Android スマートフォン向け Office の一般提供を開始


(この記事は 2015 年 6 月 24 日に Office Blogs に投稿された記事 Office for Android phone is here! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、Office クライアント アプリケーションおよびサービス担当コーポレート バイス プレジデントを務める Kirk Koenigsbauer の記事をご紹介します。

このたび、新たに Android スマートフォン向け Word、Excel、PowerPoint の各アプリの一般提供開始が発表されました。これにより、既にリリースされていた Android タブレット向け Office アプリと併せて、世界中の数百万の Android ユーザーに Office エクスペリエンスを提供できるようになります。ぜひ今すぐ、お持ちの Android スマートフォンに WordExcelPowerPoint をダウンロードしてご利用ください。

5 週間前、マイクロソフトは Android スマートフォン向け Office のプレビュー版 (英語) をリリースしました。プレビュー ユーザーの皆様のご協力に心より感謝いたします。おかげさまで、83 か国、1,900 モデルの Android スマートフォンでアプリをテストすることができました。この数週間、プレビュー期間中に何千ものプレビュー ユーザーからお送りいただいたご意見を拝見し、今回リリースしたアプリに反映させてきました。たとえば、Google ドライブや Box といった人気の高いサードパーティ ストレージ サービスへの接続が容易になったほか、操作性の面でも調整を重ね、アプリ内のコマンドが利用しやすくなっています。

新しい Android スマートフォン向けアプリの中でも、私が個人的に気に入っている点をいくつかご紹介します。

  • 外出先でのレビューと編集 – 日中、外回りの合間にドキュメントを急いでレビューする必要に迫られることがよくありますが、そのようなときにもドキュメントの内容が忠実に再現された状態でレビューでき、コメントを読んでから簡単に自分のコメントを追加することができます。
  • スマートフォンでのプレゼンテーション – ミーティングに自分のスマートフォンを持っていき、ワイヤレスでプレゼンテーションできる点がとても気に入っています。Android スマートフォン向け PowerPoint では、デスクトップで操作しているときと同じように画面の切り替え、アニメーション、デザインが利用できるうえ、プレゼンテーション中にインク機能を使用して重要なポイントを強調表示することも可能です。
  • ドキュメントへのすばやいアクセス – オフィスで編集していたドキュメントをスマートフォンでもすぐに見つけることができます。最後に作業していた箇所も表示されます。また、私は OneDrive を愛用しているのですが、サードパーティ ストレージ プロバイダーもサポートされているので、Dropbox、Google ドライブ、または Box に保存されているドキュメントにもアクセスすることができます。
  • 入手のしやすさ – マイクロソフトは、Samsung、ソニー、LG をはじめとする 30 を超えるグローバルまたはローカルの多くの企業 (英語) と OEM パートナーシップを結び、さまざまな Android デバイスに Office アプリをプリロードしています。これらのデバイスの多くが、年内にも販売店の店頭に並ぶ予定です。

Android 向け WordAndroid 向け ExcelAndroid 向け PowerPoint の各アプリは、本日より Google Play ストア* からダウンロードできます。これらのアプリの開発作業は非常に楽しいものでした。皆様にも楽しくご活用いただけましたら幸いです。

— Kirk Koenigsbauer

* 中国では、Word、Excel、PowerPoint の各アプリは Tencent、Baidu、Xiaomi、CMCC の各アプリ ストアで入手可能です。また、グローバル向けの Samsung Galaxy ストアでも入手できます。

Android および Google Play は、Google Inc. の商標です。

Comments (0)

Skip to main content