Office 365 で Power Map の 4 月版更新プログラムが利用可能に / Office 2013 でのプレビューの有効期限を廃止


(この記事は 2014 年 4 月 18日に Power BI ブログに投稿された記事 Power Map April update for Office 365 now available and Preview expiration removed in Office 2013 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

Power Map チームは、Microsoft Power Map for Excel の 4 月版更新プログラムをリリースすることとなりました。今回の更新では、Power Map への新機能の追加、および既存の機能の強化が実施されています。アクティブな Office 365 サブスクリプションを所有している Power Map ユーザーの皆様は、自動更新を有効にしている場合、Office 365 クイック実行によって更新プログラムが適用されます。

また、「Office 365 にはまだ移行していないが、今後も引き続き Power Map を使用して Excel 上で地理空間的なデータ分析を行いたい」というお客様のための変更も実施しました。更新プログラムの詳細についてご説明する前に、こちらについてお伝えします。

Power Map プレビューの有効期限を廃止

お客様やコミュニティからの声にお応えして、2014 年 5 月 31 日に設定していた Power Map プレビューのアドインの有効期限を廃止しました。このプレビュー版のアドインは、Office 2013 および Excel 2013 単体製品のすべてのバージョンで引き続きご利用いただけます。ただし、プレビュー機能はサポート対象外であり、本番環境でプレビュー版を使用することは推奨しませんので、ご注意ください。サポート対象となるバージョンの Power Map は、現在、Office 365 サブスクリプションの一部としてご利用いただけます。機能の更新が適用されるのは、このサポート対象のバージョンの Power Map のみとなります。また、次期バージョンの Office からは、永続的なライセンス契約の下で Office を購入される場合、Power Map を Excel に追加できるようになります。

有効期限が延長された Power Map プレビューのアドインは、5 月からダウンロード センターで提供されます。公開時期は Power BI ブログ (英語)Office.com (英語)、および TechNet でお知らせしますので、ご確認ください。この場を借りて、Power Map プレビューをご利用いただき、フィードバックをお送りいただいたお客様に感謝申し上げます。

ここからは、サブスクリプションを所有するお客様を対象に、4 月版の更新プログラムについて説明します。

Power Map のビデオで音声を追加可能に

先日、Power Map にはツアーをビデオ形式でエクスポートする機能が追加されました。しかし、この機能ではサウンドトラックを簡単にビデオに追加することができず、他のソフトウェアを使用してユーザー自身がサウンドトラックを追加するなどの作業が必要だったため、あまり便利とは言えない状況でした。Power Map チームでは、オンラインで共有されているビデオの中には、無声映画のようにサウンドトラックのないものが多数あることを把握していました。映画『アーティスト』のようにあえて無声で制作されたすばらしい作品も存在しますが、Power Map 内で直接音声を追加できるようにすることで、より強く訴えかけるようなビデオを作成可能になります。

今回の更新では、Power Map からビデオとしてエクスポートしたツアーに音声を追加する新機能がリリースされました。お使いのコンピューターで音声ファイルを選択するだけで、Power Map のビデオに追加できます。

また、Power Map のツアーにちょうど合うように音声ファイルの長さを調整する便利な機能も公開されました。たとえば、簡単に音声ファイルの長さを確認して、ビデオの長さに合うものを選ぶことができます。長さが完全に一致するサウンドトラックがない場合は、サウンドトラックのループ再生も可能です。また、サウンドトラックのフェード インやフェード アウトを適用して、開始時や終了時の印象を柔らかくすることもできます。

以上の簡単な操作で、Power Map のツアーに音声を追加できます。すべて Power Map 内のシンプルな操作で実行できるため、非常に便利です。

ジオコード化機能の強化

Power Map チームは Bing チームと協力して、ユーザーのデータ内に他の地理的なフィールドが存在しない場合に、全世界の主要都市をジオコード化する機能の正確性向上を実現しました。この機能強化は、同一行に「フランス」と国名を入力せずに「パリ」などの都市をジオコード化しようとした経験のある方には、よくおわかりいただけるかと思います。このような場合のジオコード化は、Bing チームが開発したあいまいさの排除やランク付けを行う複雑なアルゴリズムを活用することで、以前よりも桁違いに強化されています。

上記 2 つの機能以外にも、Power Map の 4 月版更新プログラムではさまざまなバグ修正やパフォーマンス強化が実施されました。Power Map チームでは、Power Map をさらに改善するために全力で取り組んでおり、皆様のご意見、ご感想をお待ちしています。機能のご要望、コメント、ご質問などがございましたら、Power Map のフォーラム (英語) にご投稿いただくか、このページ下部のコメント欄までお寄せください。また、皆様が作成したビデオのご投稿もお待ちしております (音声の有無を問いません)。ぜひコメント欄で共有していただけますと幸いです。

Tushar Dhoot
アプリケーション サービス グループ
Power Map チーム プログラム マネージャー インターン

Comments (2)

  1. 怒っているユーザー より:

    Office2013のエクセルをwin7で使っているユーザーです。バージョンがあがって、インターフェイスが変わって、使いづらくなったことはまだしも、よくアプリケーションの強制的再起動に遭遇しています。これでは仕事になりません。なにがOfficeだ。これはOfficeで使えないアプリケーション以外の何物でもありません。こんなものをリリースするのはやめてください。バージョンアップも無意味です。

  2. きょう より:

    米国本社がipadオフィスに印刷機能を搭載したと発表があった。
    日本法人は本体すら日本語版として提供せず、一体何をしておる?
    相変わらずのようだが、これだけ要望あるのだからさっさと提供せよ。
    そして「怒っているユーザー」さんがOffice 2013のバグに困っている模様。
    こちらもアチラコチラ報告があるみたい、これも米国本社に報告して対応させたほうがいいのでは?
    とにかく大金とってるんだから、きちんとした対応を臨みたい。

Skip to main content