバックを参考に、これからも最適なエクスペリエンスを提供してまいります。

よく寄せられる質問

Q. 新しい SharePoint アプリの対応モバイル プラットフォームとリリース時期を教えてください。

A. 現在、Windows、Android、iOS 向けの SharePoint アプリを開発中です。iOS 向け SharePoint アプリは 2016 年前半にリリース予定です。その後、2016 年後半には Windows および Android 向け SharePoint アプリを提供する予定です。

Q. SharePoint アプリはオンラインとオンプレミスの両方で使用できますか。

A. はい。SharePoint アプリは、Office 365 の SharePoint Online、オンプレミス版の SharePoint 2013 または 2016、ハイブリッド展開のいずれの環境にも接続できます。

Q. Office 365 の新しい SharePoint ホームの提供開始時期と提供方法を教えてください。

A. 新しい SharePoint ホーム ページは数週間以内にロールアウトされます。まず、先行リリースのお客様から提供を開始し、その後全世界で運用環境向けにリリースする予定です。Office 365 のお客様のテナントで新しい SharePoint ホームが利用可能になると、Office 365 アプリ起動ツールの既存の [Sites] タイルが [SharePoint] タイルに変更され、メインのトップ ナビゲーションの表示が「Office 365 > SharePoint」になります。

Q. すべての Office 365 グループで SharePoint チーム サイトのフル機能を使用できますか。

A. はい。SharePoint ホームから新しいサイトを作成すると、タイトルの入力、適切な使用形態の分類と適切なメンバーの割り当てを求められます。サイトのプロビジョニング中にメンバーを追加すると、テナントの Azure Active Directory (AAD) に新しい Office 365 グループが作成されます。既存の Office 365 グループでも、SharePoint チーム サイトのフル機能を使用できます。

Q. SharePoint Online ドキュメント ライブラリでは、既定のエクスペリエンスを新しい表示とクラシック表示の間で切り替えることができますか。

A. はい。ユーザーおよび管理者向けの具体的な操作方法については、こちらの Office のサポート記事を参照してください。

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content