Office 365 で第 1 段階のグループ機能をリリース


(この記事は 2014 年 9 月 25 日に Office Blogs に投稿された記事 Delivering the first chapter of Groups in Office 365 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、マイクロソフトのエンタープライズ ソーシャル担当ゼネラル マネージャーを務める Jared Spataro の記事をご紹介します。

マイクロソフトは、3 月に開催された SharePoint Conference で、お客様の企業で「Work like a network – ネットワークのようにつながり働く」ことを実現するための一連のエクスペリエンスについて今後のロードマップを発表し、今月はその重要な一歩として Office Delve をリリースしました。開発チームではこの取り組みを継続しており、このたび、Office 365 で第 1 段階のグループ機能をリリースしました。

業務を進めるためには、アドホック グループやプロジェクト チームの間で情報を共有し、共同作業を行う必要があります。しかし、コミュニケーションを図るとき、Outlook では配布グループ、Lync ではバディ リスト、Yammer ではグループというように、アプリケーションごとに使用するツールが異なるという場合も珍しくありません。このため、Office 365 にグループ機能を導入し、簡単に他の同僚と連絡を取ったり必要な情報やアプリケーションを利用したりできるように、機能を拡張しました。

次のビデオをご覧いただくと、グループ機能がユーザー間のつながりをより強固にし、Office 365 を通じて効率的なコミュニケーションや共同作業が実現されることがおわかりいただけるかと思います。

プロジェクトのサポートにより、簡単に新しいグループを作成し、同僚を招待できるようになります。また、既存のグループを検索して見つけ、参加することも可能です。既定でグループにおけるすべてのディスカッションやマイルストーン、ファイルは公開されるように設定されており、参加する前にやり取りをすばやく把握できるようになっています。もちろん、機密性の高いプロジェクトやコンテンツには、非公開グループを作成して使用できます。

グループ機能は段階的にリリースされる予定で、今回はその第 1 回目です。現段階でグループは、Office 365 の電子メールと予定表、OneDrive for Business の Web エクスペリエンスのみで表示されますが、今後、Yammer と Lync でもグループ機能をサポートし、さらに利便性を向上する予定です。

皆様がグループ機能をさまざまな形で活用して共同作業を促進することによって、「Work like a network – ネットワークのようにつながり働く」ことを実現するきっかけとなれば幸いです。

– Jared Spataro

 

よく寄せられる質問

Q: グループ機能はいつ Office 365 ユーザーに公開されますか。

A: グループ機能は Office 365 ユーザーの皆様に順次公開されます。まずは、Office 365 サービスの重要な更新を事前に利用できる先行リリースにご参加いただいているお客様を対象にご提供いたします。その後数か月以内に標準リリースとしてすべての Office 365 ユーザーの皆様への提供を開始します。こちらが Office 365 ユーザーの皆様の既定のオプションです。グループ機能は、今年末までに、対象となるすべての Office 365 ユーザーの皆様にご利用いただけるようになる予定です。

Q: グループ機能は、どの Office 365 プランで利用できますか。

A: グループ機能は Outlook Web App の電子メール、予定表、および OneDrive for Business で使用可能です。また、Exchange Online または Office 365 の商用サブスクリプションを新たにご利用いただくお客様および既にご利用いただいているお客様にも提供される予定です。この機能は、Office 365 Enterprise E1 ~ E4 サブスクリプション プラン (対応する教育機関向け E1 ~ E4 および政府機関向け E1 ~ E4 の各プランも含まれます)、Office 365 Business Essentials および Business Premium、Office 365 Small Business、Small Business Premium、Midsize Business、Office 365 Kiosk の各プランでご利用いただけます。

Q: グループ機能に関する詳細情報はどこで確認できますか。

A: 詳細なユーザー向け資料および技術資料は、Office.com のグループ機能のランディング ページ (英語) でご覧いただけます。また、9 月 29 日 (月) 午前 9 時~ 10 時 (太平洋夏時間) (9 月 30 日 (火) 午前 1 時~ 2 時 (日本時間)) に Office 365 Technical Network が開催する YamJam へのご参加も可能です。今回は、グループ機能に関する新しいニュースについてお話し、またプロダクト エンジニアリング チームが皆様からのご質問にお答えします。YamJam をあまりご存知ない方は、Twitter の "TweetJam" や Reddit の "Ask Me Anything (AMA)" の Yammer 版とお考えください。コミュニティ内で質問を投げかけたり、マイクロソフトの社内エキスパートと特定のトピックについて直接ディスカッションをしたりすることができます。

参加手順は次のとおりです。

  1. Office 365 テクニカル ネットワークへのアクセス権を要求します。すべての要求は速やかに承認されます。
  2. Groups YamJam グループに参加します。このグループは、グループ参照機能や検索バーから見つけることができます。
  3. 9 月 29 日 (月) 午前 9 時 (太平洋夏時間) (9 月 30 日 (火) 午前 1 時 (日本時間)) までにログインすると、質問したり、ディスカッションに参加したり、マイクロソフトのチーム メンバーと意見を交換したりできます。

Comments (0)

Skip to main content