2014 年 5 月更新版の Office 2013 クイック実行で、新たにアプリケーション選択機能が利用可能に


(この記事は 2014 年 5 月 15 日に Office Deployment Support Team Blog に投稿された記事 New Application Selection feature offered with the May 2014 update of Office 2013 Click-to-Run の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

概要

2014 年 5 月にリリースされた Office 展開ツールの更新版および Office 2013 クイック実行の更新版 (ビルド 15.0.4615.1001) を利用すると、管理者はインストール対象から除外するアプリケーションを指定して、インストール環境をカスタマイズできるようになります。

注: 2014 年 5 月以前の Office 展開ツールおよび Office 2013 クイック実行のバージョンでは、アプリケーション選択機能はサポートされません。

詳細情報

Office 展開ツール (英語) と共に提供される configuration.xml ファイルで、ExcludeApp という要素が新しくサポートされます。この要素にアプリケーション名を設定すると、そのアプリケーションはインストール対象から除外されます。以下に、configuration.xml ファイルのサンプルの一部を示します。

<Product ID=”O365ProPlusRetail”>
      <Language ID=”en-us” />
      <ExcludeApp ID=”Access” />
      <ExcludeApp ID=”Outlook” />
</Product>

全アプリケーションの名前と ID は次のとおりです。

アプリケーション名 アプリケーション ID
Access <ExcludeApp ID=”Access” />
Excel <ExcludeApp ID=”Excel” />
InfoPath <ExcludeApp ID=”InfoPath” />
Lync <ExcludeApp ID=”Lync” />
OneDrive for Business <ExcludeApp ID=”Groove” />
OneNote <ExcludeApp ID=”OneNote” />
Outlook <ExcludeApp ID=”Outlook” />
PowerPoint <ExcludeApp ID=”PowerPoint” />
Project <ExcludeApp ID=”Project” />
Publisher <ExcludeApp ID=”Publisher” />
SharePoint Designer <ExcludeApp ID=”SharePointDesigner” />
Visio <ExcludeApp ID=”Visio” />
Word <ExcludeApp ID=”Word” />

この要素を追加した configuration.xml ファイルを作成し、以下のコマンド ラインを実行します。

<パス>\setup.exe /configure <パス>\<構成ファイル名>.xml

このコマンド ラインを実行すると、ExcludeApp 要素に指定されたアプリケーションを除いて Office 2013 クイック実行のインストールが行われます。アプリケーションをインストール対象に戻したい場合は、該当するアプリケーションの ExcludeApp ID エントリを configuration.xml ファイルから削除して、上記のコマンド ラインを再実行します。

 

注: Office 2013 クイック実行のオンライン修復を行うと、システム上のすべてのアプリケーションがインストールされ、configuration.xml ファイルに加えられた設定は上書きされます。

参考情報:Exclude certain Office programs when deploying Office 365 ProPlus (英語)

Comments (0)

Skip to main content