SharePoint の未来


(この記事は 2016 年 5 月 4 日に Office Blogs に投稿された記事 The Future of SharePoint の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、OneDrive および SharePoint チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Jeff Teper の記事をご紹介します。

このたび、サンフランシスコで開催されたイベント「The Future of SharePoint (英語)」において、新しいクラウド ファースト、モバイル ファーストのビジョンと SharePoint のロードマップに加えて、従業員、チーム、企業のお客様が場所やデバイスを問わずにコンテンツのインテリジェントな検出、共有、共同作業を行えるようにする最新の機能が発表されました。また、SharePoint Server 2016 の一般提供開始も発表されました。SharePoint Server 2016 の新しいハイブリッド機能により、オンプレミス環境のお客様は Office 365 で提供されているイノベーションを活用できるようになります。

SharePoint は 10 年以上にわたり、Booz Allen Hamilton (英語)Coles (英語)Marks & Spencer (英語) をはじめとするマイクロソフトのお客様から、チーム作業の効率化、ビジネス プロセスの自動化、ビジネス アプリケーションの開発、全社イントラネットの構築に利用されてきました。Office 365 の中核製品である SharePoint は、日常的に使用される他のアプリケーションとシームレスに連携するコンテンツ管理および共同作業支援機能を提供し、ドキュメントの作成や共同編集、チームでのミーティングや共同作業、ブレーンストーミング、分析、意思決定を支援しています。また、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスのためのガバナンス管理のほか、Office 365 グループ、Office Graph といった、Office 365 のスイート全体で提供される強力な機能とも統合されています。

現在、SharePoint は 200,000 社以上の企業のお客様にご利用いただいており、50,000 社以上のパートナー様と 100 万人の開発者から成る大規模なコミュニティにより、100 億ドル規模の SharePoint 関連ソリューション エコシステムが形成されています。

しかし、それだけではありません。マイクロソフトは「すべての人々とすべての組織がより多くのことを達成できるように支援する」という使命を果たすべく取り組んでいます。以下の動画では、CEO の Satya Nadella が生産性に革新をもたらすという目標における SharePoint の重要性をご説明しています。

「SharePoint、OneDrive、そして Office 365 スイート全体のさらなる進化により、コラボレーション、インテリジェンス、モビリティ、信頼性がよりいっそう強化された生産性ソリューションを提供してまいります」

—Satya Nadella

この記事では、以下の 4 つの分野のイノベーションについて、クラウドの SharePoint Online とオンプレミスの SharePoint Server のビジョン、現在の進捗状況、今後のロードマップをご紹介します。

  • デバイスを問わないシンプルかつ効果的なファイル共有および共同作業
  • 最新のチーム サイト、情報の掲載機能、ビジネス アプリケーションをデスクトップとモバイル デバイスの両方で活用した、モバイル性に優れたインテリジェントなイントラネット
  • SharePoint の拡張性を進化させ最新の Web 開発を可能にする、オープンかつ接続されたプラットフォーム
  • Office 365 全体のセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス強化への取り組み

デバイスを問わないシンプルかつ効果的なファイル共有および共同作業

今回のイベントでは、Office 365 のすべてのファイルに対する一元的なアクセスとインテリジェントな検出を可能にするというビジョンが発表されました。このビジョンによって、場所やデバイスを問わないドキュメントの作成、共有、共同作業、管理がこれまで以上に簡素化されることになります。星 4 つ以上の評価を獲得しているモバイル アプリと直観的なブラウザー エクスペリエンスのどちらを使用しても、ユーザーがファイルを検索するのではなく、必要なファイルがユーザーに自動的に提示されます。外出先でファイルが必要になった場合には、Windows PC や Mac とモバイル デバイスのオフライン ファイルの間で強固な選択的同期機能が提供されます。

The-Future-of-SharePoint-image-1b

Office アプリケーションでは、作業中に充実したファイル共有および共同作業支援機能を簡単に利用できます。ドキュメントのリアルタイムの共同編集、ドキュメントのバージョン比較、メタデータの更新、同僚との共有といった操作はアプリケーションから直接実行できます。

作成したドキュメントは、メールを送信するだけで簡単に共有でき、受信者にはアクセス許可が自動的に付与されます。すべてのユーザーが共有されたファイルで作業することにより、複数のバージョンが混在する状態を回避し、常に 1 つのファイルのみを正とすることができます。また、エンタープライズ レベルのコンテンツ管理、ドキュメントおよびレコード管理機能も簡単な操作で利用可能です。ユーザーが作成したファイル、共有されたファイル、チームの共同作業で作成されたファイル、企業全体の資産であるファイルのいずれに対しても、マイクロソフトはシンプルさと効果を兼ね備えた機能を提供します。

今四半期中にロールアウトされる機能は以下のとおりです。

  • SharePoint Online ドキュメント ライブラリおよび Office 365 グループ ファイルへの OneDrive モバイル アプリからのアクセス
  • OneDrive および SharePoint のドキュメントのインテリジェントな検出
  • OneDrive Web エクスペリエンスでの OneDrive から SharePoint へのファイルのコピー
  • OneDrive ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリケーション

また、2016 年中のロールアウトを予定している機能は以下のとおりです。

  • ドキュメントの使用状況、使用範囲、影響を把握するための、OneDrive でのドキュメント分析の表示
  • 新しい OneDrive 同期クライアントによる SharePoint Online ドキュメント ライブラリの同期
  • 新しい OneDrive 同期クライアントによる共有フォルダーの同期
  • オンプレミスのファーム内の SharePoint Online ドキュメント ライブラリへのモバイル アクセス
  • 各種 Web エクスペリエンスでの OneDrive と SharePoint 間のファイルの移動とコピー

ファイル共有および共同作業に関するビジョンとロードマップの詳細については、ブログ記事「Office 365 のシンプルかつ効果的なファイル共有および共同作業の機能を発表 (英語)」をご覧ください。

モバイル性に優れたインテリジェントなイントラネット

イントラネットは多くの企業の中枢を担っています。チームが共同作業を行うために必要なリソースを提供する、コンテンツ中心型の共同作業用スペースの役割を果たし、チーム内や企業全体でのニュースや情報の入手と投稿を可能にします。また、ナレッジを管理し、ナビゲーションや検索を通じてユーザーとコンテンツを結び付け、ビジネス プロセスをサポートおよび自動化するアプリケーションをホストします。

SharePoint では今後ますます、外出先からイントラネットへのアクセスが容易かつインテリジェントになると共に、よりパーソナライズされたエクスペリエンスが、あらゆるサイトのアクティビティ、一緒に仕事をしているユーザー、作業しているコンテンツ、作成したビジネス プロセスに基づいて提供されます。

SharePoint モバイル アプリにより、イントラネットを持ち運び可能に

今回、Windows、iOS、Android 向けの SharePoint モバイル アプリが発表されました。これにより、場所を問わずモバイル デバイスからイントラネットに接続し、企業のニュースや発表、ユーザー、サイト、コンテンツ、アプリに完全にアクセスできるようになります。また、このモバイル アプリにはオンプレミスの SharePoint サイトも表示されます。

Future-of-SharePoint-2

SharePoint モバイル アプリの詳細や実際の動作については、以下の動画をご覧ください。

SharePoint ホーム

今月、Office 365 の新しい SharePoint ホーム ページがロールアウトされます。この SharePoint ホームでは、オンラインとオンプレミスのすべてのサイトに一元的にアクセスでき、イントラネット内をシームレスに移動できるほか、すべてのサイトにおけるアクティビティの最新情報をひとめで確認できます。

SharePoint-home-page-with-activity-zoomed-out-for-more-cards

最新のチーム サイト

チーム サイトはこれまで常に、SharePoint での共同作業の中心的役割を担ってきました。チームをコンテンツ、情報、使用しているアプリと結び付け、チーム内や企業全体での共有やコミュニケーションを実現しています。

現在マイクロソフトは、SharePoint のチーム サイトと Office 365 グループの機能の統合を進めています。これにより、すべてのグループにチーム サイトが提供され、チーム サイトでは Office 365 サービス全体にわたるメンバーシップを容易に管理できるようになります。チームを編成したりプロジェクトを開始したりする場合、SharePoint ホームからチーム サイトを作成し、それに関連する Office 365 グループをわずか数秒でプロビジョニングできます。この Office 365 グループには、情報分類機能やコンプライアンス機能が統合されます。

最新のチーム サイトには、Office Graph のインテリジェンスによってパーソナライズされた魅力的なホーム ページが備えられます。刷新されたライブラリやリストでは、高度なビジネス プロセスをサポートするメタデータ、コンテンツ管理、各種機能が提供され、直観的なユーザー エクスペリエンスによって瞬時に生産性が向上します。また、新しいページ作成および発行エクスペリエンスにより、豊富な機能を備えた美しいページの作成が可能になります。これらのページは応答性とモバイル性が高いため、チームや企業で簡単に共有できます。

SharePoint-team-site-and-mobile-app

これらの新しいエクスペリエンスは、あらゆるデバイス、ブラウザー、SharePoint モバイル アプリ、OneDrive アプリで見栄えよく表示されます。

Microsoft Flow および PowerApps の統合

SharePoint リストは、構造化データに対するアクセス、共有、共同作業を可能にするもので、多くのお客様がビジネス プロセスをサポートするために、他のシステムのデータを SharePoint リストに定期的に追加しています。先週、ビジネス ユーザーが使用している多数のアプリや SaaS サービスから成るワークフローを自動化する新しいサービス、Microsoft Flow が発表されました。Microsoft Flow には、SharePoint とマイクロソフトおよびサードパーティのさまざまなサービス間でデータを交換したり、そのデータを SharePoint に保存して変更したりできるコネクタが含まれています。そして今回、SharePoint と Microsoft Flow の高度な統合により SharePoint リストから直接ワークフローを作成、起動できるようになることが発表されました。

また、PowerApps のパブリック プレビューも発表されました。PowerApps は、ビジネス アプリの接続、作成、チーム メンバーとの共有を、あらゆるデバイスからだれでも数分で行える、新しいエンタープライズ向けのサービスです。PowerApps も最新のチーム サイトに直接統合されているため、SharePoint のリストやライブラリをデータ ソースとして使用したクロスプラットフォーム対応の PowerApps を作成できます。PowerApps と SharePoint の高度かつネイティブな統合により、リストやライブラリを使用した新しい充実したエクスペリエンスが実現されます。

SharePoint-the-mobile-and-intelligent-intranet-6

Microsoft Flow と PowerApps の詳細については、ブログ記事「人々に力を – Microsoft Flow の紹介と PowerApps のパブリック プレビューの発表 (英語)」をご覧ください。Microsoft Flow および PowerApps と SharePoint の統合の詳細については、ブログ記事「SharePoint と Flow (英語)」と「PowerApps と SharePoint (英語)」をそれぞれご覧ください。

モバイル性に優れたインテリジェントなイントラネットのロードマップ

今四半期からロールアウトが開始される機能は以下のとおりです。

  • 最新のドキュメント ライブラリ エクスペリエンス (現在、先行リリース プログラムに参加されているお客様のテナントにロールアウト中)
  • iOS 向けの SharePoint モバイル アプリ
  • Office 365 の SharePoint ホーム
  • 最新のリスト エクスペリエンス
  • Site Contents ページに関するサイト アクティビティと分析情報の把握

また、2016 年中にロールアウトされる機能は以下のとおりです。

  • Windows および Android 向けの SharePoint モバイル アプリ
  • SharePoint サイトと Office 365 グループの統合
  • シンプルで高速なサイト作成機能
  • 最新のページ エクスペリエンス
  • チームおよび企業のニュースや発表の掲載
  • PowerApps および Microsoft Flow と SharePoint の統合

最新のチーム サイトの詳細や、モバイル性に優れたインテリジェントなイントラネットを実現する方法については、ブログ記事「SharePoint—the mobile and intelligent intranet (英語)」をご覧ください。

SharePoint Framework オープンかつ接続されたプラットフォーム

SharePoint の最大の財産の 1 つが充実したソリューション エコシステムです。マイクロソフトは、このエコシステムを維持するために、モバイル ファースト、クラウド ファーストの世界において進化する開発者ニーズに対応することの必要性を認識しています。

今回のイベントでは、SharePoint Framework が発表されました。SharePoint Framework では、ページやパーツのモデルによって、クライアント サイドでの開発の完全なサポート、Microsoft Graph との容易な統合、オープン ソース ツールのサポートを実現しています。

SharePoint Framework は SharePoint の拡張性の進化に向けた重要な一歩であり、オープン ソースの JavaScript テクノロジを活用した新しいクライアント サイド レンダリング フレームワークを提供します。このクライアント サイド開発フレームワークにより、クラウドとオンプレミスの SharePoint で最新の JavaScript および Web テンプレート フレームワークを使用できます。

マイクロソフトでは既に SharePoint Framework を使用して、チーム サイトのホーム ページなど、今回発表されたエクスペリエンスの多くを作成しました。今後はお客様も同様に、強力で高度なアプリや SharePoint エクスペリエンスを構築して、マイクロソフトがネイティブの SharePoint エクスペリエンスを構築する際に使用したパターン、ベスト プラクティス、プロセスに従って Office 365 全体でサービスを統合していただけます。SharePoint Framework を使用して構築されたページやエクスペリエンスは標準でモバイル性を備え、SharePoint モバイル アプリに統合されます。

SharePoint Framework では、開発者の皆様が現在使用しているツール、フレームワーク、オープン ソースのプロジェクトを活用することが可能です。また、クラウドとオンプレミスの SharePoint 上に構築できるソリューションの範囲が拡大されます。

SharePoint Framework は、先行リリース プログラムに参加されている Office 365 のお客様を対象として今夏リリースされる予定です。このフレームワークを使用して構築された Web パーツは、最新のページやエクスペリエンスにも既存のページにも追加できます。

2016 年第 3 四半期にロールアウトされる機能は以下のとおりです。

  • Microsoft Graph のファイル用 API
  • SharePoint Webhook (プレビュー)
  • 既存ページ用のクライアント サイド Web パーツ (プレビュー)

また、2016 年中に提供される機能は以下のとおりです。

  • Microsoft Graph のサイト用 API
  • SharePoint Webhook (一般提供開始)
  • SharePoint Framework のカスタム サイト

SharePoint Framework の詳細については、ブログ記事「The SharePoint Framework—an open and connected platform (英語)」をご覧ください。

セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス

マイクロソフトは Office 365 を運用するうえで、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスの確保をお約束しています。SharePoint では、シンプルかつ強力な管理者向けの統制機能、ポリシー、レポートにより、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンスを確保しています。

しかし、セキュリティによって利便性が損なわれるようでは意味がありません。そのため、SharePoint ではセキュリティとユーザーの生産性の最適なバランスを実現する IT 統制機能が提供され、コンテンツの機密度に応じたセキュリティ レベルが確保されます。

今回、SharePoint の動的な条件付きアクセス ポリシーが発表されました。これにより、ユーザーの種類、使用しているアプリやデバイス、ネットワークの場所に基づいてアクセス許可がインテリジェントに定義されます。

コンテンツを検出したり、データ損失防止 (DLP) ポリシーによって保護したりするためのツールが、Office 365 と SharePoint Server 2016 の両方で提供されます。機密コンテンツに関する定義があらかじめ 80 以上用意されるほか、独自のカスタム ポリシーを追加することも可能です。これらのポリシーは 1 回設定するだけで、テナント全体およびオンプレミスのファームに適用されます。今年後半には、SharePoint サイトを分類する機能も提供され、サイト内のすべてのコンテンツに適切なポリシーが適用されるようになる予定です。

監査やコンプライアンス上の目的でセキュリティやプライバシーに関する情報を把握する必要がある場合には、詳細なレポートや監査機能を使用できます。今年初めに発表された アドバンスト eDiscovery では、機械学習、予測コーディング、テキスト分析といった機能を統合することで、大量のデータの精査に伴うコストと手間を削減します。また今年後半には、オンプレミスとクラウドの使用状況およびコンプライアンス データを Office 365 Reporting Center で集計するサービス「SharePoint Insights」がリリースされ、企業全体のデータを一元的に確認できるようになります。

お客様のデータを保護し、プライバシーを確保するための取り組みは今後も継続してまいります。今年中には、SharePoint に保存されたデータを暗号化するお客様独自のキーを利用、管理できるようになる予定です。

まとめると、現在サポートされている機能は以下のとおりです。

  • カスタマー ロックボックス
  • DLP、モバイル デバイス管理 (MDM)、モバイル アプリケーション管理 (MAM)
  • 外部共有用のドメインのホワイトリストおよびブラックリスト

今四半期にリリースされる機能は以下のとおりです。

  • 動的な条件付きアクセス ポリシー

また、2016 年中にロールアウトされる機能は以下のとおりです。

  • ドイツとカナダの新しいデータセンター
  • お客様独自の暗号化キーの利用
  • 詳細なアクセス制御
  • SharePoint サイトの分類
  • ハイブリッドの SharePoint Insights (プレビュー)

上記の発表の詳細については、以下の動画をご覧ください。

Office 365 の強固なセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス ファブリックの詳細については、Office 365 セキュリティ センターをご覧ください。

お客様とイノベーションをつなぐ

マイクロソフトが掲げる「世界中のすべての人々とすべての組織がより多くのことを達成できるように支援する」という企業使命は、マイクロソフトの製品だけでなく、お客様がそれらの製品やサービスを最大限に活用できるようにするための取り組みについても言えることです。Office 365 は今後も引き続き、マイクロソフトの最新のイノベーションを提供する場としての役割を果たし、それを通じてマイクロソフトは、お客様が投資から最大限の価値を引き出せるようにお手伝いいたします。

このような背景から誕生した Microsoft FastTrack for Office 365 では、お客様における Office 365 の利用を成功に導き、Office 365 によるビジネス価値を早期に実現するためのベスト プラクティス、ツール、リソース、エキスパートを提供します。FastTrack は、機能の検討、円滑なロールアウトの計画、新しいユーザーや機能の追加といった Office 365 利用の各段階で活用していただけます。

FastTrack の最大の特典の 1 つが移行サービスです。対象の SKU を 150 シート以上ご購入いただいた場合に、お客様のファイルを Office 365 に移行するエンジニア主導のサービスを無償でご利用いただけます。現在、FastTrack ではオンプレミスのファイル共有からのファイルの移行に加え、Google Drive からのファイル移行もサポートしています。そして今回、FastTrack の無償特典として、Box のファイルの Office 365 への移行を支援するサービスが新たに発表されました。これにより、Office 365 のあらゆる機能を活用できるようになります。

FastTrack の移行サービスの詳細については、動画「FastTrack を利用してファイル共有を OneDrive for Business に移行する方法 (英語)」をご覧ください。また、今回の発表内容については、動画「ハイブリッドによるイノベーションの促進: SharePoint Server 2016 と Office 365 (英語)」をご覧ください。

今回、オンプレミスおよびハイブリッドのお客様に向けて、SharePoint Server 2016、Project Server 2016、Office Online Server の一般提供が開始され、将来に向けた基盤としてデータセンターに展開できるようになりました。マイクロソフトでは、SharePoint Online を定期的に更新してまいります。SharePoint Server 2016 のソフトウェア アシュアランスをご利用のお客様は、2017 年にリリース予定の最新 Feature Pack を通じて、クラウド向けのイノベーションの多くをオンプレミスの SharePoint ファームで使用できるようになります。詳細については、ブログ記事「SharePoint Server 2016: 未来への確かな基盤」をご覧ください。

今回ご紹介したビジョンやイノベーションは、お客様、開発者、パートナー様、愛用者の皆様から成る大規模なコミュニティからのフィードバックのおかげで実現したものです。この場をお借りして、心より感謝申し上げます。またチームを代表して、シンプル、インテリジェント、モバイルな SharePoint の未来に皆様を歓迎いたします。未来はここから始まります。

—Jeff Teper

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content