Office for Windows 10 と Office 2016 の発表


追記

(2月4日に Office プロダクト マネージメント チームのゼネラル マネージャーJulia White によって投稿された追記の翻訳です。)

2 週間前、Windows 10 向けの新しいユニバーサル Office アプリ(Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote)が、PC、タブレット、スマートフォンに提供されることをお知らせしましたが、本日、そのWord、Excel、PowerPoint のテクニカル プレビューが Windows 10 テクニカル プレビュー搭載の PC、ノート PC、タブレットに向けてリリースされました。また、今後数週間のうちに、Windows 10 搭載のスマートフォンおよびタブレット用の同アプリのプレビューも公開される予定です。

この "ユニバーサル" Office アプリはタッチ操作とモバイル デバイスでの使用に最適化されていて、外出時にキーボードとマウスが無くても快適に操作できるようになっています。

Windows 10 テクニカル プレビュー プログラムへの参加方法の詳細は、こちらのページ をご覧ください。既に Windows 10 テクニカル プレビューをご利用の方は、本日より新しいベータ版 Windows ストアで Word (英語)Excel (英語)および PowerPoint (英語) を検索すると、各アプリを確認いただけるようになっています。現在、ユニバーサル Office アプリ上で日本語の入力は行うことはできませんが、今後のアップデートにて日本語入力の対応を行っていく予定です。タッチ対応の PC、ノート PC、タブレットを使って、プレビュー版のWindows 10 向け Office アプリのテストにご協力いただけますと幸いです。

(下記の記事は 2015 年 1 月 22 日に Office Blogs に投稿された記事 The next chapter of Office on Windows の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、Office プロダクト マネージメント チームのゼネラル マネージャーを務める Julia White の記事をご紹介します。

昨日 Windows 10 について発表し、ユーザーや組織の生産性を向上させる新世代のエクスペリエンスについてご説明しました。私たち Office チームは、Windows 10 との連携を通じて、このプラットフォームに魅力的な新しい Office エクスペリエンスを提供すると共に、使用デバイスを問わず、すべてのユーザーにかつてない生産性をもたらすというマイクロソフトのミッションを推進してまいります。私たちが過去 12 か月以上にわたって、従来の Office エクスペリエンスを見直し、「モバイルファースト、クラウドファースト」の世界の実現を目指してきたことは、皆様もご存じのとおりです。そしてこのたび、この取り組みの次のステップとして、Windows 10 向けにタッチ & モバイルに最適化された Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook を提供することとなりました。

新しい Office エクスペリエンスについては、昨日の発表時に Joe Belfiore が実施した Windows 10 デモを既にご覧いただいたかと思います。もしまだの場合は、Windows Phone を使った Windows 10 向け Word のデモWindows 10 向け PowerPoint のデモをぜひご確認ください。

あらゆるデバイスでタッチ & モバイルファーストのユーザー エクスペリエンスを実現する Windows 10 Office "ユニバーサル" アプリ

Windows 10 向け Office は、スマートフォンやタブレットのような画面の小さいデバイスでも Microsoft Surface Hub のような大画面のオールインワンでも高いパフォーマンスを発揮する、タッチ操作に最適化された Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook を提供します。これらの Office アプリは Windows 10 向けにゼロから設計されたものですが、使い慣れた従来の Office とまったく同じようにご利用いただけます。「ユニバーサル」を標榜するとおり、あらゆるサイズのデバイスに同じエクスペリエンスが提供されるため、独立系ソフトウェア ベンダーや開発者は、一貫した方法でアプリを拡張、統合することができます。

この新しい Office アプリは、Windows 10 が搭載されたスマートフォンやタブレットに無料でプレインストールされています。他のデバイスをご利用の場合は、Windows ストアからダウンロードしていただけます。Office ユニバーサル アプリは、今後数週間以内に Windows 10 テクニカル プレビューの一部として提供され、今年中に一般提供される見込みです。

Office チームでは、これと並行して、Office 2016 (仮称) と呼ばれる Office デスクトップ スイートの次期バージョンの開発にも精力的に取り組んでいます。Office 2016 については数か月以内に詳細をお知らせできる予定です。こちらは、長らくご愛顧いただいている包括的な Office エクスペリエンスを提供するスイートであり、キーボードとマウスを使用する PC 向けに最適化されています。このスイートの一部として、魅力的な機能の数々を新たにご紹介していきますので、今後の Office ブログにぜひご注目ください。Office 2016 は 2015 年下半期に一般提供が開始される予定です。

これを踏まえて、Windows 10 向けの新しい Office ユニバーサル アプリについてもう少し詳しくご説明していきましょう。新しい Office ユニバーサル アプリは、いずれもタッチ & モバイル向けに設計されており、あらゆるデバイスで快適に機能します。

  • Windows 10 向け Word: 美しい見た目の Word ドキュメントを作成、編集できます。校閲し、マークアップを挿入したドキュメントを他のユーザーと共有し、リアルタイムで共同作業を行うことも可能です。閲覧モードでは、新しい Bing ベースの Insights 機能を使用して、ドキュメントを表示している画面上に画像、関連する Web ページ、辞書の定義などといったオンライン リソースを確認できます。

  • Windows 10 向け Excel: スプレッドシートを作成、更新できるのはもちろん、グラフを使用してデータを分析し、視覚化することによって、新しい洞察が得られます。タッチファーストの新しいコントロールが導入されており、キーボードやマウスを使わなくても、複数のセルの選択、円グラフの書式設定、ワークブックの管理をスムーズに行うことができます。

  • Windows 10 向け PowerPoint: 美しいプレゼンテーションを作成、編集できます。発表者ツールを活用すれば、自信を持ってプレゼンテーションに臨めます。プレゼンテーションの実行中に、インク ツールを使用してスライドにリアルタイムで注釈を付けられるため、内容をよりわかりやすく説明できます。

  • Windows 10 向け OneNote: 考え、アイデア、タスクを取り込むことができます。他の Office アプリケーションと同様のリボン UI を使用して、友人、クラスメート、同僚とノートを共有すれば、共同作業がこれまで以上に容易になります。

  • Windows 10 向けの Outlook のメールと予定表: Microsoft Word の編集エクスペリエンスに組み込まれた、おなじみの多彩な機能を活用して、より表現力の高いメールを簡単に作成できます。表、画像、箇条書きを追加したり、色を設定したりすることにより、メッセージの内容がスムーズに伝わります。メッセージの参照、並べ替え、フラグの設定、保存に対応した新しいタッチ ジェスチャを利用して、受信トレイを整理することも可能です。

ペン入力、Insights for Office といった独自の機能をはじめ、Windows 10 搭載タブレット向け Office ユニバーサル アプリのデモにご興味がございましたら、ぜひこちらの Office Mechanics の動画をご覧ください。

Windows 版 Office の新たな 1 章はここから始まります。

—Julia White

現在ユニバーサル Office アプリ上で日本語の入力は行うことができません。今後のアップデートにて日本語入力の対応を行っていく予定です。

Comments (0)

Skip to main content