Office 365 が 140 の市場で購入可能になりました


(この記事は 2014 年 11 月 3 日に Office Blogs に投稿された記事 Office 365—now available in 140 markets の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

 

2010 年、Office 365 は単純なアイディアから生まれました。Office、SharePoint Online、Exchange Online、Lync Online を含むマイクロソフトの生産性向上アプリケーションを一緒にして、常に最新のものが使えるクラウドサービスとして提供し、予測可能な月額課金の形で提供するのはどうかと。

 

過去 5 年の間、このビジョンは地球中に拡張されました。2011 年には 40 の市場 (英語) で、2012 年には 88 の市場で、2013 年には 127 の市場で購入が可能になりました。そして、本日この数字が 140 となりました。Office 365 が下記の 9 つの市場でお客様が購入可能になったことを発表します。

  • アフガニスタン
  • ボツワナ
  • エチオピア
  • ナミビア
  • ネパール
  • タジキスタン
  • タンザニア
  • ウガンダ
  • ザンビア

加えて、Office 365 は非営利団体向け (直販のみ) で以下の市場にも提供が開始されます。

  • キプロス
  • エストニア
  • パラグアイ

Office 365 をご利用可能なすべての市場のリストはこちらをご参照ください。

Office 365 はあなたが必要とする時と場所で利用できます。あらゆる場所、あらゆる時間にあらゆるデバイスで仕事ができます。Office 365 があなたの準備ができていればいつでも利用できます。

Comments (0)

Skip to main content