9 月 23日よりOffice 2016 を Office 365 ユーザーに提供開始!


昨日、Office 365 テクニカル プロダクト マネージメント担当ゼネラル マネージャー Julia White から Office 2016 の提供開始に関する発表がありました。

日本市場においては、法人向けおよび個人向けOffice 365 ユーザー(Office Premium を含む)に対し、日本時間9月23日より提供開始します。ボリューム ライセンス契約を締結されているお客様は、10 月 1 日よりボリューム ライセンス サービス センターから Office 2016 をダウンロード可能です。また個人向けのOffice 2016 永続ライセンス版 の提供開始日については後日、本ブログにてご案内させていただきます。

Office の更新モデルの強化

現在 Office 365 ProPlus (企業および組織のお客様向けの Office アプリのサブスクリプション版) をご利用のお客様には、ここ数年間と同様に、機能更新プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが月 1 回の頻度で提供されます。今後、常に最新の状態が維持されるこの更新モデルは Current Channel と呼ばれます。このモデルでは、常に最新の Office アプリと機能が展開されます。次の Current Channel は 9 月 23 日にリリースされ、Office 2016 アプリのすべての更新が含まれる予定です。

Office 365 ProPlus をご利用の企業のお客様から寄せられた多数のフィードバックに基づき、Office の更新モデルとして新しく Current Channel for Business が追加されます。このモデルは、お客様の企業が新しいバージョンの Office の展開を数か月間保留にしている場合や、Office 2016 やカスタマイズをテストするために時間が必要な場合に最適です。

Windows 10 のアプローチと同様に、新しい Current Channel for Business の更新モデルでは年 3 回の累積機能更新プログラムが提供されます。一方で、セキュリティ更新プログラムは引き続き月 1 回の頻度で提供されます。1 回目の Current Channel for Business ビルドの提供は 2016 年 2 月を予定しています。提供される機能は 9 月 23 日のリリースと事実上変わりませんが、それまでの 4 か月分のセキュリティ更新プログラムが追加されます。この年 3 回の更新モデルが、今後 Office 365 ProPlus を最新の状態に維持するための新しいオプションとなります。新しいサービス提供オプションの詳細については、TechNet の記事 (英語) をご確認ください。

Office 365 ProPlus における Current Channel (CC) および Current Channel for Business (CCB) の更新モデル

注意: Office Premium および Office 365 Solo をご利用のお客様は、9 月 23 日よりマイアカウント ページ  から Office 2016 アプリをインストールしていただけるほか、自動更新プログラムの展開も 10 月より開始されます。つまり、この新しい年 3 回の更新モデルは、Office 365 ProPlus サブスクリプションをご利用の企業のお客様にのみ適用されます。

新しい Office に追加された IT 機能

今回のリリースでは、Office 365 ProPlus をご利用のお客様から寄せられたその他多数の IT 関連のご要望にも対応しています。その 1 つが、バックグラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) による展開サポートです。これにより、更新プログラムを展開する際や、Office 365 管理ポータルで提供される Office のライセンス認証および使用状況に関する新しいレポートを展開する際に、ネットワーク トラフィックの制御がサポートされます。

新しい Office では、新たな展開および管理オプション以外にも、Office 2016 アプリ全体でのデータ損失防止や、多要素認証 (英語) など、ミッション クリティカルな制御機能がサポートされます。

Office の既存のカスタマイズとの互換性を維持するために、マクロやアドインの拡張性モデルは変更していません。プレビュー版の評価に参加されたお客様は、Office 365 ProPlus (15.x) のバージョンを管理、展開するためのツールやプロセスの大半が Office 2016 でも同様に利用できるようになっています。また 8 月には、Office 365 ProPlus から Office 2016 への更新方法 (英語) に関するガイダンスを公開しています。

11 月に、IT プロフェッショナルおよび開発者の皆様を対象とした新しいイベント「Microsoft Cloud Roadshow (英語)」がスタートします。世界中の 12 の都市で開催されるこのイベントでは、Office、Azure、Windows のさまざまなトピックを取り上げ、2 日間にわたる技術トレーニングを実施します。参加は無料で、マイクロソフトが誇る最高峰のエンジニアがトレーニング セッションの講師を務めます。現在、会場への参加登録を受け付けています。この他にオンデマンドで閲覧できるプレゼンテーション、ハンズオン ラボ、追加のトレーニング資料も近日中に公開される予定です。

9 23 日に改めて情報をご確認ください。

今回の記事では、近日に迫った Office 2016 のリリースに関して、管理者の皆様をサポートするための取り組みの一部をご紹介しました。現在も今年 3 月公開したIT プロフェッショナルおよび開発者向けの Office 2016 Preview をダウンロードすれば、新機能を試していただくことができます。9 月 23 日以降、さらに多くの情報を公開していきます。ぜひご確認ください。

Comments (0)

Skip to main content