Office 365 をご利用のすべてのお客様に Power Map の 5 月版更新プログラムを公開/Office 2013 でプレビュー版の機能拡張を提供


(この記事は 2014 年 5 月 22 日に Power BI Blogs に投稿された記事 May updates for Power Map now available to all Office 365 customers and Preview extension available for Office 2013 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

今回、すべての Office 365 サブスクリプションで Power Map が公開されました。これは、データのビジュアル化機能をより多くのお客様にご利用いただきたいというマイクロソフトの取り組みの一環として行われたものです。現段階では、今回の変更を反映するために、Office.comTechNet の両方の更新作業を行っています。

先月の Power BI に関するブログでは、Power Map プレビューの有効期限を廃止し、Office 2013 および Excel 2013 単体製品のすべてのバージョンで利用可能になったことをお伝えしました。今回は、このプレビューの更新版が公開されました。当初公開された 5 月 31 日に有効期限が切れるプレビューを有効期限のないものに更新するには、Office 2013 をご利用のお客様は、ダウンロード センターからプレビューを再ダウンロード (英語) する必要があります。Office 365 で今後提供される更新プログラムは、Office 2013 をご利用のお客様には提供されません。Office 365 をご利用のお客様は、ツアーを繰り返し再生する機能などの最新機能を含む更新プログラムを自動的に入手することができます。

プレビュー機能はサポート対象外であり、本番環境でプレビュー版を使用することは推奨しませんので、ご注意ください。サポート対象となるバージョンの Power Map は、Office 365 サブスクリプションの一部としてご利用いただけます。また、次期バージョンの Office を永続的なライセンス契約で購入される場合にも、Power Map を Excel に追加できるようになります。

Power Map の更新プログラム

Power Map にお客様が望む新機能を実装するというマイクロソフトの継続的な取り組みの一環として、今回、ツアーを繰り返し再生する機能が追加されました。来月の記事では、データ更新の機能を取り上げ、この 2 つの機能を組み合わせて利用する方法をご紹介します。

公開以来、多くのお客様から、デモやキオスク モードといったシナリオで Power Map をプレゼンテーション ツールとして利用したいというご意見をいただいています。こういったシナリオでは、常にツアーを再生している必要があります。これまでは、Power Map のツアーをビデオ形式でエクスポートし、ビデオを連続再生するように設定する必要がありました。しかし、これでは Power Map の最も強力な要素の 1 つである、ツアーを一時停止してマップを直接操作する機能を十分に活用できません。このニーズに応えるために、5 月版更新プログラムでは Power Map のツアーを再生する [Repeat] ボタンが追加されました。このボタンを使用した場合、ツアーが終了すると自動的にツアーの最初から再生が始まります。この機能により、Power Map のツアーを連続再生できるようになり、Power Map のまったく新しい使い方が広がります。

お客様が希望するシナリオを実現するために、今後も Power Map の機能の更新を予定しています。引き続き、コメント欄に皆様のご意見をお待ちしています。これからも Power Map をお楽しみください。

 

Comments (0)

Skip to main content