OneNote を利用したグローバルな学習と共同作業

(この記事は 2015 年 12 月 15 日に Office Blogs に投稿された記事 Global learning and collaboration with OneNote の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、ベルギーで社会人教育コースの講師を務める Koen Timmers 氏の記事をご紹介します。 私は、ベルギーで社会人を対象にコンピューター サイエンスと Web デザインを教えています。講座を担当するうえでの目標は、クラスのペーパーレス化と受講生の意欲を引き出すことです。授業では共同作業を通じて課題解決型学習 (Project Based Learning) を行うことで、受講生が自身のニーズや興味を満たせるようにサポートしています。また、ブレンド型学習 (Blended Learning) を採用しているため、授業の半分は自宅から Skype for Business を使用して行っています。 OneNote は、私と受講生の両者のニーズを満たしてくれる存在です。この記事では、私の授業での OneNote の活用方法をご紹介したいと思います。 ペーパーレス化の必要性 クラスのペーパーレス化を目指す理由は、紙のドキュメントはすぐに情報が古くなるうえ、環境にも悪く、双方向性に欠けるためです。ペーパーレス化を実現するためには、古くなった学習用ソフトウェア (コースウェア) を更新したり、そのコースウェアを共有する難しさを克服したりと、さまざまな問題を解決する必要がありました。私の授業は課題解決型であるため、コースウェアは常に受講生のニーズに合っていなければいけません。たとえば、受講生から追加情報が欲しいという要望があったため、付録を追加する必要がありました。また、大量のドキュメントを用意していたにもかかわらず、以前のデジタル教科書には授業スケジュールやその他の重要な情報が含まれていませんでした。そのため、受講生は必要な情報を見つけるために 20 ものファイルを検索しなくてはいけませんでした。さらに、一部の受講生からは動画や音声という形で簡単なヒントを提示して欲しいという声が挙がりました。 そこで、私は OneNote の導入を決めました。1 つの OneNote Class Notebook を 3…

0

Office での共同作業: 外出先でも生産性を高める iOS 向け Office

(この記事は 2015 年 12 月 2 日に Office Blogs に投稿された記事 Collaboration in Office—Office for iOS offers productivity on the go! の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   使用しているプラットフォームや場所を問わず、他のユーザーと協力することは Office での共同作業に欠かせません。iOS 向け Office を使用すれば、iPhone や iPad でドキュメントを簡単に検索、編集、共有できます。 iOS 向け Office の使用を開始する iOS 向け Office を最大限に活用するために、Microsoft アカウントまたは職場や学校の組織アカウントでサインインすることをお勧めします。アカウントをお持ちでない場合は、[Account] タブで [Sign in] をタップし、アカウントに関連付けるメール アドレスを入力します。アカウントをお持ちの場合は、適切なサインイン ページにリダイレクトされます。リダイレクトされない場合は新しい新規ユーザーのセットアップ プロセスのガイドに従ってください。   だれでも無料 Office for iPhone と Office for iPad…

0

Office 365 の ISO 27001 および ISO 27018 の監査評価レポートを発表

(この記事は 2015 年 12 月 14 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing the Office 365 ISO 27001 and ISO 27018 audit assessment report の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 では、お客様のデータのセキュリティとプライバシー保護が最重要事項 (英語) です。マイクロソフトは、お客様のデータの安全性を保つために、セキュリティ機能の向上とプライバシー標準の準拠に重点的に取り組んでいます。お客様に最大限の透明性をご提供するべく Office 365 の情報セキュリティおよびプライバシー制御に関する監査を強化しました。独立した第三者監査機関に依頼して Office 365 が国際標準 ISO 27001 および ISO 27018 に準拠しているかを確認するテストと評価を行ったところ、Office 365 は大手クラウド サービスの中で基準を満たしている初のサービスとして評価されました。Office 365 の ISO 27001 および ISO 27018 の監査評価レポートは、Office 365 Service Trust Portal…

0

メール アーカイブ – 優れた機能活用による 5 つのメリット

(この記事は 2015 年 11 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 Email archiving—5 reasons why this is the best email feature you never use の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   読者の皆様は、企業環境においても、それ以外の場合でも、毎日多くのメールを送受信していることと思います。メールは、仲間や同僚、クライアント、友人、家族などとすばやく連絡を取れる、便利な手段です。また、会話をドキュメント化し、情報を検索可能なリポジトリとして活用できることからも、企業では主要なコミュニケーション ツールとなっています。 ある調査では、企業が保有する知的財産の 4 分の 3 はメールやメッセージング システムの中に存在するという結果が出ています。このため、メール データは、ただごみ箱に入れるのではなく確実に保護することが重要となります。しかし、大量の情報を企業のストレージ サーバーに保存すると、大きな負荷がかかります。 この問題はどうすれば解決できるでしょうか。 メール アーカイブは、新しい手法などではなく、何年も前からツールとして存在しています。企業でもこれを活用しない手はありません。メールのアーカイブには、次の 5 つのメリットがあります。 ストレージ: 使用中のサーバーにメール データが格納されていると、サーバーの使用量が増加するにつれてパフォーマンスが大きく低下します。これを解消するには、メールをまとめて削除するか、他の場所に格納するしかありません。しかし、前者の場合は重要なデータが永久に失われてしまうため、賢明な方法とは言えません。メール アーカイブは後者に当たり、データをサイト外の安全なサーバーやクラウド環境に移します。ソリューションによっては高度な圧縮技術や重複除去技術が採用されているため、ディスクの消費量が抑えられ、場合によっては 50% 以上 (英語) 削減されます。 復元: 企業で現在使用しているバックアップ ソリューションによっては、アーカイブ データはディスク使用量が少ないため、データの復元が必要な場合に復元処理が速くなることがあります。また、アーカイブされたメールではメール サーバーのデータ読み込み量も減少するため、復元処理が高速化され、負荷も軽くなります。 セキュリティ: 古いメールをどこか「目に付かない場所」に格納するだけでは、使用中の受信トレイ環境のメールと同様に保護しているとは言えません。適切なメール アーカイブ ソリューションを使用すると、継続的なデータ…

0

Office 365 Exchange Online Archiving が SEC Rule 17a-4 の要件に準拠

(この記事は 2015 年 11 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365 Exchange Online Archiving now meets SEC Rule 17a-4 requirements の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 のインプレース アーカイブ機能は、お客様のストレージの容量節約に大きく貢献しています。マイクロソフトの革新的なインプレース機能とシームレスなアーカイブ エクスペリエンスは、市場で数多くの方々にご利用いただいています。現在、Office 365 では、数百万のアーカイブ メールボックスがアクティブに使用されています。 ほとんどの場合は既存のアーカイブ ソリューションで問題ありませんが、お客様によっては、記録保持に関する業界独自の規制要件に準拠することが必要な場合があります。たとえば、銀行や証券会社などの金融サービス企業では、米国証券取引委員会 (SEC) の規則 17a-4 の電子データ保持に関する要件を遵守することが求められます。規則 17a-4 では、記録保持の期間、形式、品質、利用可能性、説明責任、およびその他の項目について定められています。多くの場合、アーカイブ ソリューションが規則 17a-4 の要件に対応しているかどうかが、SEC の規制遵守が必要なお客様にとってテクノロジを採用する鍵となります。 Exchange Online Archiving (EOA) サービスはこのようなお客様の規制遵守の義務に対応しており、このことを十分にご理解いただくために、特に規則 17a-4 の要件について説明する Exchange Online Archiving のホワイトペーパーを公開しました。 このホワイトペーパーでは、規則 17a-4…

0

Sway の新しい管理機能 – ユーザー単位のライセンス管理、[挿入] タブのソースの制御など

(この記事は 2015 年 12 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 New Sway admin controls—per-user licensing, Insert tab source controls and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Sway の一般提供が 8 月に開始 (英語) され、世界中で Office 365 の対象企業および対象教育機関のユーザーが Sway を使用できるようになりました。マイクロソフトでは、引き続きお客様からのフィードバック (英語) に耳を傾け、よく寄せられるご要望にお応えするべく全力で取り組んでいます。こうした取り組みの成果として、このたび Sway に新しい管理機能を追加いたしました。この機能により、Office 365 管理者が組織内での Sway の利用を管理、カスタマイズする際のエクスペリエンスが改善されます。 Sway にユーザー単位のライセンス モデルを導入 Sway にユーザー単位のライセンス モデルが実装されました。これにより、Office 365 管理者は Sway へのアクセスを、組織レベルではなくユーザーまたはグループ単位で割り当てられるようになります。よりきめ細かい管理ができるだけでなく、Sway を組織全体に展開する前に一部のユーザーだけで簡単にパイロット プログラムを実行することも可能になります。ユーザーに対して Sway を無効化すると、そのユーザーには…

0

Excel 2016 のデータ モデルで高度な名前変更機能をサポート

(この記事は 2015 年 12 月 1 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing smart rename support in the data model for Excel 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   新たにアナリストのワークフローを改善する機能が Excel 2016 に導入され、Power Pivot のデータ モデルで高度な名前変更機能がサポートされるようになりました。 これにより、Excel 2016 でデータ モデルのテーブル、列、DAX メジャーの名前を変更したときに、ワークブック全体にシームレスに名前の変更が反映され、ワークブック内の影響を受けるオブジェクトがすべて新しい名前を使用するように調整されます。データ モデルで高度な名前変更機能がサポートされたことにより、Power Pivot ウィンドウでテーブル、列、集計フィールド、メジャー、階層の名前を変更するときのエクスペリエンスが大幅に改善します。 特に次のような機能が強化されています。 影響を受ける DAX の計算式が新しい名前を使用するように調整されます。これにより、ユーザーが無効な DAX 式の検索や修正を手動で行う必要がなくなります。 影響を受けるピボットテーブルとフィールド一覧が新しい名前を使用するように調整されます。これにより、ユーザーがピボットテーブルを手動で作り直す手間が省けます。 同様に、影響を受けるピボットグラフとフィールド一覧が新しい名前を使用するように調整されます。これにより、ピボットグラフから名前が変更されたオブジェクトが削除されるため、ユーザーがピボットグラフを手動で作り直す手間が省けます。 影響を受けるスライサーおよびタイムラインが新しい名前を使用するように調整されます。これにより、影響を受けるスライサーやタイムラインがワークブックから削除されるため、ユーザーがスライサーやタイムラインを作り直す手間が省けます。 文章での説明よりも、実際にデモをご覧いただいた方がわかりやすいかと思います。下のビデオで Excel 2016 の新しいエクスペリエンスをご確認ください。 今回の変更では、ワークブックのキューブ関数、名前付きセットに対しては高度な名前変更機能のサポートはありません。 新しいエクスペリエンスを気に入っていただけますと幸いです。この機能に関するご意見 (英語) もお待ちしております。  …

0

OneDrive ストレージ 無料プラン 期間限定キャンペーンについて

(12/17: スクリーンショットを追加させていただきました。) 先日の Office Blogにてお伝えさせていただきました通り、コンシューマー向けOneDrive のストレージプランの変更が行われます。一方で、現在、無料プランをご利用いただいているお客様を対象に、期間限定でキャンペーンを実施させていただくことになりました。   キャンペーン内容: Microsoftアカウントをお持ちのすべてのお客様に提供している、15GBまで無料のOneDriveストレージをご利用のお客様、また、追加15GBの無料カメラロール用ストレージをご利用のお客様を対象にして、2016年1月31日までに専用サイトから申し込みをいただいた場合に限り、2016年初旬に予定されているプラン変更が適用されず、引続き、15GBまで無料のOneDriveストレージ、追加15GBの無料カメラロール用ストレージを、ご利用いただけるキャンペーンを行います。 申込方法詳細: 申込サイト(英語のみ):https://preview.onedrive.com/bonus/  申込期限:2016年1月31日まで 申込方法:   PCの場合 1. OneDrive(www.onedrive.live.com)にアクセスします。 2. マイクロソフトアカウントにサインインしてない場合は、今回申込をご希望されるアカウントでサインインします。   3. 右上の写真もしくは人型マークをクリックして、サインインしているマイクロソフトアカウントが、今回申込をご希望されているアカウントかどうか確認をします。アカウントが異なる場合は、サインアウトしてから、正しいアカウントでサインインします。   4. キャンペーンサイト(https://preview.onedrive.com/bonus/ )にアクセスします。 5. [Keep your free storage]をクリックします。   6. 「このアプリがあなたの情報にアクセスすることを許可しますか?」のページが表示されたら、[はい]をクリックします。   7. 「Success」の画面が表示されたら申込完了です。   8. 今後、現在お持ちのストレージ容量を確認したい場合は、このサイト( https://onedrive.live.com/options/ManageStorage ) にアクセスすることで確認が可能です。 スマートフォンの場合 1. OneDriveのアプリを開きます。(画像はiOSのものです。他のOSでは異なる場合があります。) 2. マイクロソフトアカウントにサインインしてない場合は、今回申込をご希望されるアカウントでサインインします。 3. 設定メニューから、サインインしているマイクロソフトアカウントが、今回申込をご希望されているアカウントかどうか確認をします。アカウントが異なる場合は、サインアウトしてから、正しいアカウントでサインインします。 4. キャンペーンサイト(https://preview.onedrive.com/bonus/ )にアクセスします。 5. [Keep…

0

PowerPivot for Excel 2013 — 2015 年 11 月の一般ユーザー向けアップデート

(この記事は 2015 年 11 月 10 日に Office Blogs に投稿された記事 Power Pivot in Excel 2013—November 2015 customer update の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   PowerPivot for Excel 2013 に 11 月版の更新プログラムをリリースしました。PowerPivot と Power Query の連携機能を改良すると共に、主要業績評価指標 (KPI) のサポートを追加しています。 これらの修正プログラムは、下記の更新プログラムの一部として配信されます (32 ビットと 64 ビット のバージョンが存在します)。 KB3039739 (機械翻訳): PowerPivot と Power Query の連携機能に初めて改良を加えた Office 2013 の更新プログラムです。 KB3039800 (機械翻訳): PowerPivot と Power Query の連携機能を改善する、2…

0

Office 365 ユーザー向けセキュリティ考慮事項に関するプレビュー ツールを発表

(この記事は 2015 年 11 月 23 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing Office 365 customer security considerations preview の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   Office 365 では、生産性を大幅に向上させると共に、情報の安全性を高いレベルで確保する革新的な機能を次々とお客様に提供しています。マイクロソフトは、そうした Office 365 の情報セキュリティ機能の活用を支援するために、リソースやツールの開発に取り組み、お客様ご自身で Office 365 テナントのセキュリティを管理できるようにしています。Office 365 サービスがどのように運用され、どのように独立した監査が行われているかについての詳細をお知らせするために、今年 Office 365 のサービス機能の 1 つとして、Office 365 Service Trust Portal (STP) が開設されました。 このたび、お客様向けセキュリティ考慮事項 (CSC) のワークブックが公開されました。これを活用することで、Office 365 で利用可能なセキュリティ制御を手軽に評価し実装することができます。CSC ワークブックでは、Office 365 の導入、展開、管理の際に考慮すべき主要なセキュリティ機能やコンプライアンス機能の情報を紹介しています。 CSC ワークブックは、現在プレビュー版が Microsoft Excel ワークブック形式で提供されています。お客様からのフィードバックを参考にして、ビジネス ニーズに合わせてこのワークブックの改良を進めてまいりますので、ご意見をお寄せいただけますと幸いです。今後は、さらにセクションを増やし、具体的なコンプライアンス シナリオを追加していく予定です。…

0