OneNote Class Notebook に招待された生徒が Office 365 を無料で使用可能に


(この記事は 2016 年 1 月 27 日に Office Blogs に投稿された記事 Teachers, invite your students to OneNote Class Notebook and get them free Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

OneNote Class Notebook は、105 か国以上の教師の皆様により、授業内容の整理、指導時間の短縮、教室内での生徒との共同作業などに活用されています。

今回、Office 365 アカウントをお持ちでない教師の皆様も、無料でアカウントを登録し、授業用ノートブックを作成できるようになりました。簡単な手順を実行するだけで、授業用ノートブックに生徒を追加し、強力なノートブックの中に各生徒の個人用ワークスペース、配布資料用のコンテンツ ライブラリ、授業や創作活動に使用する共同作業スペースをすぐに用意することができます。必要なのは、学校から各生徒に割り当てられたメール アドレスだけです。これで生徒を授業用ノートブックに招待し、生徒が Office 365 に無料でアクセスできるようになります。IT 担当者のサポートは必要ありません。

  1. Office 365 の無料アカウントを新規作成するか、サインインする* www.onenote.com/classnotebook にアクセスし、[無料の Office 365 アカウントを作成する] をクリックします。教育機関向けの Office ページで学校用メール アドレスを入力し、所属している学校で無料の Office 365 アカウントを利用できるかどうかを確認します。その後、簡単な登録プロセスにより、無料アカウントを作成します。

*メモ: 既に学校で Office 365 のアカウントを設定している場合は、[クラス ノートブックへのサインイン] をクリックします。Office 365 の既存の資格情報を使用してサインインし、Class Notebook アプリを起動してください。

  1. OneNote Class Notebook アプリを起動して、最初の授業用ノートブックを作成し、他の教師や生徒を招待する — Office 365 アカウントを作成したら、アプリ起動ツールに移動し、右下にある OneNote Class Notebook アプリを起動します。Class Notebook ウィザードに従い、最初の授業用ノートブックを作成します。

副担当教師や生徒を追加するには、各自の学校用メール アドレスを入力します。入力したアドレスに送信される招待メールから、各自の Office 365 アカウントを作成し、授業用ノートブックに追加することができます。

設定プロセスの最後には、授業用ノートブックがプレビュー表示されます。問題がなければ、[Create] をクリックします。

ウィザードの最後のステップで、作成したノートブックへのリンクが表示されます。メールで生徒に送信したり、共有ページに投稿したりしてください。このノートブックへのリンクをクリックすると、OneNote で授業用ノートブックを開くことができます。生徒には、招待を承諾して授業用ノートブックに参加するかどうかをたずねるメールが送信されます。生徒が招待を承諾すると、ノートブックにアクセスできるようになります。

より詳細な手順と、よく寄せられる質問への回答については、こちらのヘルプ ドキュメントを参照してください。Class Notebook 全般に関してよく寄せられる質問については、こちらの記事をご覧ください。また、教師の皆様からのご意見を反映した OneNote Class Notebook の最新の更新内容については、こちらのブログ記事をご覧ください。

引き続き、Twitter アカウント (@OneNoteEDU) または OneNoteEdu@microsoft.com までご意見やご感想をお寄せください。また、OneNoteInEducation.com (英語) では、教師の皆様や生徒向けの無料のトレーニング コンテンツを用意していますので、ぜひご活用ください。

 

 

※ 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

Comments (0)

Skip to main content