日経 225 銘柄企業の 60% で Office 365 が利用されています

この記事に関する最新記事が公開されています。記事「引き続き日本で Office 365 の採用が急速に広がっています: 日経 225 銘柄企業 70% 利用、2 年で 5.5 倍規模の成長」をご覧ください。 今年も残すところあと僅かとなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。今週で今年の業務を終えられる企業の皆様も多いかと思います。 さて、記事「2013 年のテーマ: Office 365 に移行しているお客様が増えてきています」でもご紹介したように、この一年は Office 365 への移行が進んだ年でした。日本航空、ヤマハ発動機、大林組、パソナなどの大手企業をはじめとして、大手企業から中堅中小規模企業まであらゆる規模のお客様が Office 365 を利用し始めています。 Office 365 の利用が広がっていることを示す指標の一つとして、この記事では、「日経 225 銘柄企業のうちの利用割合」をご紹介します。日経 225 銘柄企業の利用率を調べてみると 60% の企業で Office 365 ファミリーのサービスが利用されていることがわかりました。公開事例になっていただいているところはごくわずかであり、多くの企業ですでに導入が進んでいます。この記事では、2013 年 12 月現在の日経 225 銘柄企業のうち公開事例になっていただいているお客様の事例をご紹介します。 (順番は上記の日経ホームページでの紹介順です) リコー (電気機器)  タブレット端末に、Microsoft Office 365 を導入する先進的なコミュニケーション環境の構築を推進。リコー ジャパンでは、進取の精神をもって、いち早く "次代のワークスタイル" の実現に取り組んでいます。SharePoint Online に Exchange Online、そして相手のプレゼンス (在席情報)…

1

2013 年のテーマ: Office 365 に移行しているお客様が増えてきています

(この記事は 2013 年 12 月 17 日に Office 365 for business blog に投稿された記事をベースに作成されました) 2013 年がもうすぐ終わりますが、Microsoft Office 365 のモメンタムはどんどん広がっています。この 1 年間だけでも、多くのお客様が Google Apps から Office 365 に移行しています。いくつかのお客様は大手のお客様になります。 お客様が Microsoft Office 365 を選択する理由は簡単です。Google Apps を試したお客様は、効率的に仕事をするためのプロダクティビティ ツールが Google Apps には含まれていないと一様に言います。彼らは Google Apps が低コストに見えたので Google Apps を採用しただけであり、採用の結果、そうでないことがわかったのです。Google Apps は限定的な機能のみしか提供していないので、お客様はそのギャップを埋めるための追加のサービスを導入する必要がありました。これは結局、高コストで複雑な複数のテクノロジーを導入してしまったことを意味します。Google Apps は、機能、サポート、予測可能なロードマップといった意味においてビジネスの成長を保てていません。 Office 365 を選択したお客様は必要なツールをすべて入手できており、ツールはビジネスが急成長しているにもかかわらずビジネスの成長とともに成長しています。 ヤマハ発動機 (製造業): Google Apps と…

0

Outlook.com : Gmail からの乗り換えを簡単に

(この記事は 2013 年 12 月 11 日に The Official Microsoft Japan Blog に掲載された記事のクロスポストです)   こんにちは。  日頃より弊社製品ならびにサービスをご利用いただきありがとうございます。今回ご紹介する Outlook.com の新機能は、米国の Outlook.com 開発チームとの共同プロジェクトの中で、日本の Windows サービス開発チームが中心となり設計・開発した新機能です。チームの砂川直人が、Outlook Blog でこの新機能についてポストしていますので、その抄訳をご紹介したいと思います。ぜひご利用ください! ◆◆◆    Windows サービス開発統括部の砂川です。本日より、簡単に Gmail のアカウントを Outlook.com にインポートできるツールの提供を開始します。数週間をかけて段階的にリリースしていく予定ですので、全世界のお客様が利用いただけるようになるまで少々時間がかかります。今日アクセスしてみて、まだ提供されていない方は、後日再度お試し下さい。   古いメールサービスへのフラストレーション  Outlook.com は、開始当初から、SNS との連携によってより身近で、最新のタッチデバイスでも快適に利用いただけるサービスを目指しました。シンプルなインターフェースや操作性、「一括処理」をはじめとしたメールの整理整頓に便利な機能で「速くて使える」メールサービスになっており、お客様からも非常に良い評価をいただいています。  一方で、現在自分が使っているメールサービスに不満を抱いている人もいます。Ipsos という調査会社が行った最近の調査によると、4 人に 1 人が、もっと簡単であればメールサービスを乗り換えたいと考えているというデータがあります。同調査から、メールの作業を広告に邪魔されないこと(70%)、迷惑メールフィルターがより高度であること(69%)、簡単で分かりやすいユーザーインターフェースであること(67%)、スキャンしたメールの中身を元に広告が出ないこと(58%)* 等が、ユーザーにとって特に大事なポイントであることが分かりました。Outlook.com では、サービスの改良にあたって、それらを特に意識しており、現在利用中のメールサービスを考え直したい方に、是非おすすめしたいと考えています。   簡単に乗り換え  現在のメールサービスにいくら不満があったとしても、別のメールサービスに乗り換えるのは大変な作業です。そこで、Outlook.com では、ユーザーの代わりにこの大変な作業の大部分を行う新しいツールを用意しました。Gmail アカウントを Outlook.com アカウントにつなげるだけの数ステップのみです (技術的には OAuth というプロトコルを使います)。Gmail 上にあるメールを Outlook.com の受信トレイにインポートするだけでなく、Gmail…

0

Office 2013 ボリューム ライセンス エディションでの App-V 5.0 SP2 のサポートを発表

(この記事は 2013 年 12 月 2 日に Office IT Pro Blog に投稿された記事  “Announcing App-V 5.0 SP2 Support for Office 2013 Volume Licensing Editions“ の翻訳です) この記事では、クイック実行および Office 展開の専門家である Jeremy Chapman が、Office 2013 のボリューム ライセンス バージョンで Office 展開ツールを使用して App-V 5.0 SP2 パッケージを作成する方法について説明します。 Office 2013 ボリューム ライセンス エディションでの App-V 5.0 SP2 のサポートを発表 マイクロソフトは、App-V 5.0 SP2 のリリースに伴い、クイック実行用 Office 展開ツール…

0