「Office 用アプリ開発コンテスト」優秀作品発表!


先月、日経ソフトウエア主催で行われた「Office 用アプリ開発コンテスト」の優秀作品が発表されました。今回のコンテストでは、予想以上に多くのビジネス向けのアプリのご応募を頂戴し、ビジネスの現場におけるOffice 用アプリのニーズの高さを強く感じられる内容となりました。すでにOffice ストアから無料で入手し利用できるアプリもあります。

特に大賞となったツイッター分析を行うアプリや、ビジネス部門賞の見積・請求書を作成するアプリは、ビジネスの現場ですぐに役立てていただける仕上がりです。ぜひ日経ソフトウェアサイトより優秀作品をご覧ください。

 

 
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20140609/562742/


大賞:ツイッター分析アプリ (富士ソフト)

 

 

 Twitterを検索して該当するツイートを取得し、その結果を可視化できます。Excelでビッグデータ分析が可能になる実用アプリです。

 

ビジネス 部門賞 Appli-a 見積・請求書 (株式会社エクシード・ワン)

 


請求書や見積書のひな型に、プロジェクト番号/案件番号/件名/お客様名などをワンタッチで挿入できるアプリです。データは複数登録でき、クラウド上で一元管理されます。

 

 

企業におけるOffice 用アプリの活用

企業内では、多くのOffice 向けの業務アプリが開発され使われていますが、個々のPCに組み込まれたアプリは、時にメンテナンスの負荷がかかるケースもあり、変化の激しいクラウド時代に適応していくことが求められます。

Office 用アプリは、クラウド上からOffice と連携したサービスを提供することができるため、変化への対応も柔軟に行えます。更に、社内/社外のマーケットプレイスを通じてクラウドからアプリ提供することでき、全世界10億人のOffice ユーザーは、Officeの使い慣れたインターフェースを通じて最適なアプリを選択し利用することができるようになります。


 Excel からOffice ストアに接続しアプリを選択

 

日経ソフトウエアではOffice 用アプリ開発入門を特集しています。合わせてご覧ください。


関連記事:

 

Comments (0)

Skip to main content