Office Lens の更新: スキャン品質を向上、OneNote で画像の保存場所が指定可能に


(この記事は 2014 年 8 月 5 日に Office Blogs に投稿された記事 Office Lens updates: improved document clean up and OneNote location picker の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回は、日本の Office Lens チームでプログラム マネージャーを務める鵜飼佑の投稿をご紹介します。

Office Lens for Windows Phone は、ポケットに入れて持ち運べるスキャナーのようなアプリです。ホワイトボードや黒板に書かれたメモをデジタル データとしてすばやく保存できます。重要な文書や名刺をすぐに見つけることができるだけでなく、アイデアを書き留めて写真に撮り、後で見ることもできます。レシートや付箋をなくす心配もありません。

これまでに、このアプリをご利用いただいた皆様から多くのフィードバックが寄せられています。今回は、皆様からのご要望にお応えして、ドキュメントのスキャン品質を向上し、また、OneNote で画像の保存場所を指定できるように更新しました。

ドキュメントのスキャン品質が本物のスキャナー並みに

ドキュメントを高品質の画像でキャプチャできることは、非常に重要なポイントです。マイクロソフトは、お客様にご満足いただける昨日の実現を目指して、努力を重ねてきました。その結果は一目瞭然です。ドキュメント モードで画像の色合いが大きく改善されたことにお気付きいただけるでしょう。これからは、Office Lens を本物のドキュメント スキャナーのように利用できます。

OneNote で画像の保存場所を指定可能に

これまで、読み取った画像は自動的に既定のノートブックに保存されていましたが、今回の更新により、画像の保存場所を指定できるようになりました。OneNote で場所 (ノートブックおよびセクション) を指定して保存すれば、ノートブックが整理された状態を維持できます。

 まだ Windows Phone に Office Lens をインストールしていないお客様は、Windows Phone アプリのページからインストールできます。Office Lens の詳しい機能については、「Office Lens: OneNote 用のスキャナーを持ち歩く」をご覧ください。

Office Lens for Windows Phone にご満足いただければ幸いです。マイクロソフトでは、皆様からのフィードバックを参考に、今後も機能強化に努めてまいります。ご意見、ご感想がありましたら、ぜひお聞かせください。

- 鵜飼佑

Comments (0)

Skip to main content