Outlook.com、OneDrive、Office Online の相互切り替えを新しいアプリ起動ツールで


(この記事は 2014 年 10 月 22 日に Office Blogs に投稿された記事 Toggle between Outlook.com, OneDrive and Office Online with the new app launcher の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

本日より、Outlook.com、OneDrive.com、または Office Online のいずれかにログインすると、何かが新しくなっていることにお気付きいただけると思います。今回、ヘッダーが更新され、マイクロソフトのサービス間を簡単かつ一貫性の高い方法で切り替えられる「アプリ起動ツール」を新たにご利用いただけるようになりました。

先週、マイクロソフトは企業向け Office 365 でアプリの起動や整理に役立つ新しいツールを発表しましたが、今回導入される新しいアプリ起動ツールを使用すると、Outlook.com、連絡先、予定表、OneDrive、Office Online などの日常的に使用する個人向けサービスに 1 か所からアクセスできるようになります。この機能の注目すべき点は、Office 365 を業務に使用しているときも、プライベートで Outlook.com を使用しているときも、同じようにアプリを起動できることです。操作の一貫性が向上し、より便利にお使いいただけます。

今回の更新で、すべてのサービスがこれまで以上に高度に連携されるようになります。OneDrive でドキュメントを共有する (英語) ときも、ブラウザーで Word ドキュメントや Excel スプレッドシートを共同編集するときも、Outlook.com から Skype 通話を発信するときも、アプリ起動ツールはわずか数クリックでサービスを切り替えることができます。

Outlook.com のヘッダーで何ができるようになったのか、ぜひ実際にご確認いただければと思います。

Comments (0)

Skip to main content