人事部門から見たクラウド導入の効果:多様な働き方を実現する Office 365

2014年 11月 18 日に、日本全国約 7 万人の人事部キーパーソンが選ぶ日本の人事部「HR アワード( http://hr-award.jp/ )」が発表され、日本マイクロソフトが、【プロフェッショナル・人事労務管理部門】最優秀賞」を受賞しました。今回の受賞は、当社の 「Microsoft Office 365(以下 Office 365)」 が、多様な働き方や作業効率化を実現できるサービスとして、多くの企業経営者や人事担当者の皆様に評価されたことによります。   11月17日に行われた受賞式では、伊藤忠商事様、花王様をはじめ、革新的な取り組みをされた企業、団体の人事リーダーが顔をそろえました。   「HR アワード」は、全国7万人の経営者や管理職など人事部キーパーソンにより選考され、人事関連のアワードとして最も権威のある賞として知られています。Office 365がIT部門のご担当者様だけでなく、企業の最前線でワークスタイル改革に携わられている人事部門の皆様にもご評価いただけたことは大変名誉なことであると同時に、 “いつでもどこでも仕事ができる環境” に対する企業の皆様の関心の高まりや、検討の本格化を強く感じています。   当社では、2011年の品川オフィスへの移転を機に、Office 365をはじめとした自社テクノロジを活用し“いつでもどこでも仕事ができる環境”を実現すると同時に、フリーアドレス制や在宅勤務の導入といった「ワークスタイル変革」を実施しました。東日本大震災発生時には、私たち自身もBCP(事業継続計画)という観点でその有効性を実感しましたが、現在では日々のビジネスにおいても、成果が目に見える形で表れています。 たとえば、社員1人1人の業務効率。品川オフィス移転前の2010年と、移転後の2012年の社内調査で比較すると、社員の残業時間は横ばいですが、一人当たり売上高は17.4%向上と、大幅に業務効率をアップさせることができました。テレワークよる社員の移動時間の削減や、情報共有・意思決定の迅速化など、様々な面で社員一人ひとりの生産性を向上させることができたのが大きな理由です。 また優秀な人材の確保・維持という観点でも成果が出ています。2010年時点では女性の退職率が男性の1.8倍であったのに対し、2012年はその差はほぼなくなりました。ICTで“いつでもどこでも仕事ができる環境”を整えると同時に、多様な働き方を認める柔軟なカルチャーを育てることで、これまでであれば退職せざるを得なかった社員たちが、仕事と家庭を両立することができるようになった結果と考えています。当社の取り組みと成果については、以下でもご紹介いただいています。 (HRカンファレンス 2014 春「これからの働き方を変えていくために~日本マイクロソフトが実践する生産性を高めた取組とは~」イベントレポート)   今回「HRアワード」を受賞した Office 365 は、Word やExcel、メールや情報共有、オンライン会議など、仕事に必要な作業とコミュニケーションの環境を提供するクラウドサービスです。もちろん当社だけでなく、大企業から中堅中小企業まで、すでに多くのお客様が、 Office 365 を導入され、テレワークをはじめとした多様な働き方を実現されています。導入企業様の取り組みについてはこちらの導入事例サイトでも詳しくご紹介をしておりますので、ぜひご覧ください。(Office 365 導入事例)  授賞式と2014年春に行われたHRカンファレンスの様子。株式会社ワーク・ライフバランス代表取締役 小室淑恵氏と共に日本マイクロソフトの在宅勤務の導入や多様な働き方を支える環境整備の実践例を紹介しました。 HRカンファレンス 2014 春「これからの働き方を変えていくために~日本マイクロソフトが実践する生産性を高めた取組とは~」イベントレポート)   私たち日本マイクロソフトは、「プロダクティビティとプラットフォームの会社」として、お客様に生産性の高いツールをご提供するとともに、みずから率先して最新テクノロジを活用した新しい働き方を実践・提案できる会社でありたいと考えています。最新の製品だけでなく、私たち自身の経験やノウハウもご紹介することで、日本のお客様の「ワークスタイル改革」を微力ながらご支援できればと思います。  

0

Office 365 Video の概要

(この記事は 2014 年 11 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing Office 365 Video の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 今回は、Office 365 グループのシニア プロダクト マネージャーを務める Mark Kashman (@mkashman) の記事をご紹介します。 こ こ数年 SharePoint は、単に共同作業用サイトやドキュメント管理だけでなく、検索、ダッシュボード、企業のイントラネット、Wiki、ブログ、その他さまざまな目的に使用さ れるようになりました。そのほとんどが「ポータル」という用語で一括りにされています。 今 回、ポータル ポートフォリオを拡大する絶好の機会に恵まれ、これまでは新しい機能の構築に数週間から数か月を要していましたが、お客様が導入されてきた有用なポータル ソリューションに共通するパターンを基に提供できるようになりました。今後、Office 365 は新しいさまざまな場所にアクセスできるプラットフォームの役割を果たします。このプラットフォームは次世代ポータルと呼ばれ、以下のような特徴を備えています。 インテリジェント: Office Graph を活用して、各ユーザーのニーズに合わせて関連性の高い情報を提供します。 ソーシャル: Yammer の会話を統合することで参加を促進します。 モバイル対応: 任意のデバイスを使用して、どこからでもコンテンツに簡単にアクセスし、利用することができます。 すぐに利用可能: 高機能の洗練されたイントラネット ポータルにより、すばやく運用を開始できます。既存の機能を最大限に利用することで、必要な構築作業を最小限に抑えます。 今回は、Office 365 で提供される数多くの次世代ポータルの第 1 弾である Office 365 Video をご紹介します。この機能はまず、Office…

2

Office Mix による Office 365 Video の公開

(この記事は 2014 年 11 月 18 日に Office Blogs に投稿された記事 From Office Mix to Office 365 Video の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) このたび、Office 365 Video  が発表されました。この Office 365 の新しいサービスにより、社内で動画を簡単に共有できるようになります。Office 365 Video は、SharePoint Online 上に Azure Media Services を基盤として構築されており、Yammer と Office Graph を活用することで Office 365 内でモバイルに最適化された動的な機能を提供します。新入社員の研修や、全社に向けた CEO からのメッセージ配信に利用するなど、動画の価値を最大限に高めることができます。 そして間もなく、Office Mix を使用して PowerPoint から直接 Office 365 Video を公開できるようになります。現時点では正確な日付はご案内できませんが、リリース日はすぐそこまで迫っています。 Office Mix では既に、ミックスを動画にエクスポートすることが可能でした。この機能を活用すれば、PowerPoint から動画を無料で作成できるので、お客様からもご好評の声が多数寄せられています。今回はエンドツーエンドのソリューションにより、この機能を個人レベルから企業レベルにまで拡張します。PowerPoint…

0

Office Mobile for Android Phone の更新により、OneDrive のリンク共有機能と Dropbox のサポートを追加

(この記事は 2014 年 11 月 20 日に Office Blogs に投稿された記事 Office Mobile for Android Smartphones update available with OneDrive sharing and Dropbox support の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) Office Mobile for Android Phone アプリの最新版がリリースされ、Android フォンからオンラインの Office ファイルへのアクセス、編集、共有がより簡単に行えるようになりました。 Android フォンの Office Mobile から直接 OneDrive ファイルへのリンクを共有  今回の更新では、OneDrive や OneDrive for Business に保存されたドキュメントへのリンクを、アプリ内で直接作成して共有する機能が追加されました。リンクを共有するには、OneDrive または OneDrive for Business からドキュメントを開き、コンテキスト メニューをタップして、[Share]、[Email as link] の順に選択します。  …

0

Office 365 ProPlus ユーザーへの OneDrive for Business の提供に関する詳細を発表

(この記事は 2014 年 11 月 17 日に Office Blogs に投稿された記事 Announcing details of OneDrive for Business availability for Office 365 ProPlus customers の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) マ イクロソフトは、既存の Office 365 ProPlus ユーザーに対して 2014 年末から段階的に OneDrive for Business の提供を開始することを発表しました。2015 年 1 月末までには、すべての Office 365 ProPlus ユーザーの方にご利用いただけるようになる予定です。また、2014 年 12 月 1 日以降に Office 365 ProPlus のサブスクリプションをご購入の方には、自動的に OneDrive for Business がプロビジョニングされます。 Office…

0

Office for iPad / Office for iPhone – 商用利用に必要なライセンス

「Office がすべてのデバイスで利用可能に」にもありますが、11月7日より国内でも提供開始となりました Office for iPad, Office for iPhone を利用にするにあたっての注意事項を以下に整理いたします。 【Office for iPad / iPhone 利用時に必要となるライセンス】 「Office文書の閲覧」に関しては、個人・商用利用ともに無償でご利用頂けます。 「基本的なOffice文書の作成・編集」を行うためには、個人利用時は Microsoft アカウント(無償)が必要であるのに対し、商用利用時は適切な Office 365 ライセンスが必要となります。 「完全な Office 文書の作成・編集」を行うためには個人・商用利用ともに適切な Office 365 ライセンスが必要で、Office for iPad / Office for iPhoneのプレミアム機能も含めた全ての機能をご利用頂けます。 つまり、商用利用のみに関して言えば、「閲覧」は無償で利用可能、「作成・編集」については全て適切なOffice 365 ライセンスが必要ということになります。 また、法人向け機能としては、OneDrive for Business や、先日発表した「Office 365 でのモバイル デバイス管理機能の概要」が御座います。   【商用利用で作成・編集するために必要となるOffice 365 ライセンス】 Office 365個人向けライセンス Office 365 Solo Office Premium…

0

Office 365 とDynamics CRM を日本データセンターから提供

(この記事は 2014 年11 月 12 日に The Official Microsoft Blog に掲載された記事 Microsoft to deliver locally hosted Office 365 and Microsoft Dynamics CRM services in Japan の翻訳です。最新情報は翻訳元の記事をご参照ください。)   クラウドプラットフォームからビジネスアプリケーションに至るまで、マイクロソフトのクラウドは企業を対象にグローバルなスケールで構築されており、世界中のお客様やパートナー様に向けてより効率的で信頼性が高い基盤を提供しています。   先月発表された拡張によりMicrosoft Azureは世界の19地域で提供されるようになりました。本日は、マイクロソフトのクラウドのグローバルな拡張を示すニュースのひとつとして、統合型情報共有クラウドサービスOffice 365と統合型CRMアプリケーションサービスMicrosoft Dynamics CRM Online について、日本国内のデータセンターから間もなく日本のお客様にサービスが提供できることを発表でき、嬉しく思っています。Office 365は今年末までに、CRM Onlineは2015年第1四半期末 までに利用可能になります。   日本におけるOffice 365とDynamics CRMのニーズは高まっており、マイクロソフトは日本でも最善のサービスを提供することを約束します。Office 365は、過去12カ月間に150を越える新機能を提供し、ユビキタスなコラボレーション、パーソナライズされた洞察提供力、人間中心型のコンプライアンス機能をお客様に提供します。Dynamics CRMは、複数のモバイル機器上でOfficeそしてPower BIとシームレスに連携し、営業担当者の生産性を向上し、スマートなマーケティング機能を提供し、お客様のロイヤリティを獲得します。また、Dynamicsは、あらゆる規模の組織向けに、セールス、マーケティング、お客様のケア、コマース、財務管理、業務管理にわたるマイクロソフトのクラウド上の中核的ビジネスアプリケーションを提供します。   お客様は、自社のデータを日本国内で保管することでさらに高い信頼性と柔軟性を得られるようになります。これは、規制準拠のためにデータを国内に保持する必要があるヘルスケア、金融サービス、政府機関などの組織にとってとりわけ重要です。日本の既存のOffice 365のお客様についてはデータをアジア・太平洋地域のサーバーから日本へ移動します。この点についての詳細は利用開始時期が近づいた段階で発表します。   本日の発表はマイクロソフトのクラウドへの道のり、すなわち、日本そして世界中のお客様へさらに優れたサービスを提供するという道のりにおける重要なステップです。Office 365とDynamics CRMのサービスが日本国内のデータセンターから提供されることで、国内特有の規制準拠を維持しつつ、高いパフォーマンスを提供し、お客様をより効果的にサポートできるようになります。追加情報については公式のプレスリリース をご参照ください。     特設サイトはこちら!…

0

Skype for Business のご紹介

(この記事は 2014 年 11 月 11 日に Office Blogs に投稿された記事 Introducing Skype for Business の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   今回は、Skype 担当コーポレート バイス プレジデントを務める Gurdeep Pall の記事をご紹介します。 マイクロソフトでは 10 日 (英語)、生産性に改革をもたらすことを目指し、その方法についてグローバルかつ全社的な話し合いを始動させました。この目的は、人々が時間を真に有効活用し、より充実した日々を過ごせるような世界を作り上げることにあります。私たちは人生のあらゆる瞬間において、話し、共有し、協力して、他のだれかとつながっており、これこそが一瞬一瞬を有意義なものとするために最も重要なことです。マイクロソフトでは、自社だけでなく企業のお客様にもつながりあう世界を実現していただくために、ユーザーの皆様が慣れ親しんでいる Skype と、エンタープライズ クラスのセキュリティ、コンプライアンス、制御性を備えた Lync を統合し、最も魅力的で信頼性の高いコミュニケーション プラットフォームの構築に取り組んでいます。 10 年前、Skype が世界中の人々をつなぐツールとして登場し、遠く離れている相手とのコミュニケーションに障壁がなくなりました。それ以来、大切な瞬間を祝ったり、特別な絆を育んだり、友人や家族とつながって人生を共に過ごすための手段は、大きく変化したのです。そして今日、Skype はそれをはるかに超える価値をもたらしており、3 億人以上のユーザーが Skype 上でメッセージング、通話、共有を行っています。相手が 1 人でも複数でも、自分と異なるプラットフォームを利用していても、瞬時につながって楽しい時間を過ごしたり、業務を進めたりすることができます。デスクトップからモバイル、テレビに至るまで、日々のコミュニケーションに利用されています。Skype は、世界共通の「つながり」のシンボルです。 この 10 年間、マイクロソフトはビジネスの変革に取り組んできました。業務上のコミュニケーションに使用されていたさまざまなツールを統合し、簡素化する中で Lync を構築し、それまでの現状を打破しました。人々が簡単につながり、業務を遂行できるように、Lync は Office の中心製品に据えられました。Lync を使用すれば、どこからでも自在に仕事を進められます。世界中のどこにいても、相手の肩を叩いて「話をしよう」と声をかけるかのように簡単に会話を始められるのです。すぐに同僚とのミーティングを開いてすばやく意思決定を下すことができますし、IT 担当者は、自身が管理および制御する安全なプラットフォームによってエンドユーザーが保護されているという安心感を得ることができます。現在では、何千にものぼる大小さまざまな企業が、音声通話、ビデオ通話、会議に Lync を活用しています。 2015…

0

ウェブサイト管理者必見!Visioでサイトマップとリンク切れを簡単に視覚化

ウェブサイトを作って様々なところにリンクを貼っても、時間の経過とともに知らないうちにリンク切れを起こしてしまっていることはありませんか? リンク切れのチェックは時間のかかる面倒な仕事なので、ウェブサイト管理者の方もたまにしか行いたくありませんが、外部への情報提供のためにはウェブサイトは常に最新の状態に保ちたいものです。 Visioでは企業や個人が管理するウェブサイトのリンク切れとメンテナンスを簡単に行える機能があります。   まずは新規作成から”Webサイト”テンプレートを検索して選択。   次に対象となるウェブサイトのURLを”アドレス(A)”に入力、Okを押します。   すると、Visioがサイトの状況を自動的に調べて自動的にサイトマップにしてくれます。リンク切れのものには赤字でXマークが!   リンク切れを起こしているページの詳細を見ます。   このように以前リンクを貼った外部サイトや内部ページが知らないうちに無くなっていた場合でも、Visioを使うと簡単にリンク切れを見つけられるので、会社のウェブサイトやキャンペーンサイト管理者の方の作業時間を大幅に削減することができます。 本日ご紹介した機能をご紹介する短いデモ動画を公開していますので、実際の動作に興味がある方は是非ご覧ください。  [View:https://www.youtube.com/watch?v=yuQcLOwYMZo&list=UUYtdGqRhfUG69GlOj1jdi5w&index=332:0:0] マイクロソフトでは毎月1回 Visioの購入を検討している法人や、Visioをつかった提案をしたいパートナー様向けにセミナーを開催しています。 今回ご紹介した機能以外にも様々な機能を知っていただける機会ですので、是非ご登録の上ご参加ください。   【参加登録方法と日程】 セミナーの詳細なアジェンダと参加登録は以下のサイトにてご確認ください。 2014年11月28日開催 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032601709&Culture=ja-JP&community=0 2014年12月19日開催 https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032601797&Culture=ja-JP&community=0   セミナーに参加する前に最新のVisioに触ってみたい!という方は無料トライアルも是非お試しください。トライアルは以下のページにある、”無料で今すぐ試用” ボタンからお申込みいただけます。 http://office.microsoft.com/ja-jp/visio/FX103791920.aspx   また、最新のVisioの様々な機能はデモ動画でご紹介してますのでご利用のヒントとして是非ご活用ください。 http://www.microsoft.com/japan/visio/prodinfo/demo.aspx

0

Office がすべてのデバイスで利用可能に

(この記事は 2014 年 11 月 6 日に Office Blogs に投稿された記事 Bringing Office to everyone の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 本日、マイクロソフトは、Officeをすべての方が、すべてのデバイスで使えるようになるための大きな第一歩を踏み出しました。本日より、日本でも iPad 向け Office の提供を開始し、既に提供している iPhone 向けの Office を刷新、また新たに Android タブレット向け Office のプレビュー版を提供開始します。 詳細は、米国の Microsoft 公式 Blog (英語) をご確認いただきたいと思いますが、我々はすべての方がどこへいても Office を使うことができる環境を実現するために、 長い間尽力してまいりました。是非、下記のリンクより、プレビュー版および各アプリをダウンロードして、使ってみてください。 そして今後本件に関する情報のアップデートがあった場合は、本ブログにて引き続き情報を公開していきます。 Office for iPad 本日より、日本市場にて Office for iPad の提供を開始します。お使いの iPad から、こちらにアクセスし、Word、Excel、PowerPoint のアプリをダウンロードしてご利用ください。 < PowerPoint for iPad でプレゼン資料を作成・編集> < Excel for iPad で表を挿入・カスタマイズ> Office for…

1