Project Online: リソース予約 – タイムフェーズ リソース計画を使用する


(この記事は 2016 年 4 月 14 日に Project Support Blog に投稿された記事 Project Online: Resource Engagements–Working with Time phased Resource Plans の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

***追記: スクリーンショットはすべて Project Server 2016 のものです。このビルドでは再計算後の数値が若干異なり、平均の単位数を使用しています。Project Online では予想される最大単位数を使用するため、自宅で確認される場合は数値が異なる可能性があります。***

今回のブログ記事では、Project Online および Project Server 2016 のタイムフェーズ リソース要求の動作と要求の編集によるタイムフェーズの変更について取り上げます。わかりづらいと思いますので、数値と制限について例を挙げて説明します。フィールド ソリューション スペシャリストから「リソース要求への対応で、標準リソースを実際のリソースに置き換える際に丸めエラーがあった」との報告を受け、詳細を説明する必要があると判断しました。リソース予約に馴染みのない方のために説明すると、プロジェクト マネージャーは指定の期間に指定の % 単位または作業時間分のリソースを要求できます。

image680

実際、時間は単位に変換されます。つまり、3 か月間で 200 時間 (h) は 38% の単位数の要求となります。

image681

また、仮予約された作業時間をこのビューに追加したところ、1 か月あたりの時間数が異なっています。これは 1 か月の稼働日数が月によって異なるためで、当然の結果と言えます。Generic1 リソースは 4 か月間にわたり 100%、続いて 3 か月間にわたり 38% を予約しました。

要求を送信する前にタイムフェーズ作業を編集することもできます。たとえば、最初は 2016 年 12 月から 2017 年 2 月まで 50% を要求しようとしたものの (12 月と 1 月は 88h、2 月は 80h になります)、12 月に 88h も要らないので、その分 2 月の時間を増やすことに決めたとしましょう。60h、88h、108h に変更すると、[Proposed Max Units] には 50% ではなく 68% と表示されます (総時間数は同じです)。2 月の [Proposed Max Units] は 68% です (108/160 = 67.5% を四捨五入)。予想どおりの結果となっているでしょうか。

image682

ここで重要なのは、要求では 1 つの % しか表示されないという点です。タイムフェーズ データを編集し、Winter work 用に作成した要求を再度開くと、67.5% が灰色で表示されています。

image683

では、リソース マネージャーの立場で、これらの要求 (すべて送信したので 2 つの Draft が Proposed になっています) を確認してみましょう。

image684

良さそうですね。[Resource Plan] ビューでは小数点以下の桁数が増えていますが数値は同じです。タイムフェーズ ビューを見てみましょう。

image685

こちらも問題ありません。最初の要求に積み上げられています。リソース マネージャーとして要求を編集し、要求を満たせない場合はリソースや数字を変更することができます。まず変更するのは最初の 4 か月です。毎月 100h しか空いていないと返答します。

image686

これで良いですね。情報列にタイムフェーズ データが編集されたと表示されます。次にリソースを変更します。ここは少し混乱やすいところです。

image687

何が起きたのでしょうか。要求の % 値は 1 つしかなく、月によって作業時間が異なるとお伝えしました。グリッドのスライダーを動かして 100h に変更すると 59.52% になります。続いてリソースを変更するとタイムフェーズ データが再設定されますが、実際は、最初の月から計算された % を要求の期間全体に適用しているのです。100h は 176h/月の 56.82% で、95.4h は 1 か月の総作業時間数 168h の 56.82% です。

このきわめてシンプルな例では、リソースの間でカレンダー上の違いはありません。リソースの作業日数が異なれば、リソースを切り替えたときに別のバリエーションが生じることはご想像いただけると思います。

もう 1 つ例を見てみましょう。同じタイムフェーズ時間を再設定する方法を紹介します。Winter work は [Committed Units] が 67.5% で、タイムフェーズ時間は 60h、88h、108h です。最後の値が [Committed Units] を押し上げています。Project Professional では最初の要求で [Proposed Max Units] という名称になっています ([Committed Max Units] のフィールドもあります)。要求する数字を平準化するときに使用される % を決めるのはこのフィールドではありません。

image688

リソースを変更する前に選択した 3 つのセルをコピーします。リソースを変更すると次のように表示されます。

image689

12 月~ 2 月の総作業時間は 176h、176h、160h なので、時間が 50% (月の単位数の平均) で再設定されます。最初のセル (88h) を選択して貼り付ければ値を 60h、88h、108h に戻せるので、新しいリソースでもこの値を使用できます。

image690

最後の行 (または最後から 2 番目の行) で予約要求のリソースを変更すると、現在の単位数の平均値である単位数で平準化できます。

以上の動作が期待どおりのものでなかった場合は、このブログまたは UserVoice ページ (英語) からご意見をお寄せください。

 

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Skip to main content