新しい Visio が登場 - 作業を視覚化


(この記事は 2015 年 10 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 The new Visio is here—work visually の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

Visio は業界屈指の作図ソリューションで、1,200 万人を超える方々にご利用いただいています。今回はその最新機能をご紹介します。

Visio 2016 がリリースされ、ビジネス プロセスを定義したり、ベスト プラクティスをドキュメント化したり、斬新な構想の未来予測を視覚化したり、運用に関するインサイトを常に把握したりといったことをすべてのユーザーが簡単に行えるようになりました。Office 365 を使用すれば、このような Visio の図をあらゆるユーザーと共有して、全員で同じ単一のバージョンをやり取りできるため、企業全体で足並みを揃えることができます。

Visio 2016 には、スターター図面、数百種類のスマート シェイプ、1 ステップでのデータ リンク、Information Rights Management (IRM) によるコンプライアンス機能など、さまざまな機能が備わっています。作業を視覚化すると、これまでよりも作業が簡単になり、作業時間も短縮されます。

すぐに利用可能

新しい Visio では、図形の描画を開始するときに、事前作成されたスターター図面を利用できます。また、コンテキストに応じたヒントやコツが表示されるので、図の作成や編集も簡単です。

最も使用頻度の高い 15 の分野 (フローチャート、タイムライン、ワークフロー図など) でスターター図面が用意されており、ユーザーの発想力を刺激し、作成開始から完成まで導きます。

新たに組み込まれた操作アシスト機能は、800 以上の Visio コマンドを案内してくれます。実行したい操作内容を Visio の操作アシスト ボックスに入力すると、関連するコマンドがシンプルなドロップダウン リストに表示されるので、いずれかの項目をクリックしてそのコマンドを実行することができます。この機能のおかげで、初めてのユーザーでも Visio の機能を最大限に活用できるでしょう。

生産性向上とコンプライアンス維持を支援

Visio には、BPMN 2.0 や UML 2.4、IEEE (新たに対応) などの業界標準に準拠した図が多数用意されています。新しい Visio は、IT ネットワークを図示したり、組織図を作成したり、ビジネス プロセスをドキュメント化したり、近代的なフロア プランを作成したり、ホワイトボードからフローチャートをキャプチャする場合などに、作業を視覚化できるだけでなく、コンプライアンス状態を維持するためにも役立ちます。

その例をいくつかご紹介します。

1 ストップでプロセスをモデル化

近代的なスタイルでオフィス レイアウト図のテンプレートを更新

IEEE に準拠した電気回路図

データと図を簡単に接続

Visio では、Excel や Active Directory、SharePoint、SQL Server などの一般的なデータ ソースと図をリンクさせて、実際の画面上にデータを表示することができます。たとえば、製造ラインを Visio で描画し、図の各コンポーネントに接続して、運用データをリアルタイムで表示することが可能です。データにリンクされた図は自動的に更新され、参照先のデータが変更されるとそれに応じて表示されているアイコンやシンボル、色も変化します。

Visio 2016 のクイック インポート機能を使用すると、だれでも簡単にデータと現実世界の図や計画、プロセスをリンクさせることができます。1 クリックで自動的にデータ ソースを識別してインポートし、そのデータを図にリンクしたりデータのグラフィックに適用したりすることが可能です。この 1 ステップでのデータ リンクにより、図をダッシュボードとして使用したり、進捗状況やパフォーマンスをリアルタイムで監視したりできます。

また、Visio 2016 ではグラフィックを 1 クリックでお好みのものに差し替え、データをひと目でわかりやすい形にまとめることもできます。

共同作業機能の信頼性を向上

他のユーザーと協力して日常的な作業を進める機会はかつてないほど増加しています。このため、図に含まれている機密情報を新たなレベルで保護する方法が必要です。今回 Visio 2016 で新たに Information Rights Management (IRM) がサポートされ、個別のユーザーごとにドキュメントへのアクセス権を管理できるようになりました。

このように Visio 2016 では、これまでにない強力な機能により、作業を視覚化し、データを活用し、機密情報を保護することができます。ぜひ Visio Pro for Office 365 の試用版を利用して Visio の新しいエクスペリエンスをお確かめください。

さらに詳しく知りたい方は、新しい Visio のテスト用サイト (英語) をお試しいただけます。

—Stella Lin (Visio チーム、シニア プロダクト マーケティング マネージャー)

Comments (0)

Skip to main content