OneNote for Android を更新: ノートブックやセクションの作成が可能になり、その他の機能も向上


(この記事は 2014 年 4 月 9 日に Office Blogs に投稿された記事 OneNote for Android update: Create notebooks, sections and more の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)

マイクロソフトには、OneNote for Android に関して、セクションやノートブックの管理を行えるようにしてほしいというご意見がお客様から寄せられていました。今回、そのご要望にお応えするべく、OneNote アプリを更新することとなりました。これにより、OneDrive 上でのノートブックの作成や、OneDrive ノートブックのセクションの作成、削除が行えるようになります。

新しいノートブックを作成する

ノートブックはメモを保存、整理、管理する際に便利です。今回の更新により、OneDrive 上で新しいノートブックを簡単に作成できるようになりました。

ノートブックの一覧で、画面右上隅のオーバーフロー メニューをタップし、[Create Notebook] (ノートブックの作成) をタップして、新しいノートブックの名前を入力します。

OneDrive ノートブックに新しいセクションを作成する

セクションを作成できなければ、ノートブックは役に立ちません。これからは、どの OneDrive ノートブックでも新しいセクションを自由に作成できるようになります。

セクションの一覧でオーバーフロー メニューを開き、[Create Section] (セクションの作成) をタップして、新たに作成するセクションの名前を入力します。

OneDrive ノートブックからセクションを削除する

不要になったセクションや、長い間ずっと開いていないセクション、今回導入された新機能で試しに作成してみたセクションなどを削除することができます。

セクションの一覧から削除したいセクションを長押しし、オーバーフロー メニューで [Delete section] (ページの削除) 、[Delete] (削除) の順にタップします。

また、クリップボードからの貼り付けサポートや、一部デバイスでのコンテンツのレンダリング処理の強化などを行って問題を修正し、OneNote がさらに使いやすくなりました。引き続き、アプリ内のフィードバック機能や Google Play のレビューを通して、皆様のご意見・ご感想をお聞かせください。ぜひ参考にさせていただきます。


Comments (0)

Skip to main content