Power BI for Office 365 の一般提供を開始: Excel によるビジネス分析を強化

マイクロソフトはこのたび Power BI for Office 365 の一般提供を開始 いたしました。この大きなニュースを、10 億を超える Office ユーザーの皆様にお伝えできることを大変嬉しく思います。Power BI for Office 365 の発表、そしてプレビュー版のリリース (英語) 以降、マイクロソフトは継続的に新機能を追加してきました。今回の一般提供版では、Excel でデータを検索、分析、視覚化し、その結果を Power BI for Office 365 で共有できるようになりました。これにより、これまで以上に的確な情報に基づいて意思決定を行うことが可能になります。 今回の一般提供版では、ユーザー エクスペリエンスが刷新されました。たとえば、Excel の Power Query では、社内ソースや一般公開されているソース内のデータに簡単にアクセスしたり、検索したりすることが可能です。また、Excel ワークブックを Power BI にアップロードすると、自然言語によってデータを検索し、即座に対話形式の表やグラフで結果を得ることができます。 プレビュー版では、MediaCom 社をはじめとする複数のお客様にこの BI ツールをご活用いただきました (英語)。4,600 人の従業員を抱えるメディア配信会社の MediaCom (英語) 社は、Excel および Office 365 上に構築されたこの Power BI を、クライアント向けキャンペーンの効果をリアルタイムに把握するための指標として使用しています。これにより、同社は有料と無料の両方のメディア要素から重要な知見を収集し、キャンペーンの効果の最大化に役立てています。MediaCom 社の CIO である Lowell…

1

Office 365 ユーザー向けに Access アプリの一般提供を開始

(この記事は 2/3 に投稿された記事、Access apps General Availability for Office 365 customers の翻訳です。) 今回は、Access チームのライターを務める Matt Evans の記事をご紹介します。 Access アプリのテストを終え、実稼働環境への導入をお待ちの皆様に朗報です。いよいよ一般提供が開始されます。 今回の一般提供開始により、お客様は、高度な安全性を維持しながら Access アプリを作成、共有、使用できるようになりました。また、他の Office 365 製品と同様の可用性が保証されます。Access アプリは、2013 年 2 月の Office 365 の一般提供発表 (英語) 以来、Office 365 サブスクリプションに含まれていました。しかし、これまでは Access アプリはプレビュー版として提供されていたため、サポートに Office 365 のサービス レベル アグリーメント (SLA) およびコンプライアンス基準が適用されていませんでした。 一般提供開始により、皆様には次のようなメリットがあります。 •Access アプリに Office 365 の標準的な SLA およびコンプライアンス レベルが適用されます。 •Access アプリ作成者が、SharePoint…

0

OneNote Web App なら、いつでもどこにいても OneNote を使用可能

(この記事は 2014 年 1 月 28 日に OneNote ブログに投稿された記事 Use OneNote anywhere with the OneNote Web App の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) OneNote Web App を使用すると、どんな Web ブラウザーからでもメモやアイデアを記録したり、利用したりすることができます。OneNote を使用したことがない方は、まずは Web 版をお気軽にお試しください。Windows、Windows Phone、iPhone、iPad、Android デバイスで使用できるダウンロード版も、onenote.com サイトにご用意しています。 OneNote Web App を使い始めよう OneNote Web App を使い始めるのは本当に簡単です。 onenote.com サイトにアクセスし、ページの一番上にある [サインイン] ボタンをクリックします。 サインイン画面で、ご自身の Microsoft アカウントのメール アドレスとパスワードを入力します (メモ: Microsoft アカウントをお持ちでない方は、まずアカウントを作成してください)。 サインインすると、自分の OneNote ノートブック、および他のユーザーと共有しているノートブックの一覧が表示されます。ノートブックはクリックするだけで開けます (メモ: ノートブックが 1…

1

新しい Office 365 パートナー管理センターのご紹介

(この記事は 2014 年 1 月 28 日に Office 365 ブログに投稿された記事 Introducing the new Office 365 Partner admin center の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 以下は、Office 365 チームのシニア プロダクト マネージャーの Adam Jung が執筆した記事です。 このたび Office 365 パートナー管理センターが一新されました。既存の Office 365 顧客管理ツールが強化されたほか、いくつか新しいツールが追加されています。この新しい Office 365 パートナー管理センターは、2 ~ 3 週間のうちに世界中のマイクロソフト パートナー向けにリリースされる予定です。以前の Office 365 管理センターでも、パートナー向けツールを使用して、顧客の代わりに代理管理タスクを実行したり、試用版への招待/購入プラン/代理管理の提供を作成したりすることができました。新しいパートナー管理センターでは、この他に次のことができるようになります。 代理管理を委任されているすべての顧客を 1 か所でまとめて表示 顧客の代わりに、管理タスクを容易に検索、選択、実行 顧客の Office 365 サービスの正常性や詳細を確認 顧客の代わりに、サービス レポートを作成、編集、確認 すべての顧客を…

0

InfoPath および SharePoint のフォーム機能に関する最新情報

(この記事は 2014 年 1 月 31 日に Office ブログに投稿された記事 Update on InfoPath and SharePoint Forms の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) InfoPath および SharePoint のフォーム機能が今後どのようになるかについて、お客様からお問い合わせいただくことがあります。今回は、Office のフォーム機能の今後の展望について取り上げます。 お客様やパートナーからお寄せいただいたフィードバックや業界のトレンドを見てみると、進化を続ける今日のビジネス シーンでは、デバイスの壁を越えて使用できるインテリジェントで統合的なフォーム機能が求められているということがよくわかります。マイクロソフトは、PC、タブレット、モバイル デバイスなど幅広いデバイスから Office のクライアント、サーバー、サービス全般を使用して、インテリジェントで統合的なフォーム機能を誰もが簡単に設計、デプロイ、活用できるように取り組んで参ります。また、斬新な方法または従来の方法でデータにすばやく接続して処理できる、柔軟性と機動性を兼ね備えたツールを提供したいとも考えています。 ここからは、今後フォーム機能をどのように進化させていくかについて具体的にお話しします。既存投資を合理化し、より高度に統合されたフォーム機能のユーザー エクスペリエンスを Office 全般で提供するための取り組みの一環として、マイクロソフトは現行の InfoPath を廃止し、SharePoint、Access、および Word への投資を続行することを決定しました。これにより、デスクトップ クライアントとしては InfoPath 2013 が、InfoPath Forms Services としては SharePoint Server 2013 のバージョンが最終リリースとなります。Office 365 の InfoPath Forms Services は、別途お知らせするまで引き続き保持され、機能が提供されます。 マイクロソフトでは、次世代フォーム機能を構築すると同時に、InfoPath のお客様向けに移行に関するガイダンスの作成にも取り組んでいます。テクノロジに関する詳細なロードマップやガイダンスの発表を予定していますが、それまでは引き続き InfoPath ツールをご使用ください。また、InfoPath…

0

SkyDrive と SkyDrive Pro を、OneDrive と OneDrive for Business に名称変更

(この記事は 2014 年 1 月 27 日に Office ブログに投稿された記事 SkyDrive and SkyDrive Pro are now OneDrive and OneDrive for Business の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) 皆様、本日のニュースはご覧になりましたか? このたび SkyDrive と SkyDrive Pro は、OneDrive と OneDrive for Business として生まれ変わることになりました! この名称変更に伴い、現在 SkyDrive および SkyDrive Pro をお使いの皆様に何か特別な作業を行っていただく必要が生じることはありません。 サービスは引き続きご利用可能で、お客様の既存のコンテンツはすべて、新名称の運用開始後に OneDrive および OneDrive for Business 上に引き継がれます。 OneDrive for Business の今後の展望については、3 月 3 ~ 6 日にラスベガスで開催される…

3

さらに便利になった一括処理と検索でメールを整理

(この記事は 2014 年 1 月 16 日に Outlook.com ブログに投稿された記事の翻訳です)   投稿者: Mike Schackwitz、投稿日: 1 月 16 日 平均的な Outlook.com ユーザーの場合、今後 12 か月で 10,000 通を超えるプライベートのメールが届くでしょう。そのうちの 80% はニュースレターやプロモーション、新着情報などが占めるため、受信トレイは雑然としてしまいがちです。このような大量のメールへの対処は非常に骨が折れます。このため Outlook.com チームでは、重要なメールを簡単に見つけられるツールを提供するために大きな力を注いでいます。実際、大量のプロモーション メールに対処できる一括処理をはじめとして、私たちが作成したツールは多くの皆様からご好評をいただいています。一方で、利用頻度の高いユーザーの皆様にもまだお試しいただいていない、知られざるツールや高度な機能もいくつかあるようです。 1 月 20 日から、7 回目となる毎年恒例の National Clean Out Your Inbox Week が始まります。散らかった受信トレイの整理に捧げる 1 週間です。大量のメールを処理するためのヒントやテクニックをお伝えし、今後数週間にリリースされる機能強化をお知らせするには、絶好のタイミングではないでしょうか。 以下に、雑然としていて使いにくい受信トレイを最適化するうえで役立つ 7 つのヒントをご紹介します。 1. 一括処理で削除 まず、不要なメールを取り除くことをお勧めします。そのためには、一括処理でメールをまとめて削除 (または必要に応じてブロック) します。また、ルールを作成して、以降に受信するメールを一括で自動削除することも可能です。 一括処理は、多くの方からご好評をいただいている機能です (毎週の利用回数は約 750 万回に上ります)。さらに使いやすくするため、少ないクリック数で済むように UI…

0

OneNote for Android を更新: さらに快適に

(この記事は 2013 年 12 月 30 日に OneNote ブログに投稿された記事 OneNote for Android update: Do more in less timeの翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。) OneNote for Android が更新され、これまでよりも短時間で、さらに多くのことができるようになりました。この記事では、今回導入された新機能を使用してさまざまな情報を OneNote に取得する方法と、ノートにすばやくアクセスする方法をご紹介します。 どこからでもあらゆる情報を追加 あわただしい現代社会では、好きなスポーツ選手の記事やおいしそうなスイーツのレシピ、興味をひかれるバーテンダー講座、同僚が共有指定した重要なファイルといったさまざまな情報をスマートフォンから見つけて取得し、後からその情報を閲覧することがあります。OneNote ではこれらすべての情報を手軽に保存できますが、今回追加された [OneNote に追加] 機能によって、Android デバイスで任意のアプリケーションから最も重要な情報を OneNote に追加できるようになりました。 お使いのブラウザーやニュース アグリゲーター アプリ、レシピ アプリなどで [共有] ボタンを選択し、次に [OneNote に追加] を選択すると、そのアイテムが OneNote に保存され、他のデバイスからでも閲覧できるようになります。 また、画面に表示されている情報をそのまま取り込みたい場合は、スクリーンショットを OneNote に送ることもできます。この場合は、スクリーンショットを撮影し、[共有] オプションをタップして、次に  [OneNote に追加] を選択します。 "Add to OneNote" 機能は、記事、Web ページ、画像、動画、ファイルなど、さまざまな種類のコンテンツに対応しています。 Samsung…

1