新しい API で OneNote Class Notebook の作成と名簿の変更を自動化


(この記事は 2016 年 2 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Automate OneNote Class Notebook creation and roster changes with new APIs の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

このたび、Office 365 用の新しい OneNote Class Notebook API のリリースが発表されました。昨年の OneNote Class Notebook のリリース以来、Class Notebook は OneNote Class Notebook の Office 365 アプリでしか作成できませんでしたが、教員、IT 管理者の皆様からお寄せいただいたフィードバックを基に、OneNote Class Notebook をプログラムで作成できるようになりました。これにより、IT 管理者、Microsoft Education Partner (英語) の皆様などが学校や学区内で OneNote Class Notebook の作成や更新を自動化できるようになり、教員、学校の IT 担当者の皆様は大幅に時間を節約し、効率性を向上できるようになります。
詳細については、OneNote Class Notebook API に関する MSDN の記事 (英語) を参照してください。

API の機能
既存の Office 365 用 OneNote API に慣れている方には、違和感なく Office 365 用 OneNote Class Notebook API をお使いいただけます。OneNote Class Notebook の Office 365 アプリと同様に、必要とされるのは Office 365 の教員用ライセンスと OneDrive for Business をセットアップしていることだけです。
では、この API にはどのようなメリットがあるでしょうか。学校の IT 管理者の立場から考えてみましょう。新学期が始まり、教員が教室に足を踏み入れたとき、全学級、全生徒の OneNote Class Notebook が作成済みだったとしたら非常に助かるのではないでしょうか。新しい OneNote Class Notebook API では、これが可能となります。各教員の名簿 (おそらく学校の SIS から取得できるか Excel/CSV ファイルとして保存されているでしょう) が手元にあれば、OneNote Class Notebooks API を呼び出す簡単なスクリプトを使用するだけで各教員の OneNote Class Notebook を作成できます。

  1     POST https://www.onenote.com/api/v1.0/users/<teacher_id>/notes/classnotebooks
  2    
  3     {
  4             name: "Math 101",
  5             studentSections: [
  6                 "Homework",
  7                 "Class Notes",
  8                 "Handouts",
  9                 "Quizzes"
 10             ],
 11             teachers: [
 12                     {
 13                         id: "abigail.johnson@contoso.com",
 14                         principalType: "Person"
 15                     }
 16             ],
 17             students: [
 18                     {
 19                         id: "michael.lee@contoso.com",
 20                         principalType: "Person"
 21                     },
 22                     {
 23                         id: "amanda.sullivan@contoso.com",
 24                         principalType: "Person"
 25                     },
 26                     {
 27                         id: "benjamin.hall@contoso.com",
 28                         principalType: "Person"
 29                    }
 30            ]
 31     }

また、教員や IT 管理者の方々にとってはおなじみですが、新学年や新学期が始まった最初の数週間はクラスを変わる生徒がたくさんいます。新しい OneNote Class Notebook API を使用すると、生徒をある Class Notebook から他の Class Notebook へと簡単に移動できます。

  1    DELETE https://www.onenote.com/api/v1.0/users/<teacher_id>/notes/classnotebooks/<old_notebook_id>/students/<student_id>

上記のコードで古い Class Notebook から生徒を削除します。

 1     POST

        https://www.onenote.com/api/v1.0/users/<teacher_id>/notes/classnotebooks/<new_notebook_id>/students

 2    
 3     {   
 4          id: "michael.lee@contoso.com",
 5          principalType: "Person"
 6     }

上記のコードで新しい Class Notebook に生徒を追加します。
API は、既存のデータを取得できなければ完全ではありません。IT 管理者は、下記の呼び出しで特定の教員の OneNote Class Notebook を取得できます。

 1    GET https://www.onenote.com/api/v1.0/users/<teacher_id>/notes/classnotebooks

特定の OneNote Class Notebook から生徒と教員を取得する場合も同様です。

    GET https://www.onenote.com/api/v1.0/users/<teacher_id>/notes/classnotebooks/<notebook_id>/students
 1    GET https://www.onenote.com/api/v1.0/users/<teacher_id>/notes/classnotebooks/<notebook_id>/teachers

パートナー様にとってのチャンス

この新しい API により、マイクロソフトでは Microsoft Education Partner (英語) の皆様から寄せられた多くの新しいアイデアやソリューションを実現したいと考えています。新しいツールやソリューションによって学校での OneNote Class Notebook のロールアウトを支援してほしいというご要望が多く寄せられている一方、これを支援したいというパートナー様もいらっしゃいます。サンプル コードが GitHub (英語) で公開されていますのでご確認ください。

 
フィードバックのお願い

ご提案やご不明な点などがありましたら、ぜひお気軽に onenoteedu@microsoft.com までお寄せください。

 
※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (0)

Skip to main content