SharePoint 2016 RTM と SharePoint の今後の動き


(この記事は 2016 年 3 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 SharePoint 2016 RTM and the Future of SharePoint event の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

このたび、SharePoint Server 2016 の RTM 版が発表されました。SharePoint Server 2016 をお届けするうえで大きな節目となった今回のリリースには、ユーザー、IT 担当者、管理者に向けた新機能のほか、SharePoint の次世代ハイブリッド機能が搭載されています。また、SharePoint Server 2013 以降のユーザーに向けてクラウド ハイブリッド検索機能の一般提供も開始されました。これにより、オンプレミス環境と Office 365 の両方のコンテンツを 1 回の検索で同時に表示できるようになります。

これまで UserVoice (英語)フォーラム (英語)ソーシャル メディア (英語)、そして Technology Adoption Program (TAP) を通じてフィードバックをお寄せくださいました数多くのユーザーや IT 担当者の皆様に感謝を申し上げます。お客様からのご意見に加え、マイクロソフトが Office 365 のスケールで SharePoint を運用した実績を基に、SharePoint Server 2016 はこれまでのリリースの中でも最高の信頼性、拡張性、安全性、パフォーマンスを備えた製品になっています。

 

詳細については、SharePoint Server 2016 のレビュー担当者向けガイド (英語) をご覧ください。または RTM 版をダウンロードしてお試しください。SharePoint Server 2016 は、5 月初旬にマイクロソフト ボリューム ライセンス サービス センターで一般提供が開始される予定です。

また、SharePoint Server 2016 に含まれる Project Server 2016 についても、今回 RTM 版がリリースされました。この詳細については Project Server 2016 のリリース ノートをご覧ください。

 

SharePoint の今後について

SharePoint サイトには膨大な数のドキュメントが保存されており、コンテンツ管理と共同作業の中心は、この 10 年間で SharePoint サイトへと移ってきました。生徒どうしの共同作業や、企業の社内イントラネット全体の変革にとどまらず、デジタルな作業環境に対するニーズは常に変化しています。そうしたニーズに対応するべく、マイクロソフトは継続的に SharePoint を進化させています。

チームでの作業が盛んに行われるようになり、デジタル コンテンツはロケットのような勢いで増加し続けているため、SharePoint はこれまで以上に、新しい手法での共同作業を可能にする役割を担っていくことになります。マイクロソフトでは、生産性に変革をもたらすという広いビジョンの一環として、SharePoint をよりシンプルかつインテリジェントな製品に進化させ、モバイル性と安全性を高めることで、Office 365 と一体となってもたらされる価値を引き出すことを目標としています。今年は、ユーザー エクスペリエンス、ドキュメント共同編集、モバイル機能、プラットフォームにわたる機能強化によって、現代のコンテンツ共同編集環境を刷新するような大きなイノベーションを起こしたいと考えています。

オンライン イベント The Future of SharePoint

SharePoint 2016 のリリースに際して、SharePoint の将来のビジョンとロードマップを紹介するオンラインのライブ イベントを 2016 年 5 月 4 日に開催いたします。ぜひご参加 (英語) ください。このイベントでは、OneDrive および SharePoint 担当 CVP の Jeff Teper が、オンプレミス環境と Office 365 のクラウド環境の両方について、SharePoint と OneDrive for Business の今後のビジョンや計画をご説明します。基調講演の後は、新しいイノベーションを詳しく解説するセッションや最新機能を先行して紹介するデモを多数予定しています。経営陣の方にも、IT 担当者、開発者、SharePoint ユーザーの皆様にも、お伝えしたいことが山ほどあります。ぜひこちらからご登録 (英語) のうえ、この歴史的な節目にお立ち合いください。

SharePoint Server 2016 の使用を開始する際に役立つリソース

Seth Patton (SharePoint および OneDrive プロダクト マネージメント チーム、ゼネラル マネージャー)

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skip to main content