Office 365 が新たなステージへ

あらゆる組織のワークスタイル変革実現のために大幅に強化され、本日より法人向けの新しいプラン、「Office 365 Enterprise E5」 を提供開始 日本マイクロソフトは、本日より法人向けのOffice 365 を、コラボレーション、インテリジェントツール、セキュリティの3つの分野にわたって大幅に強化し、法人向けの新しいプランである「Office 365 Enterprise E5 (以下、E5)」としてご提供を開始します。 Office 365 E5は、史上最高の統合的な生産性ソリューションであり、最強のセキュリティを備えたOffice 365 です。E5 のご提供を通じて、人々が、変化の激しい時代に、対応力を備え、よりいきいきと働ける「モダンワークスタイル」の実現をご支援してまいります。   組織横断で人をつなぐ “新たなコラボレーション”の強化 これまで日本マイクロソフトは、Word、Excel といったOffice アプリケーション、メールやチャット、ビデオ会議、エンタープライズソーシャル等のコミュニケーションツールをクラウドから一元的にご提供し、時間と空間を問わない働き方をご支援してまいりました。今回のOffice 365の強化では、新たに電話をクラウドから提供。12月1日から、Cloud PBXを提供開始し、内線電話のクラウド化により、電話のクラウド化の第一歩を踏み出します。クラウド上でのITと電話の管理統合により、より一層、「人」を起点にしたコミュニケーションツールの統合を進め、人と人が素早くつながることのできるコラボレーションを強化します。 なお北米では、世界に先駆けて外線電話のクラウド化を実現する公衆電話網(PSTN)通話が本日より提供開始となります。日本市場に置いても今後提供を予定しております。(尚、提供開始時期は現時点では未定となり、2016年以降を予定しています。) また、Skype for Business のオンライン会議も同時に大幅な強化がなされ、社長訓辞や大規模な社員総会など、参加者が数千を超える規模の通達型の会議にも対応します。ユーザーは社内外からあらゆるブラウザー、デバイスで会議参加が可能になります。提供開始時点では最大10,000人のライブ視聴をサポートし、また、クラウドに録画されたコンテンツはオンデマンド型で視聴が可能です。 Skype Meeting Broadcast  画面   気づきを与える “インテリジェントツール” またデータがあふれる時代、データに埋もれることなく、クラウドのパワーを活用し、人が何をしたいのかを先回りして察知し気づきを与えるインテリジェントツールが、データやナレッジをビジネスのパワーに変えていく支援をしていきます。 新たに提供開始となる、Delve Analyticsでは、組織がどのような業務にどれ位時間を費やしているのか、どのような組織・人が連携しているのかを分析・可視化し、それに基づき、より有効なナレッジを持っている人、連携した方がよさそうな人等、組織横断の連携のヒントを得て、より効果的なコラボレーションを実現します。 またデータ活用も進化しています。今回、Office 365 として提供されるPower BI Pro は誰もが簡単な操作でデータ分析を行え、クラウドで簡単に共有できるため、従来のように一部の専門家が専用のツールを使い、時間をかけてレポートが共有されるというスピード感ではなく、現場社員を含む誰もが自分の手元でデータ分析を行い、ビジネスや市場の状況をリアルタイムに把握することができます。 Delve Analytics 画面  Power BI Pro 画面  …

0

Office 365 先進認証のパブリック プレビュー版の更新

(この記事は 2015 年 11 月 19 日に Office Blogs に投稿された記事 Updated Office 365 modern authentication public preview の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office 365 チームの ID 管理担当テクニカル プロダクト マネージャーを務める Paul Andrew の記事をご紹介します。 先日、Office 365 先進認証のパブリック プレビュー プログラムに多数の機能強化が実装されました。これに伴い、名称を「Office 2013 先進認証パブリック プレビュー」から「Office 365 先進認証パブリック プレビュー」に変更しました。 今回の更新内容について以下にまとめます。 Office 2013 Windows クライアントおよび Office 2016 Windows クライアントの先進認証機能が完成し、一般提供が開始されます。 Office 365 の先進認証機能をご利用の皆様を対象に、通常のマイクロソフト サポートの窓口を通じて運用環境のサポートをご提供します。 Office 2016 の既定の設定で…

0

Office 365、企業のセキュリティとコンプライアンスの分野で進化

(この記事は 2015 年 11 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 innovations in enterprise security and compliance の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   現在 IT 担当者はこれまでにないほど重要性が高く困難な役割を担っています。IT 担当者には、従業員がどこにいてもどんなデバイスを使用しても高い生産性を維持できる環境を整えること、そして、企業のセキュリティを脅かす高度な標的型の脅威が増加する現状においてデバイスとデータのセキュリティを確保することが求められているのです。 昨年マイクロソフトは、Advanced Threat Protection、Customer Lockbox (英語) に加え、Equivio (英語) と統合された高度な電子情報開示機能など、多数の新しいセキュリティ機能とコンプライアンス機能を Office 365 に導入しました。これらの新機能は、市場をリードする Office 365 に既に組み込まれているセキュリティ機能をさらに拡張するものです。今回、2015 年 12 月 1 日からこの Customer Lockbox と高度な電子情報開示機能をご購入いただけるようになります。 インテリジェントなセキュリティとコンプライアンス Office 365 はインテリジェント プラットフォームとして開発が進められ、Delve などの機能を通じて貴重なインサイトをお客様に提供しています。また、インテリジェンス指向型のアプローチにより Office 365 のデータのセキュリティ、プライバシー、透明性が確保されています。私たちを取り巻く脅威は急激に変化し、さらに高度な攻撃手法が日々生み出されていますが、その一方で企業が管理しなければならないデータの量は飛躍的に増加しています。こうした状況において Office…

0

Word のリアルタイム共同編集機能の詳細

(この記事は 2015 年 10 月 30 日に Office Blogs に投稿された記事 Word real-time co-authoring—a closer look の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   先日、ついに Office 2016 が正式に公開されました。そこで、今回は Office スイートでも注目の新機能であるリアルタイム共同編集の詳細をご紹介します。Word チームは、Windows 用 Office 2016 においてこの新機能をリリースできたことをたいへん嬉しく思います。 今日の職場環境では、必ずしも面と向かって共同作業が行えるわけではなく、アイデアや情報の共有に時間をかけてもいられません。実のところ、今回のブログ記事をお届けするために数多くの共同作業がリアルタイムで行われました。異なる建物にいるエンジニアリング チームとマーケティング チームが協力し、コメントやコンテンツをまとめ上げたのです。時には、複数の担当者がドキュメントを同時に編集することもありました。 それを可能にしたのが Word 2016 のリアルタイム共同編集機能です。実際には、2013 年に Office Online のリアルタイム共同作業機能として導入されたのが最初です。しかし、Office 2016 ではこの機能がさらに進化し、クライアント内から利用できるようになったことで、柔軟性も大幅に向上しました。これにより、従来のように他のアプリケーションで共同作業を行ってから、変更点やコメントを統合し、ドキュメントの最終版を完成させるといった具合に、クライアントの内外で作業を行う必要がなくなりました。そのため、ユーザーは共同作業中に Office のすべての機能を活用することができます。リアルタイム共同編集機能では、アプリケーション内から瞬時に共同作業に参加できるため、面と向かって作業を行っている感覚により近づきました。共同作業を行っているユーザーは、Windows 用 Office または Office Online を使用して、より効率的かつ迅速にドキュメントの細部まで調整し、完成させることができます。 リアルタイム共同編集機能の利用開始 リアルタイム共同編集機能の利用を開始するには、Word 2016 ドキュメントを OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint Online…

0

共同作業に対応した Outlook 2016 のファイル添付機能

(この記事は 2015 年 11 月 9 日に Office Blogs に投稿された記事 Attachments in Outlook 2016—ready for collaboration の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 直前まで作業していたファイルを添付しようとして探し回ったり、共有されたリンクを探して後からメールの山をあさったりするのは面倒です。Windows 版 Outlook 2016 のリリースにより、ファイルの添付が大幅に簡単になりました。今後は、PC、スマートフォン、タブレットのいずれを使用している場合にも、ファイルの検索や共有に伴う手間が省けます。 新しくなったファイル添付機能で最初に目に付くのは、[Recent Items] として最近アクセスしたドキュメントの一覧が表示されることです。[Recent Items] リストには、ローカル ハード ドライブに加えて、OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint のドキュメントが表示されるため、お手持ちのあらゆるデバイスからアクセスしたファイルを簡単に選択できます。 目的のファイルが [Recent Items] リストに表示されない場合は、[Browse Web Locations] を選択すると OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に簡単に移動できます。また、PC に保存した他のファイルを添付する場合は、[Browse this PC] を選択するとエクスプローラーが開きます。 OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint に保存されたファイルを共有する場合、Outlook の新しいファイル添付機能では、受信者に付与する権限をひとめで確認することができます。これらの権限を変更することはもちろん、共有する代わりにファイルのコピーを添付することも可能です。いずれの操作もファイルが保存されている場所まで自分で移動する必要はありません。 メールを送信すると、Outlook によって、すべてのユーザーに対して適切な権限が自動的に付与されます。また、OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint…

0

iOS および Android 向け Outlook が急速に普及、デザインを刷新

(この記事は 2015 年 10 月 28 日に Office Blogs に投稿された記事 Outlook for iOS and Android gains momentum, gets new look の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Outlook チーム担当コーポレート バイス プレジデントを務める Javier Soltero の記事をご紹介します。 1 月の提供開始 (英語) 以来、iOS および Android 向け Outlook アプリを多くの皆様にご利用いただき、Microsoft Outlook チーム一同たいへん感謝しております。当初申し上げましたように、私たちの目標は、すべてのモバイル プラットフォームに真の Outlook メール エクスペリエンスを提供するというものです。おかげさまで、現在、スマートフォンやタブレットで Outlook を利用するアクティブ ユーザーは約 3,000 万人に達しています。そのうちおよそ 5 人に 1 人が複数のアカウントに接続しています。また、会社の中でも外でも Outlook を日常的に利用しているという話をお客様から何度となくうかがっています。その規模は、1 か月あたり…

0

iPad Pro 向け Microsoft Office アプリをリリース

(この記事は 2015 年 11 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 Microsoft Office apps are ready for the iPad Pro の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Office チームのコーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。 このたび、さまざまなデバイス、プラットフォームをご利用のすべてのユーザーに向けて、優れた Office エクスペリエンスを提供するべく、マイクロソフトは新たな一歩を踏み出しました。9 月にお知らせしたとおり、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote の各アプリが iPad Pro 向けに最適化 (英語) されました。これら最新の Office アプリが利用可能となり、新しいマルチタスク機能を活用できるようになったことで、iPad Pro における生産性は急速に向上します。 この記事では、iPad Pro のマルチタスク機能によって際立つ Office の新機能をいくつか紹介します。 Split View 2 つのアプリを同時に使用しなければならない場合も、Split View なら問題ありません。画面上で 2 つの Office…

0

OneDrive の変更に関してよく寄せられる質問(FAQ)

(この記事は 2015 年 11 月 3 日に OneDrive Blogs に投稿された記事 OneDrive Changes FAQ の翻訳に一部日本市場の情報を追加したものです。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回発表された変更について教えてください。 Office 365 Solo, Office Premium製品をご利用の一部の方に容量無制限のストレージを提供してまいりましたが、このサービスが廃止されることになりました。現時点より、これらのサブスクリプションの OneDrive ストレージの容量は 1 TB となります。 また、2016 年初旬より、新規ユーザーへの 100 GB または 200 GB の有料プランの提供を廃止し、これに代わって 50 GB のプランを月額 1.99 米ドル(日本での販売価格は170円)で提供します。 無料の OneDrive ストレージについては、既存ユーザーと新規ユーザーのどちらの場合でも容量を 15 GB から 5 GB に縮小します。カメラ ロールのボーナスとして付与されている 15 GB の追加ストレージも廃止となります。これらの変更は、2016 年の初旬よりロールアウトが開始されます。 今回の変更が実施される理由を教えてください。 Office 365 の一部の個人ユーザー向けに容量無制限のクラウド ストレージの提供を開始して以来、一部のお客様が多数の…

0

生産性の向上とスムーズな共同作業の実現に向け、OneDrive ストレージ プランを変更

(この記事は 2015 年 11 月 3 日に OneDrive Blogs に投稿された記事 OneDrive storage plans change in pursuit of productivity and collaboration の翻訳に一部日本市場の情報を追加したものです。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 個人ユーザー向けの OneDrive ストレージ プランを変更することとなりました。OneDrive チームは、今回の変更に伴ってお客様ができる限りスムーズに移行していただけるように取り組んでいます。 Office 365 サブスクリプションをご利用いただいている、一部の個人ユーザーの方に、無制限のクラウド ストレージをご提供してまいりましたが、一部のお客様は多数の PC をバックアップしたり、手持ちのすべての映画や DVR の録画を保存したりするためにクラウド ストレージを使用しており、その容量はユーザーあたり 75 TB を超える場合もあります。これは、平均的なユーザーの 14,000 倍に相当します。マイクロソフトは、このような極端なバックアップ シナリオではなく、大多数の OneDrive ユーザーに役立つ高価値の生産性機能や同作業支援機能を提供することに引き続き注力していきたいと考えています。 変更内容は以下のとおりです。 Office 365 Solo、Office Premium 製品をご利用いただいている一部のお客様への無制限ストレージの提供を終了します。これらの製品には 通常1 TB の OneDrive ストレージが付属しています。 新規のお客様には 100 GB…

0

Sway のユース ケース③: 小規模ビジネスでの活用例

(この記事は 2015 年 7 月 16 日に Office Blogs に投稿された記事 Sway Use Case series #3: Small business Sways の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) デジタル ストーリーテリング アプリである Sway を活用すれば、学生、教師、各業界の専門家そして一般ユーザーのだれもが、斬新かつインタラクティブな方法で、さまざまな場面の物語を伝えることができます。このブログ シリーズでは、異なる分野のお客様がそれぞれのアイデアを魅力的に表現した個性あふれる Sway を紹介しています。 以前の Sway ユース ケースの記事 (英語) では、シェフ、美食家、料理研究家による料理をテーマにした美味しそうな Sway をご堪能いただきました。今回は、小規模 ビジネスや各業界の専門家が、Sway を社内や顧客向けの本格的なストーリーテリング、共同作業、アイデア共有の新たな手段としてどのように活用しているかを見ていきたいと思います。以下の活用例をご覧ください。 イベント会場のパンフレットで見込み顧客にアピール Maudsley Learning (@MaudsleyLearn) でセールス アンド マーケティング マネージャーを務める Jonathan Price 氏 (ロンドン在住、@JonnoPrice) は、ロンドンの ORTUS ラーニング アンド イベント センターのサービスや施設を案内する魅力的な宣伝用のパンフレットを Sway…

0