Office 365 グループの更新


(この記事は 2016 年 2 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Updates to Office 365 Groups の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

Office 365 グループは、グループ メンバーが協力して作業できる共有のワークスペースです。グループを設定すると、共有の受信トレイ、グループの予定表、ファイルやグループ ノートの保存場所と共有場所が自動的に作成され、計画ツールが提供されます。Office 365 グループの機能は Power BI や Dynamics CRM といった他のサービスにも拡張され、Outlook Groups アプリを使用して外出先でも利用することができます。

先日の Microsoft Mechanics の動画では、Office 365 グループのユーザー、IT 管理者、開発者向け機能の更新についてご紹介しています。

こちらの動画でご紹介した機能に加え、先日 Office 365 グループのヘッダーと検索ページも更新されました。

Office 365 グループの新しいヘッダーからは、Office 365 グループの主要機能である会話、予定表、ファイル、ノートブックの共有受信トレイに簡単にアクセスできます。また、お使いのブラウザーと Outlook Groups (英語) モバイル アプリには、グループの画像で主に使用されている色を基にした同一のテーマを適用できます。

Updates-to-Office-365-Groups-1-1024x773

同僚の作業内容に基づいて、自分に関係のある Office 365 グループを検索することもできます。検索ページ (現在はプレビュー版) では、自社のグループを閲覧したり、新しいグループを作成したりできます。

Updates-to-Office-365-Groups-2-1024x716

昨年 12 月のこちらのブログ記事 (英語) に続いて、今回は以下の Office 365 グループの管理者向け機能が強化されました。

  • 動的メンバーシップ (プレビュー版): Azure 管理ポータルを使用して、メンバーシップに関するルールを適用したグループを作成できるようになりました。
  • ファイルのクォータ管理: グループの基盤となる SharePoint サイトにクォータを設定し、Office 365 グループの共有ファイル ストレージの使用量を管理できるようになりました。
  • Office 365 のグループ名を指定したメールの送信を許可: Office 365 グループのメンバーは、Outlook または Outlook on the web を使用する場合に、Office 365 のグループ名を指定してメールの送信や返信を行えるようになりました。
  • Office 365 グループでのマルチドメインのサポート: 社内のユーザーが Office 365 グループを作成した場合に使用するドメインを指定できるようになりました。

Office 365 グループで今後予定されている機能強化の詳細については、fasttrack.office.com/roadmap (英語) をご覧ください。

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (0)

Skip to main content