Project and Portfolio Management (PPM)が事業運営の改善をお手伝い


ただいま日経ビジネスオンラインにて、弊社Projectを事業運営に活用する、をテーマにした記事を掲載していただいています。

 記事へのリンク

 競争環境の変化に伴い事業運営を実施するうえで必要とされる、

1.事業投資のプライオリティの判断

2.リスクを可視化し、根拠のあるプロジェクト推進をする

3.プロジェクトの状況を瞬時に可視化し、情報共有で効率的なプロジェクト運営を行う

という3つのテーマについて、日本マイクロソフトとプライスウォーターハウスクーパーズ社の両社で解決のヒントを解説していますので、事業計画の精度を上げたい、改善をしたい

といったテーマをお持ちの法人のお客様はぜひご覧ください。

 

以下はポートフォリオのシミュレーション画面の例


 


また、日本マイクロソフトとプライスウォーターハウスクーパーズでは、この記事の内容をテーマにした共同セミナーを、12/312/10に東京で開催します。

今回は事業運営責任者や事業企画をされる方向けに、分かりやすく解説したコンテンツとデモを用意しております。

12/3はほぼ満席ですが、12/10の回は若干席に余裕がございますので、上記記事ページよりお申込みください。

Comments (0)

Skip to main content