OneNote Class Notebook と Office Mix の新しい LMS 統合機能を発表


(この記事は 2015 年 10 月 26 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote Class Notebook and Office Mix announce new LMS integration features の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

今回は、すべての主要な学習管理システム (LMS) との統合に向けた取り組みと、その結果として教師の皆様にもたらされるメリットについて、OneNote チームと Office Mix チームがご紹介します。

このたびの主な発表内容は以下の 3 点です。

  • OneNoteOffice Mix (英語) がいずれも IMS Global Learning Consortium が規定する Learning Tools Interoperability (LTI) 標準に準拠することが正式に認定されました。
  • OneNote Class Notebook LTI の一般提供が開始されました。
  • LMS のコースに登録されたすべての生徒をそのコースの OneNote Class Notebook に自動的に追加する機能が OneNote に導入されました。

LTI 準拠による LMS との統合

今年 6 月、Office Mix (英語)OneNote Class Notebook (英語) による LTI のサポートがそれぞれ発表されました。これにより、この両方のアプリが Canvas、Engrade、Blackboard、Haiku、Moodle、Brightspace、EDUonGo、edX、EdCast、Schoology など、主要な LMS と簡単に統合できるようになりました。

OneNote Class Notebook では、LMS のコース ページから OneNote Class Notebook アプリを起動したり、ノートブックの作成手順を表示したり、作成したノートブックをコースに追加したりといったことが、学習環境を離れることなく行えます。OneNote Class Notebook は、Canvas、Schoology、Blackboard、Desire2Learn、Haiku、Moodle など、多数の LMS で作成されており、お客様からも今回の統合について大きな期待をお寄せいただいています。

Canvas を OneNote Class Notebook と併用してきたお客様からは、次のようなご意見が寄せられています。

「OneNote Class Notebook は、教師の指導方法に多大な影響を与えた数少ないツールの 1 つです。そして、そのもう 1 つは Canvas でした。この 2 つのツールをシームレスに連携させられるというのはすばらしいことです。Canvas から OneNote Class Notebook を作成するのが 1 年前と比べてはるかに簡単になりました。当校の教師は、Canvas コースを設定して、クラブ活動やホームルーム、陸上チームなど、これまで考え付かなかったさまざまな用途のノートブックを作成しています」
 —Eastside Preparatory School、テクノロジ担当ディレクター、Jonathan Briggs 氏

Office Mix (英語) は PowerPoint に機能を追加するもので、教師や生徒が自分のプレゼンテーションのようすを音声や動画として記録したり、プレゼンテーション中にスライドに書き込みをしたり、設問やアンケート、オンライン動画などを挿入したりすることができます。また、全画面をキャプチャしたり、PC 上のあらゆるものを記録したりすることも可能です。LTI のサポートにより、教師やコミュニティが作成したインタラクティブなミックスをコンテンツや課題として LMS に埋め込むことができます。Office Mix では生徒をシームレスに認証し、生徒の成績は自動的に LMS の採点簿に取り込まれます。

IMS 認定

OneNote と Office Mix が IMS Global Learning Consortium によって正式に認定されました。OneNote Class Notebook は LTI 標準バージョン 1.0 (英語) に、Office Mix は LTI 標準バージョン 1.1 (英語) にそれぞれ準拠しています。マイクロソフトは IMS Global Learning Consortium の一員であり、オープン スタンダード化と相互運用性のサポートに力を入れています。

OneNote Class Notebook LTI の一般提供開始

OneNote Class Notebook LTI アプリの一般提供が開始されました。プレビュー版をご利用の既存のお客様は、これまでと同様に OneNote Class Notebook LTI をご利用いただけます。アプリのすべての設定やコース ノートブックのリンクは引き続き保持されます。

登録済みの生徒を OneNote Class Notebook に自動的に追加

このたびの一般提供開始に伴い、教師の皆様の時間と労力を節約する新機能が OneNote に追加されました。LMS との統合により、コースに登録されている生徒は [LTI] リンクをクリックするだけで自分自身を OneNote Class Notebook に追加できるようになり、教師の皆様がノートブックの作成中にすべての生徒の名前を入力する必要がなくなりました。既定でオンになっている [Automatically add my students when they access this notebook from the LMS link] オプションを選択したままにすれば、登録済みのすべての生徒 (かつ登録済みの生徒のみ) がノートブックにアクセスできるようになります。これにより、時間と労力を節約できるだけでなく、柔軟性も大幅に向上します。学期の途中で LMS のコース名簿に生徒が追加された場合にも、ノートブックに個別に追加する必要はありません。

「当校の教師は、生徒の名前を入力せずに Class Notebook を作成できることや、ノートブックと LMS が緊密に統合された状態を維持できることを望んでいました。Class Notebook と使い慣れた LMS の強力な機能を組み合わせることで、生徒はすべての成果物に一元的にアクセスできます。まさにこのような形の統合を、私たちは望んでいたのです」
—ケント郡教育学区、1:1 コンピューティング プログラム スペシャリスト、Rebecca Keene 氏

OneNote Class Notebook と Office Mix の LTI サポートの詳細については、www.onenote.com/lti および mix.office.com/lti (英語) をご覧ください。

—OneNote チーム & Office Mix チーム

 

Comments (0)

Skip to main content