生産性の向上とスムーズな共同作業の実現に向け、OneDrive ストレージ プランを変更


(この記事は 2015 年 11 月 3 日に OneDrive Blogs に投稿された記事 OneDrive storage plans change in pursuit of productivity and collaboration の翻訳に一部日本市場の情報を追加したものです。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

個人ユーザー向けの OneDrive ストレージ プランを変更することとなりました。OneDrive チームは、今回の変更に伴ってお客様ができる限りスムーズに移行していただけるように取り組んでいます。

Office 365 サブスクリプションをご利用いただいている、一部の個人ユーザーの方に、無制限のクラウド ストレージをご提供してまいりましたが、一部のお客様は多数の PC をバックアップしたり、手持ちのすべての映画や DVR の録画を保存したりするためにクラウド ストレージを使用しており、その容量はユーザーあたり 75 TB を超える場合もあります。これは、平均的なユーザーの 14,000 倍に相当します。マイクロソフトは、このような極端なバックアップ シナリオではなく、大多数の OneDrive ユーザーに役立つ高価値の生産性機能や同作業支援機能を提供することに引き続き注力していきたいと考えています。

変更内容は以下のとおりです。

    • Office 365 Solo、Office Premium 製品をご利用いただいている一部のお客様への無制限ストレージの提供を終了します。これらの製品には 通常1 TB の OneDrive ストレージが付属しています。
    • 新規のお客様には 100 GB および 200 GB の有料プランをお選びいただくことができなくなります。これに代わり、2016 年早々に月 1.99 ドル(日本での販売価格は170円)の 50 GB プランの提供が開始されます。
    • 無料の OneDrive ストレージ容量を 15 GB から 5 GB に変更します。現行および新規のすべてのユーザーの皆様が対象です。また、15 GB のカメラ ロール ストレージの特典も終了します。これらの変更は、2016 年の早い段階から順次適用されます。

お客様に可能な限り簡単に移行していただけるように、マイクロソフトでは以下の対応を行います。

    • 現在 1 TB を超えるストレージ容量を使用している Office 365 の個人ユーザーのお客様には、今回の変更に関する通知を送信します。なお、少なくとも 12 か月間は現在のストレージ容量をご利用いただけます。
    • 現在 5 GB 以上の無料ストレージを使用しているお客様は、2016 年の早い段階に今回の変更が適用されてから少なくとも 12 か月間はすべてのファイルに引き続きアクセスできます。
    • OneDrive 単体のストレージ プラン (100 GB または 200 GB のプランなど) を現在ご利用のお客様には今回の変更による影響はありません。

OneDrive は、これまでも常に単なるファイル ストレージおよびバックアップ以上のサービスとなるように設計されてきました。今回の変更は、スムーズな共同作業を可能にする常時接続のインテリジェントなサービスを引き続き提供するために必要なものです。これにより、生産性を向上してさらに大きな成果を達成したいと考えるお客様にとって最適なオプションとなるように、OneDrive のイノベーションを継続することができます。

詳細については、よく寄せられる質問 をご覧ください。こちらの FAQ は移行期間中、継続的に更新してまいります。

OneDrive チーム

Comments (0)

Skip to main content