Office 365 ユーザー向けに Access アプリの一般提供を開始


(この記事は 2/3 に投稿された記事、Access apps General Availability for Office 365 customers の翻訳です。)

今回は、Access チームのライターを務める Matt Evans の記事をご紹介します。

Access アプリのテストを終え、実稼働環境への導入をお待ちの皆様に朗報です。いよいよ一般提供が開始されます。

今回の一般提供開始により、お客様は、高度な安全性を維持しながら Access アプリを作成、共有、使用できるようになりました。また、他の Office 365 製品と同様の可用性が保証されます。Access アプリは、2013 年 2 月の Office 365 の一般提供発表 (英語) 以来、Office 365 サブスクリプションに含まれていました。しかし、これまでは Access アプリはプレビュー版として提供されていたため、サポートに Office 365 のサービス レベル アグリーメント (SLA) およびコンプライアンス基準が適用されていませんでした。

一般提供開始により、皆様には次のようなメリットがあります。

•Access アプリに Office 365 の標準的な SLA およびコンプライアンス レベルが適用されます。

•Access アプリ作成者が、SharePoint ストアでアプリを販売できるようになります。

•Access アプリがプレビュー版ではなくなるため、管理者がプレビュー機能を無効化していた Office 365 サブスクリプションも含め、すべてのユーザーの皆様にご利用いただけるようになります。

Access アプリの使用開始に関する詳細は、Office 365 のビジネス製品向けのラーニング センターの「Access アプリでのデータ管理 (英語)」を参照してください。また、SharePoint 用 Access アプリの作成に関する詳細は、「開発者向け Access」のページを参照してください。

よく寄せられる質問

Q: Office 365 のどのプランを利用している場合に、Access アプリの一般提供版を使用できるようになりますか。

A: Access アプリの一般提供は、Office 365 Small Business、Midsize、Enterprise、Education の各プランのお客様が対象となります。Office 365 Government では引き続きプレビュー版が提供されます。

Q: Access アプリは SharePoint アプリとどのように違うのですか。

A: SharePoint アプリ (正式名称は「SharePoint 用アプリ」) は自己完結型の機能で、SharePoint Web サイトの機能を拡張するものです。各ユーザーは SharePoint ストアまたは各組織のプライベートなアプリ カタログでアプリを探してダウンロードし、各自の SharePoint サイトにインストールします。一方、Access アプリは Access 内で設計された Web データベース アプリであり、SharePoint でホストされます。

– Matt Evans

Comments (0)

Skip to main content