[導入事例] クインタイルズ、Office 365 でグローバルな最先端の働き方 (モダンワークスタイル) へ変革


(この記事は 2016 年 3 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 Quintiles quickly transforms into global modern workplace with Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

Quintiles-quickly-transforms-logo

今回の Microsoft Office 365 の記事は、世界的なバイオ医薬品サービス企業のクインタイルズでデジタル テクノロジ プラットフォーム担当シニア ディレクターを務める Sharmila Bristol 氏の記事をご紹介します。

 

Quintiles-quickly-transforms-pro-pix当社は常に将来を見据えている革新的な企業です。臨床開発を変革するような何百もの臨床試験を世界中で実施し、患者様の転帰の向上、商業的価値の最大化に向けて取り組んでいます。また、ライフ サイエンス企業が適切な臨床治療や医薬品を生み出せるように、治験の実施、患者エンゲージメントの向上、支援サービスおよび研究室のサポートを行っています。

当社では常に、医薬品に関する次なる突破口を探しており、新しい機能により、これまで以上の健康と幸福をもたらす最良の方法および社内での運用方法を模索しています。急速な成長に伴って、当社は共同作業支援サービスへの対応と、従業員がグローバル チームの一員として効率よく業務を行える体制を整えるために、最近まで苦労していました。

しかし、モビリティ、セキュリティ、ビジネスの敏捷性、シームレスな共同作業がサポートされている点から Microsoft Office 365 に移行したところ、状況は一変しました。いざ移行が決定されると、すぐにでも新機能を従業員が使用できるようにしたいと考えました。このため、他社のようにサービスを 1 つずつ移行するのではなく、Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online、OneDrive for Business、Office 365 ProPlus、Yammer などの Office 365 のサービスをすべて並行して移行することにしました。ご想像いただけるかと思いますが、これには綿密な計画を立案し完全に遂行する大きな労力を要します。すべてのソリューションを並行してクラウドに移行しながら 36,000 人を超える従業員の電子メールやその他の中核的なサービスに影響を与えないようにしなくてはならないのです。しかし、当社の優秀な IT 部門はわずか 18 か月間でそれを成し遂げました。移行完了後は、それまでのオンプレミス インフラストラクチャに設置された容量制限や非接続型の共同作業システムから統合化されたクラウド ベースの環境に移行し、従業員が使いやすい通信モードを使用しながら、場所やデバイスを選ばずシームレスに共同作業を実施できるようになりました。

喜ばしいことに当社は知識集約型の企業で、将来を見据えて変化を抵抗なく受け入れる質の高い人材を誇ります。移行にあたっては、新しい環境での業務に従業員がスムーズに馴染めるように、豊富にリソースを用いた包括的で多面的なトレーニング プログラムを作成し、サポート スタッフを現場に追加配置しました。新機能の採用が遅れると、移行計画に遅れが生じ、メリットが損なわれるためです。またサービス デスクのチケットとサポート データを毎週分析して傾向を洗い出し、新しいサービスに関する指導が特に必要なポイントを割り出しました。

他に、各 Office 365 コンポーネント用の印刷した冊子と「クイックスタート」カード、および 7 言語のオンライン バージョンなど、複数のメディアを組み合わせたトレーニング資料を作成し、世界中のサポート スタッフが自由にリソースを使用できるようにしました。さらに主要なオフィスに IT 担当スタッフ (原則的に自社エンジニア) を配置し、Office 365 に関する質問に答えたり、直接トレーニングにあたったりすることができるようにしました。また、IT 担当スタッフが配置されないオフィスの従業員は「生産性ホットライン」にアクセスできるようにしました。さらに、新しいエンタープライズ ソーシャル メディアの Yammer の機能を使用して Office 365 エキスパートのグループを立ち上げ、世界中の従業員の監督および支援を行いました。このように、ユーザーが移行をスムーズに進めるための独自のニーズをすべて考慮しました。

さらに「企業変革チャンピオン」と呼ぶべき新機能の早期採用者が、他部署と連携して問題の解決に尽力し、採用を後押ししてくれました。外出が多かったり、特殊なトレーニングを必要としたりする経営陣やその補佐役などの時間の余裕がない役員や従業員には、オンサイトとオンラインのセッションを設けました。これらのセッションは、定期的なシリーズとしてより高度な機能の説明とトレーニングを行ってほしいという依頼から生まれたもので、非常に好評でした。

綿密で高度な計画と卓越したチームワークを世界中で展開した結果、作業環境を一変し、Office 365 により 36,000 人の従業員どうし、そして従業員とお客様がつながることが可能となりました。より健やかな世界へ向け、人と知識を結集させることができたのです。

—Sharmila Bristol

クインタイルズの変革の詳細については、こちらで全文をお読みいただけます (英語)

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

 

Skip to main content